可愛すぎないピンクゴールドマリッジリング

大阪も梅雨入りしてから雨が余りふらずこのまま梅雨明けなのかな?

と思っていたら雨の日が続く日々になりました!

この時期に雨がふらないと困る事もあるので恵の雨ですね(^^)

本日ご紹介のお客様は兵庫県よりご来店頂きました。

素材はおふたり共にピンクゴールド素材で結婚指輪を手作りします。

ピンクゴールドの色合いはデザインによっては可愛らしすぎてしまうので

男性が付ける結婚指輪の場合はその人に合うデザインにする事が先決です。

ワックスの切断作業

自分たちの指に合う幅を選択し、指輪の幅分のワックスを切り出します。

彼女が風邪気味のようで大丈夫かなと心配しておりましたが座っての作業なのでなんとかいけそうです。

歪まないようにワックス切断

今回のデザインはストレート型の指輪なので幅分のみカットです。

切るときのコツは、力を入れず大きく糸のこをストロークして切る事です。

力を入れすぎても変に歪んでしまったりします。ワックスは柔らかく、糸のこの刃はワックス用の歯になっていますので

動かすだけで切れていきます。

手作り結婚指輪ワックス完成

自分たちで手作りした指輪なので既製品を買うよりも思い入れのある指輪になることですし、

それほど凝ったデザインじゃなければ手作りの結婚指輪はお奨めです。

一品物を作る意味では既製品よりオーダーメイドに近く、価格はオーダーメイドよりも安くできます。

ハウスブランドの結婚指輪に比べると値段も安いので良いです!

おふたりが手作りした結婚指輪の完成がこちらです。

ピンクゴールドカジュアル結婚指輪

可愛すぎないピンクゴールドマリッジリング

デザインをストレートでシンプルにし、平打ち型にする事でカジュアルになります。

色合いもイエローゴールドに比べると肌馴染みが良い色合いをしています。

この度はご来店ありがとうございました!

末永くお幸せに!

ダイヤとミル打ちの結婚指輪

本日ご紹介のお客様は大阪府下よりご来店頂きました。

手作り結婚指輪のデザインを決めるにあたり、大阪工房には指輪の実物見本がありますので、見本を見ながらデザインを決めて頂くことが出来ます。

写真などがあれば見せて頂ければ作れるデザインか難しいデザインなのか判断して難しいデザインであれば作りやすいデザインに手直しして

デザインの提案を差し上げています。

今回のお客様もおおよその構想はありましたので、店頭の見本を見て頂きデザインを決定して頂きました。

ワックス制作の開始

お客様に決めて頂いたデザインは歪んだS字型の形でしたので、歪み幅分の広さのワックスを切り出します。

歪み幅の切り取り幅に応じて歪み具合が変わってきます。

緩やかなS字リングの場合は広さもそれほど広くないワックスから削っていきます。

真剣な表情で作業されています。

ワックスの幅を削る

ワックスを削って幅を合わせます

外側の余分な厚みを削って適正な厚みの指輪に仕上げます。

その後にS字型に形を削りだして歪みを作ります。

おふたりの指輪のデザインは表面に捻れたような切り返しを入れて

レディスは切り返しを境に両側にダイヤモンドを埋め込みます。

メンズはダイヤモンドを埋め込みませんので、レディスのダイヤの入った部分の変わりにミル打ちを入れて一体感を出します。

おふたりの手作り結婚指輪のワックス原型が完成しました!

指輪の原型が完成

仲良く指にはめてポーズです(^^)

そして、プラチナで完成した手作り結婚指輪がこちらです!

捻れを境にダイヤとミル打ちの結婚指輪

それぞれS字型でレディスは中央の折り返しを境目に左右に3個ずつ、

メンズはレディスのダイヤの入った部分をミル打ちと溝のつや消しで囲んで同様の形にしています。

この度は本当にありがとうございました。

末永くお幸せに!

レース模様の結婚指輪

こんにちは!

大阪工房と徳島店で手作り結婚指輪の製作サポートさせていただいております槙です。

本日ご紹介のお客様は徳島店にご来店頂きました。

作りたいデザインはおよそ考えられていて相談しながら煮詰めてまいりました。

表面全体にレースのような模様を入れます。

ワックスに目印

まずはいつものように切り取るための切取線をワックスに罫描きます。

指輪の幅は0.1mm単位で細かく作りますが手作業で0.1mmのラインは引くのは難しいのでおおよその幅で罫描きます。

指輪のサイズ合わせ完了

内側を削ってサイズ合わせが出来ました。

お互いのサイズを合わせるのですが、彼女のサイズがとても小さく5号ぐらいです。

写真で見ると彼女の指輪を削った彼の手に持ったサイズ棒にはまったワックスが上の方(小さい)ことがわかります!

さらに、外側を削って適正な厚みにし、表面をキレイな甲丸型に仕上げます。

甲丸型に仕上がったワックスの表面にハンドモーターで模様を彫れば完成です。

ふたりで作ったワックス原型を持ってポーズ

作業の開始から数時間後にワックス原型が完成しました。

とても小柄で可愛らしい彼女に似合うような結婚指輪が完成しました。

レース模様の結婚指輪

完成した指輪には半円の模様が全周に入っていてレースの模様に見えるエレガントなデザインです。

メンズにもブルーダイヤを入れて高級感が出ています。

無限大にも見えるレース模様結婚指輪

レース模様どおしを重ねると無限大のマークが繋がっているようにも見えます。

レディスとメンズとでサイズが違うので全周完全には同じ模様にはなりませんが、ダイヤの入ったトップ部分はしっかりと無限大が浮かび上がります。

この度はご来店ありがとうございました。

末永くお幸せに!

結婚指輪も洋服もペア

雨の天気になりました。四国地方は梅雨入りしたようです。

本日ご紹介のお客様は兵庫県よりお越し頂いたカップル様です。

徳島店にご来店頂きましたので遠方よりのご来店となりました。

ワックスに切取線を入れる

おふたりの洋服は仲良くペアルックでご来店頂きました。

作る指輪の形もサイズ違いの同じデザインです。

レディスのみダイヤを埋め込んだ結婚指輪を選んで頂きました。

真剣な作業の彼

楽しそうに作業する彼女

真剣に作業に取り組んでる彼と、楽しそうに作業をしている彼女は対照的ですが、お似合いのカップル様ですね!

今回のデザインはS字型にゆるやかにカーブしたデザインで、女性らしいデザインです。

ストレート型の指輪に比べて削る部分が多く細かい作業になりますので仕上げは慎重に!

手作り指輪ワックス完成

結婚指輪のワックス原型が完成いたしました!

ワックスはお預かりしてキレイに仕上げて完成です。

完成した手作り結婚指輪がこちらです♪

S字型優しいフォルムの結婚指輪

緩やかにカーブした優しいデザインの結婚指輪が完成しました。

素材はプラチナ900を選んでいただきました。

形は同じでサイズ違いなのですが、レディスのみダイヤモンドを3石埋め込んで華やかさを出しています。

メンズはレディスのダイヤ埋め込んだ形と同様に斜めに折り目を付けて一体感を出しています。

この度は遠方よりご来店ありがとうございました!

末永くお幸せに!

大阪工房の場所について

手作り結婚指輪ドットコム大阪工房の立地はJR大阪駅より徒歩10分という便利な場所にあるので近県の兵庫、京都、奈良、和歌山のお客様も多数ご来店頂いております。

大阪駅は交通の便もよく、阪神、阪急、JR、市営地下鉄など多数の路線が集中しておりますのであらゆる方面からのご来店に便利です。

住所は西天満ですが、一番北よりの大阪駅前第3ビルから梅田新道交差点を挟んで斜め向かいの場所にあります。

梅田新道交差点ストリートビュー

ストリートビューで説明すると第3ビルの一番南東の角から見るとこんな風景です。

フェニックスホールの向こう側に見える赤煉瓦のビルが手作り結婚指輪ドットコム大阪工房が入居しているビルです。

フェニックスホールはひときわ高いビルで、30階ほどあったと思います。ビルの一番上に穴があいたような面白い形をしてるので、プラザ梅新の場所が解らない場合は

「フェニックスホール」の場所を訪ねればだいたいの人は知っていると思います。

梅田近辺は放射状に道が入り組んでいて高いビルが多く回りが見渡せないので道が解りにくいと良く聞きます。

地上だと回りの景色が見えるのでまだいいですが、地下は本当に解りにくいです。地下道を通って来られるときは本当に道が解ってる人ではないと通らない方が良いですね(^^;)

梅田地下街

写真は丸ビルあたりの地下です。

で、おわかりのように東西南北に道が繋がっているのではなく、放射状に道が続いています。

なので南へ向かっているように思っても南東、南西に向かってしまって自分の居る場所が解らなく事が多いです!(泣)

この場所からの説明だと「梅田DTタワー」の左の通路を通って更に南です。

梅田DTタワー横の地下道

写真の方向ですが、写真をもって説明しても解りにくいですよね!!(^o^;)

しいて説明すれば東西線の北新地駅を目指していただいて、北新地駅からさらに東へ突き当たるまでずっと進みます。

途中少しだけエスカレーターがあるのでさらにすすみ突き当たりを右に折れると階段があるので階段を上るとプラザ梅新の近くの地上にでます。

フェニックスホール横の地下を出た場所

ここにでます。

地上に出れば横断歩道を渡ってプラザ梅新までは50m程度だと思います。

逆に地下道を把握されている場合はかなり便利です。地下は夏は冷房、冬は暖房が効いているので快適で雨がふっていても濡れませんから。

この場所まで大阪駅地下から繋がっているので本当に傘はいらないぐらいです!

梅田の地下街は日本でも有数の広さを誇っているので私も雨がふっていても傘無しであちらこちらに買い物など行けて便利ですね。

地上だと横断歩道や歩道橋が無かったりして、大回りして道の向かい側に行かないとだめな場合などもあり少し不便です。

地下だと信号待ちもありませんしね!

大阪梅田には以前も住んでおりましたが今回大阪に住むまでブランクがあったので地下街は完全に解らなくなっていました。

今回大阪に住んで3年ほどですが、やっと地下街もほとんど把握いたしました。

梅田方面に遊びに来る場合は駅周辺の百貨店、デパートあたりに行くことが多いと思うのであまり地下は通らないと思いますが探索がてら

結婚指輪を手作りしようと思ったお客様は是非「手作り結婚指輪ドットコム大阪工房」をよろしくお願いいたします!

 

また、もうひとつのアピールポイントとして「お初天神」という神社が近くにあります。

この神社は「恋人の聖地」にも指定されていて縁結びの神様でもあります。

ご結婚を控えたカップル様はさらなる絆を深められるようになるかも知れませんね♪

当店に来られたついでに「お初天神」へ参拝すればとても縁起が良いかもしれません。

お初天神の恋人の聖地

秋にはお神輿が出てお祭りもあります。

またクリスマス時期には梅田はイルミネーションも多数飾られてキレイなので是非手作りは梅田の「手作り結婚指輪ドットコム大阪工房」へどうぞ!(^^)

2017年6月3日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : maki-ring3

V字型の段付きコンビは珍しい形

本日ご紹介のお客様は兵庫県よりお越し頂きました。

1本の指輪の素材にプラチナとK18イエローゴールドなど異種金属を2つ組み合わせた指輪をコンビネーションと言います。

主に色の違う組み合わせの指輪にする事が多いです。

今回のお客様もプラチナとK18イエローゴールドの2つの素材を使って指輪を手作りしていただきました。

コンビにするための組み合わせ方は幾通りもあります。

例を挙げますと、表面はプラチナ、内側はゴールド。またはその逆。

片側半分はプラチナ、もう片側半分はゴールドと言った具合です。文字で説明するのは難しいので出来上がりを見ていただければわかると思います。

その前にお客様の作業風景を少しご紹介いたします。

ワックス切削作業

コンビネーションの場合、鋳造はプラチナの部分、ゴールドの部分を分けてそれぞれ鋳造してそのふたつを摺り合わせて溶接してくっつけます。

ワックスでの原型製作は分けて作るのではなく、1本の出来上がった状態の形を作っていただき、当店でふたつに分けて鋳造するようにしております。

初心者の方だとパーツごとの削り出しは難しいため、極力簡単に出来るようにサポートさせていただいております(^^)

メンズとレディスとでストレート型とV字型と形違いの指輪になりましたがワックスの原型が完成いたしました。

ワックス指輪を着けてポーズ

ワックスは実際のサイズよりも少しだけ小さく作るので指の奥までは入りません。

無理に入れようとすると割れてしまうことがあるので指の途中まで入れてポーズです!

指輪完成ガッツポーズ

ほとんどの方がワックスを削る作業は初めてだと思います。

ですので完成したときの達成感はひときわだと感じていただけそうです!

ワックス原型をお預かりしてパーツに分け、鋳造の後に仕上げて完成した手作り結婚指輪がこちらです♪

V字とストレートのコンビ結婚指輪

内側にはサファイアを埋め込みました。

左のストレート型の結婚指輪は珍しくは無いと思いますが、右のシャープなV字型で2段になったコンビリングはとても珍しい形だと思います。

当店で摺り合わし作業をして溶接しますが、ピッタリ合わせないと隙間が空いてしまいます。

熟練した職人だからこそキレイに仕上げることが出来る、まさに職人技です!

形の違うコンビリング

この度は本当にありがとうございました。

末永くお幸せに!

ひし形模様の結婚指輪を大阪工房で手作り

これから結婚指輪を手作りします

大阪工房より手作り結婚指輪ドットコムの槙です。

本日ご紹介のお客様が手作りしていただいた指輪のデザインは表面がひし形模様になったクールなデザインです。

まずはワックス切断して幅をキレイに整えます。

手に持っているのはブルーのワックスですが、ワックスにも色々種類があって、固さによって色分けされています。

一番固いのはグリーン、中くらいは紫、一番柔らかく削りやすいのは当工房でも削っていただいておりますブルーです。

柔らかいので初心者の方、女性の方でも力を入れなくても削れます。

私もジュエリー専門学校時代に一番最初のワックス作業はブルーでした!

切ったり削ったりは簡単に出来、柔らかいので少し歪んでも折れにくい素材です。

※あまり大きく歪めると折れます(^^;)

たまにですが、削っている途中とかで力が入りすぎてワックスを折ってしまうことがあります。

でもご安心下さい!ワックスは熱で溶かして繋げる事が容易に出来ます。

でも、なるべくなら折れないようにした方が良いですよね!!

ワックスを指に入れたふたり

ワックスが出来上がったときに指に入れて写真を撮る場合がありますが、みてのとおり指の途中で止めています。

根本まで入れてしまうと柔らかいので折れてしまうときがあるためです。

ワックス原型の完成

作ったワックス原型はストレート型の甲丸リングを作り、表面にひし形カットを入れたように削っていただきました。

手作りですので完全に同じ形のひし形を削るのは難しいですが、ある程度同じ大きさなら全然問題なくキレイに仕上がります。

プラチナ鋳造でキレイに磨いて仕上がった結婚指輪がこちらです!

ひし形模様の手作り結婚指輪

表面にひし形カットの結婚指輪

手作業で作ったようには思えないような出来映えになりました!

平らな面がいくつも連なった表面がキラキラ光ってとてもキレイです。

そんなお客様が帰った後で、削ったワックスを受ける粉ウケを除いてみると可愛い置き土産を残してくださいました(^^)

ワックスの粉で魚

ワックスの粉で蝶々

可愛らしいお土産ありがとうございました!

そしてご来店頂きありがとうございます!

末永くお幸せに!!