Diaryトップ

手作り結婚指輪.comでは、お客様自らがワックスという柔らかい素材を削って指輪の原型を製作し、ふたりだけのオリジナル結婚指輪を製作できるお店です。

blog_top02

投稿一覧

シンプルな甲丸型結婚指輪なら簡単に作れます

少し暖かくなってきたと思ったら今日は寒いですね(><)

ですが、徐々に暖かい日が多くなってきてもうすぐ桜も咲くのではないでしょうか♪

今年こそ大阪で春の風物詩である造幣局の桜の通り抜けに行きたいと思っています!

 

本日ご紹介のお客様は大阪府下よりご来店くださいました。

お客様の選んで頂いたデザインはシンプルなストレート甲丸型の結婚指輪です。

ワックスをノコで切ります

お客様によっては初心者の方では作るのが難しそうなデザインの結婚指輪がご希望の方もいらっしゃいますが、

一番多いご希望のデザインはシンプルな甲丸型の結婚指輪です。

デザインにそれほど拘りが無いが、お店で買うよりもどうせならお互いの指輪を作りあいっこなどして、自分たちで作った物を身につけたいというお客様が多いからだと思います。

買ったものよりも愛着がわきますし、シンプルなデザインでも手作りで一品物になります。

当工房では内側に彫刻は様々な書体やマークなどが彫刻出来、しかも無料です!更にお客様の手書き文字やオリジナルのマークなども彫刻しても無料でさせて頂いております。

そのため、結婚指輪のデザインはシンプルな甲丸リングですが、内側の彫刻は色んなデザインの彫刻をしてほしいという依頼も多く、この彫刻でオリジナリティーを出すお客様が多いです(^^)

今回のお客様は内側彫刻もそれほどこだわっては居なかったのですが、レディスは細身でメンズはサイズが大きかったのでレディスと同じ細さだと華奢に見えすぎて強度も弱くなることから、レディスよりも少し幅を広く作っていただきました。

ワックス断面を削る

作りあいっこなので、彼女が削っているのが彼の指輪になります。

相手の指輪を作るとなると、責任重大になりそうですがお二人ともに初心者のお客様が手作りするので少しぐらいいびつになったとしても手作りの味があるデザインになります。わざと失敗しようと思って作るわけでは無いのでいびつさも相手様の愛情とれるのではないでしょうか!

一生懸命作ってもらえるだけでお互いに嬉しいと思います。彼、彼女が自分のために一生懸命手作りしてもらった結婚指輪ならことのほか大事にすることでしょう!

手作り結婚指輪のワックス完成

手作り結婚指輪のワックス原型が完成しました!

ストレート型のシンプルな結婚指輪だと手作り作業時間は早い方で1時間程度で完成します。

サイズの関係でワックスの直径が大きな物を使った場合は少し時間がかかりますが、それでも1時間半もあれば完成します。

今回のお客様も1時間強で出来上がったと思います。

完成したワックス原型をお預かりして、プラチナ鋳造を経て完成した手作り結婚指輪がこちらです

プラチナ甲丸シンプルな手作り結婚指輪

レディスはかなり細め、メンズは少しだけ幅を広く作っています。

シンプルなデザインは飽きにくく末永く愛用できる結婚指輪になると思います。

この度は本当にありがとうございました!

末永くお幸せに(^^)

岩肌のようなピンクとブラックの結婚指輪

今回ご紹介のお客様は兵庫県から大阪工房にご来店です。

お二人が選んだ手作り結婚指輪のデザインは少し変わっていて表面が凸凹した岩肌のようなデザインです。

ワックスの表面を凸凹に削る彼

基本の形はストレート型ですので、まずチューブ状のワックスを切り取って作りたい幅の甲丸リングを作ります。

そして表面を凸凹した岩肌のようなテクスチャーを入れるのですが、ハンドモーターで表面を削って模様を彫ります。

ワックスの表面を凸凹に削る彼女

全体をまんべんなく凸凹で埋め尽くすように削っていくのですが、ハンドモーターの先に付ける治具はドリルのような物ではなく

粗く削れるようにボール型のダイヤポイントという治具を付けて削ります。

ボールの大きさは何種類かあるので作る指輪の幅に合わせて大きさを選んで彫ります。

良く削れるドリルではないのでワックスの表面にボールポイントをしばらく押し当てないと彫れていかず、どのくらいの力と時間で削っていくかのコツが最初に必要になります。

同じ大きさの凸凹を付けてしまうと面白くないのでランダムに大きな凸、小さな凹とランダムな大きさの凸凹を彫るとそれらしくなります。

手作業で模様を入れていくので本当に手作りの味が出る結婚指輪になります。

凸凹した指輪のワックス

ワックスは半透明の素材なので写真では陰影がわかりにくい物ですが、出来上がったワックスは本当に凸凹で面白い味がある結婚指輪になると思います。

手作り結婚指輪が完成

ご自分達で自由に凸凹を彫ってもらって無事に結婚指輪のワックス原型が完成しました。

指輪の素材はレディスがピンクゴールドでメンズはプラチナで鋳造しています。

メンズはプラチナなので通常は白色の指輪になりますが、表面をブラックコーティングして真っ黒の結婚指輪に仕上げました!

岩肌のピンクとブラックの結婚指輪

ただし、黒色はコーティングなので身につけて表面が擦れてしまうとブラックコートは剥がれてきてしまいます。

でも今回の結婚指輪のようにカジュアルで凸凹したデザインの場合凹んだ部分が黒色で残って飛び出た部分が擦れて剥がれ、

アンティーク調のデザインに変わってきます。

黒色が剥がれてきてもそれはそれで、古美術品の様な味のある結婚指輪に変化してきます。

お客様も納得済みのブラックコート仕上げです!

この度はご来店誠にありがとうございました

末永くお幸せに(^^)

三重県より手作り結婚指輪のお客様

今日は朝から冷たい雨が降っていましたが、お昼頃には止んで晴れ間も少し見える陽気になりました。

気温もだいぶ上がってそろそろ桜も咲く季節になりました。

本日ご紹介するお客様は遥々三重県からお越しのお客様です。

三重県からのお客様

作っていただいた結婚指輪のデザインはシンプルな甲丸リングでレディスは2.2mmぐらい、メンズは3mmぐらいの幅違いで手作りしていただきました。

昨今は同じデザインでもメンズの指輪だけ少し幅を広く作ることが多くなっています。

手の大きさ、指の長さなどに寄るのですが、メンズの場合余り幅が細いと女性物の指輪を付けているようjに見えて似合わないことが多いです。

その為、メンズの指輪は少し幅を広めに作ります。

当大阪工房で人気の幅は全体的に細めで2mm~2.5mm幅で作っていただくことが多いです。

今回のお客様はサイズはそれほど大きくはなかったのですが、幅を3mmで作っていただいたので幅広の部類に入ります。

手作り結婚指輪のワックス完成

ワックスはチューブ状の形をしていて、作りたい幅で切り取って余分なワックスを削っていくだけで作れます。

特にシンプルなストレート型の指輪の場合は削る部分も多くなく、1時間から1時間半程度で仕上がります。

作っていただいたワックス原型がこちらです。

手作り結婚指輪のワックス

ワックスの段階でも側面の仕上げ、表面の甲丸具合など要所は大阪工房の職人が仕上げをさせていただいております。

ですので表面が多少がたついていても仕上げをすればキレイな指輪の形になるのでご安心ください(^^)

プラチナ鋳造を経て完成した手作り結婚指輪がこちらです。

シンプルな甲丸リング

レディスには1粒だけダイヤモンドを埋め込んで上品な仕上がりになりました♪

この度は遠方よりご来店ありがとうございました!

末永くお幸せに(^^)

結婚指輪の模様も手作りで削ります

本日ご紹介のお客様は兵庫県からお越しで大阪工房にご来店頂きました!

カジュアルな雰囲気のお客様で指輪のデザインもカジュアルなデザインで少し変わった光方をするデザインです。

兵庫県の手作りお客様

ワックスを削るための彫金机はお二人に並んで座っていただけるように並べています。

作り方の指導はお二人揃って進行するか、どちらかを先に進めるかはお二人のサイズ、デザインによってその都度決めてすすめていきます。

指輪のサイズによって使用するワックスの直径が大きくなるのでサイズが大きいほど大きなワックスを使うようになり、削る量も多くなります。

当工房で指輪を作る場合、お互いの指輪のワックスを作り合いっこしていただくことが多いためメンズを手作りする彼女の方が少し難易度が上がります。

男性の方が物作りが得意な方が多いと思いますので彼女の制作スピードに合わせて作業を進めて行きます。

ワックス断面を削り

手作業で削るワックス

今回のお客様の結婚指輪デザインはお互いにサイズの違いがそれほど無く、基本ストレート型の指輪を作りますので制作スピードにそれほど差がありませんでした。

シンプルなストレート型のワックス原型を作り上げたのちに表面に捻り模様を削ります。

捻り部分もご自分達で削っていただくのですが、何処をどのように削るかは丁寧に教えて作業していただきます。

また、削る部分はマジックなどで下書きをしてわかりやすくしておりますので迷うことなく削ってもらえています。

指輪の捻りも手作り

要所の仕上げは当工房の職人が最後にいたしますのでご安心ください。

不要になったワックスの切れ端などで削る練習をしてから本番のワックスに模様を削ってもらったりしていますので失敗もありません。

多少、削る部分がずれたとしてもそれが手作りの味になると思います。

あくまでも手作りなので機械のようにキッチリと作れてしまうと逆に面白くないのかもしれません(^o^)

お二人にも充分練習などしていただきキレイな結婚指輪のワックス原型が完成いたしました!

結婚指輪のワックス完成

完成した手作り結婚指輪がこちらです!

表面に捻れたような凹面が入っていて面白い光方をする手作りの結婚指輪です

この度はご来店本当にありがとうございました!

表面が捻れた結婚指輪

末永くお幸せに(^^)

プラチナピンクゴールドでコンビ2連風の結婚指輪

本日ご紹介のお客様は大阪市内のお客様で手作りで結婚指輪を製作して頂きました。

ご自身でワックスを削って結婚指輪の原型にするので、あまり複雑なデザインは製作難しいのですが意外と作れるデザインもあります。

1本の指輪にプラチナとゴールドの2つの素材を組み合わせたコンビネーションの指輪も作れるデザインと作りにくいデザインとがあります。作れるかどうかは店頭で相談しながら決めていきます。

今回のお客様のご希望のデザインもコンビネーションの指輪がご希望でした。

X型にリングが交わって2連の指輪に見えるようなデザインで、レディスのみプラチナとピンクゴールドの2連風です。

メンズは同じデザインでプラチナ単素材で2連に見えるようなデザインに決定しました。

立ち上がってワックス切りだし

まずワックスの切り出し作業です。切り取るための目安線を引いています。

椅子に座らずに立ち上がって上から見ながら切ると真っ直ぐ切りやすいようです。

切り取ったワックスを指輪の形に削っていきます。

結婚指輪の原型はロストワックス鋳造法という方法で貴金属にしていくのですが、プラチナ単素材の場合はこの鋳造を1回だけ行えはプラチナの結婚指輪になりますが、コンビの場合はプラチナの部分の鋳造とゴールドの部分の鋳造と、分けて2回します。

なので、プラチナの部分の原型とゴールドの部分の原型を1つの指輪にたいして2つのパーツを作るのが基本ですが、当店では二素材合わせたデザインの原型を作っていただき、鋳造時に切り離して鋳造しております。

そのため、ワックスの製作はコンビの指輪と言うのを意識しないで手作りして頂けるので作り安くなっています。

また、コンビでもどのようなパーツを組み合わせるかによってワックス製作の難易度がかわりますが、これも意識しないで製作できます。

完成したコンビの結婚指輪ワックスの原型がこちらです。

結婚指輪のワックス原型

マジックで線を引いていますが、この線がプラチナとピンクゴールドを分ける境目です。

2つの指輪を合わせたようなデザインであれば2つの指輪原型を作ればよいのですが、今回のデザインのように指輪の一部分がプラチナと言った場合は、プラチナ部分のパーツの様な物を作らなくてはなりません。

この場合あまり細かいパーツを初心者のお客様が手作りするのは不可能ですので、2つを合わせた状態のワックス原型を作っていただいています。

手作り結婚指輪が完成した大阪のお客様

コンビネーションの場合、指輪の原型は作りやすくさせて頂いておりますが、鋳造を2回行うため、オプション料金が余分に必要になります。

指輪代金以外に加工料金は必要ですが、ご自分たちの納得いくデザインを自分たち自身で手作りした結婚指輪なので、既製品を買うよりも大幅に価値がある結婚指輪になることと思います。

完成したプラチナとピンクゴールドのコンビネーション手作り結婚指輪がこちらです!

プラチナとK18ピンクゴールドでコンビ結婚指輪

メンズの指輪はコンビにはなっていませんが、デザインはレディスと同様に2連に見えるような境目が入り、この境目で光沢とつや消しを施しています。既製品でもあまり見かけないデザインの結婚指輪が出来ました!

この度は本当にありがとうございました!

末永くお幸せに(^^)