マルチカラーダイヤと雪の結晶

本日ご紹介のお客様は京都府よりお越しいただきました。

指輪に埋め込むためのダイヤモンドのカラーは幾種類かあり、カラーダイヤを使う場合はホワイトダイヤを除いて単色の場合が多いです。

今回のお客様はピンクとライトブルーの2色のダイヤを使った結婚指輪です。

メンズは雪の結晶の指輪

形はV字型で光沢とつや消しの部分で構成され、メンズには雪の結晶の模様を表面に彫刻しています。

拘りの指輪を手作りして頂いたお客様はこちらのお二人です。

サイズ合わせ完成

既製品の結婚指輪には無いデザインですのでフルオーダー、もしくは手作りで製作することになりました。

このデザインであれば手作りでも問題なく製作できるのでご自分たちで手作りして頂くことに決定いたしました。

切り取り線を引く

ワックスを削っての指輪原型の製作作業は初めでだと思いますが、本当に初心者の方でも出来る簡単な作業です。

手順など、コツなどを把握すればサポート無しでも出来てしまうようなものだと思います。

指輪の写真を見ると作るのが難しそうだなと思われるかもしれませんが、形としては単純な形です。

ワックス原型の完成

おふたりの手作り指輪製作作業も無事終わりワックス原型が完成いたしました。

ワックスの仕上げ、ダイヤの埋め込み、仕上げ作業などはプロの職人が承りますので原型さえ作ってしまえば後はプロのお任せください!

ピンクと水色ダイヤの指輪

ワックスの削る部分はプロがマジックなどで下書きをするので、どこを削ればよいかわからないという事はありません。

写真のようなきれいな指輪を簡単に作ることが出来る「手作り結婚指輪」は思い入れもあり、お二人だけの一生物のオリジナル結婚指輪を作れます。

この度は遠方よりのご来店本当にありがとうございました!

末永くお幸せに♥

水色ダイヤは清涼感があります

手作り結婚指輪ドットコム大阪工房の槙です。

本日ご紹介のお客様は京都府からお越し頂きました!

個人的に京都へは余り行ったことが無いのですが、人柄は上品な人が多いイメージがあります。

日本古来の文化財が沢山ある古都ならでわで「はんなり」のイメージです(^^)

そんな場所からいらっしゃったおふたりも奥ゆかしさがにじんで来るようなカップル様でした!

ワックス切断作業

まずはワックスの切断作業です。

ワックスは柔らかく切るのに力は必要ありませんが、真っ直ぐ切るのが意外と難しかったりします。

切るための目安線を入れていますが、切っていくうちに凸凹になるときがあります。

でもご安心下さい。

作りたい指輪の幅さえ確保できていれば分厚めに切れてしまってもヤスリで削って幅を合わせます。

作りたい幅が出来れば内側を削ってサイズを合わせます。

指に合わせて削る

リーマーという道具で内側をグリグリです!

お互いの指のサイズに合わせて削れたあとに記念撮影です。

おふたりともにサイズはそれほど大きくなかったので作業時間は短時間で済みました。

おふたりが作る指輪のデザインはシンプルなストレート側の指輪でしたので

このあとで余分な厚みを削り、表面をキレイに仕上げれば完成です♪

お互いの指輪のワックス原型が完成しました!

自分たちでワックスを削って作れる手作り指輪の認識は世間一般にまだまだ知られていないようで

結婚指輪を探そうとネット検索して初めて「手作り指輪」の存在を認知される様です。

おふたりもそんな感じで来店いただきましたが完成して一安心の記念撮影でした!

1ヵ月半後、プラチナで完成した結婚指輪がこちらです!

写真だと解りにくいですが、レディスにダイヤが2個入っており

一つはホワイトダイヤ、もう一つはアイスブルーダイヤという水色のダイヤモンドです。

ピンクダイヤも人気がありますが水色も2番目ぐらいに人気です。

水色だと落ち着いた感じで清涼感あるクールな指輪になりますね!

この度は遠いところご来店ありがとうございました!

末永くお幸せに!

水面に写った逆さ富士の結婚指輪

今回ご紹介しますお客様は京都府よりご来店頂きました!

製作する指輪は少し個性的なデザインです

指輪の表面に細かいデザインを彫り込むため

彫刻作業は集中して行います

ワックスは柔らかいので手に持つ際も優しく持たないと割れてしまったりするのですが

ついつい力が入って危険です!

ヤスリ掛けも力で削るのではなくて撫でるだけで削れます

デザインを表面に削るためにマジックで下書きをします

基本的にマジックで下書きが上手に出来れば

下書き通りに削れる様です

数時間後無事に手作り結婚指輪のワックス原型が完成いたしました!

お二人が手作りしたデザインは富士山のような山の模様が指輪に入ったデザインです

頂上のギザギザになった部分を削るのが少し難しいですが

なんとか仕上げもキレイに仕上がりました

それぞれに山の模様が入っていますが、ふたつの指輪を合わせると水面に映った逆さ富士のイメージになります

素材もピンクゴールドで山の雰囲気が良く出たデザインになっていると思います

遠方よりのご来店本当にありがとうございました!

末永くお幸せに♥

手作り結婚指輪を作りあいっこ

160802_150719b004

今回のお客様は京都からお越しのお客様です。

デザインはシンプルなストレートタイプの甲丸リングになりました!

お互いの指輪を作りあいっこされました。

レディスに比べてメンズの方が大きいので指輪の製作はちょっと手間がかかります。

ですが、頑張って作っていただきました(^^)

160802_150719b001

まずは作りたい指輪の幅に合わせてチューブ状ワックスに切り取るための目安線を引きます

160802_150719b002

切り取り線に沿ってワックスを切り出すと断面がガタガタになりがちです。

切り取り線よりも少し大きく切り出してガタガタになった断面をヤスリで切り取り線まで削ります。

160802_150719b003

指輪の幅をヤスリで合わせたら

今度は内側を削ってサイズを合わせていきます。

メンズのサイズは一般的に大きく、削る量も多いのですが

今回のお客様はメンズサイズも女性並みに小さかったので削る量はそれほど多くありません。

160802_150719b005

最後に外側の余分な厚みを削り

表面をきれいな甲丸型に仕上げれば完成です!

そして数週間後にプラチナ地金に仕上がった結婚指輪がこちらです♪

160802_150719b006

レディスのダイヤを入れた部分に合わせて

メンズも溝を入れてつや消し仕上げにしました。

これでフォルムはペア感が増します!

160802_150719b007

この度は遠方からのご来店本当にありがとうございました!

末永くお幸せに♡

ハワイアン彫刻の手作り結婚指輪

今回のお客様は京都府からお越しいただいたカップル様です。

指輪のデザインは全周にハワイアンの手彫り彫刻を施したデザインに決定いたしました。

このデザインの場合、手彫りの彫刻は貴金属の指輪になってから職人が彫りますのでお客様が手作りする指輪の形としてはシンプルなストレート型の甲丸リングになります。

京都からのお客様

まずはワックスからの切り出しです。

希望のリング幅を罫書きで線引きし、少し外側を糸ノコで切っていきます。

ワックスを回しながら少しずつ慎重に切っていきます(^^)

幅を丁寧に揃えます やすり掛け作業中

ワックスを切り出す時に少し幅を余裕をもって切り出すので幅が希望よりも広くなっています。

ヤスリで希望の幅になるまで削って細くしていきます。

この時も貴金属になって磨くと少し削れて細くなるので、それを考慮した幅まで削ります。

たとえば、プラチナで3mm幅完成にしたい場合は、ワックスの段階では、3.1mm~3.2mmのワックス幅にしておきます。

これを鋳造してプラチナで仕上げるとちょうど3mm幅の指輪が出来上がります!

少し余分をみて手作りしていくのがコツですね^^

手作り結婚指輪の完成

ストレート側の指輪の手作りは比較的簡単に出来上がります。

製作時間は早い人で1時間半ほどで仕上げてしまう人もいるくらいです!

こちらのカップル様も手作り結婚指輪のワックスが完成いたしました♪

手作りワックス原型

 

これから先は当店で行う作業です。

レディスはピンクゴールドで鋳造し、メンズはプラチナで仕上げてまいりました!

ハワイアン彫刻手作り結婚指輪

オプションでプロの職人がハワイアン彫刻を施して完成です!

ハイビスカスと波とマイレの葉っぱがモチーフとなった彫刻でとても縁起のよいモチーフです。

遠方からのご来店でしたが本当にありがとうございました!

末永くお幸せに!!