凹んだハート浮かぶ手作り結婚指輪

本日ご紹介のお客様は香川県から徳島店へご来店頂いたお二人です。

手作り結婚指輪でご来店頂きましたらまず、最初に作り方、価格等についてご説明差し上げております。

香川県など徳島県外のお客様の場合は、ご自宅まで距離がありますので解らない事などあってもすぐにご来店が叶わないため、念入りにご説明を差し上げ、結婚指輪のデザインを決定していきます。

今回のお客様のデザインは店頭の見本をご覧になり、指輪を合わせると何か模様のような物が浮かび上がり、他の指輪では絶対にペア感が出ないような形で、お二人が持っている指輪同士を組合わせると模様が浮かび上がるようにしたいとのご希望でした。

指輪2つを重ねると表面に模様を浮かび上がるようにするにはワックス原型を重ねた状態で表面に模様をマジックで下書きをし、その下書き通りにハンドモーターなどを使って模様を彫ります。

表面の模様は色々ありますが、人気のある模様はハート、クローバー、イニシャルなど愛や幸せの象徴するようなマークをモチーフにする事が多いです。

お二人のイニシャルを入れる場合はその文字の形をデザインし指輪の表面に入ったときにキレイに見えるような文字をデザインします。基本的に指輪はおのおのが指に着けるので重ねた時以外の1本だけの指輪を見たときでもキレイに見えるような模様が理想です。

また、あまり複雑な模様は細かくなりすぎて手作りでは入れられないし、ごちゃごちゃしてキレイに見えないような模様は避けたほうが良いでしょう。

今回お二人が選んで表面の模様に選んだのは愛の象徴であるハートのマークです

レディスとメンズとに半分ずつハートを入れて合わせるとハートが浮かび上がるように凹んだ形のハートマークを彫っていただきました。

手作り結婚指輪のワックス原型

合わせると模様が浮かび上がるようにするには指輪通しがピッタリと合わさるのが理想なのでストレート型の指輪であれば指輪のサイズは関係なくピッタリと合わせることが出来ます。

しかし、歪んだS字型の指輪の場合は指輪サイズによって歪み方が違ってくるのでピッタリと合わせるのは難しくなってきます。

同じ4mm幅のワックスから削りだしてもサイズが小さいと歪みがきつく、サイズが大きければ歪みが緩やかになるからです。

ある程度歪み方を計算して作るようになりますが、そもそも手作業でS字型に削りだしていくので、自分の削り加減で微妙にカーブが変わってきます。

この事を承知していただいて今回はS字型の指輪でハートが浮かぶように手作りしていただきました。

ハート浮き上がる手作り結婚指輪

プラチナ鋳造を経て完成した手作り結婚指輪がこちらです。

プラチナに鋳造して仕上げの段階で微調整はさせていただきますが、大きくカーブが違ってしまっている場合はピッタリと重なりませんが、サイズもよく似たサイズだったと言うこともあり、今回はキレイに重なりピッタリとハートが浮かぶ手作り結婚指輪が完成いたしました!

ハートの部分は丸い治具先のハンドモーターで削って凹んだ形にしています。かつ、ハートの内側はブラストによってツヤ消しマット仕上げにしましたので、より可愛らしくフェミニンな結婚指輪となっています。

レディスには大きめのダイヤモンドを埋めこんで女性らしさを演出しています。

このようなハートの形は指輪一本だけ見るとハートだというのが解りにくい模様になるため男性でも身に付けやすいので人気の模様になります。

香川の手作り結婚指輪お客様

この度は香川県という遠方からのご来店でしたが誠にありがとうございました!

末永くお幸せに(^^)