歪んで捻ってダイヤの豪華な結婚指輪

かなり気温も上がってきて昼間は暑いくらいの陽気になる日もありますね!

大阪でも桜がもうすぐ満開になろうとしています。

本日ご紹介のお客様も大阪府下で東方面よりご来店頂きました。

手作り指輪をヤスリで削る

手作り結婚指輪の製作はシンプル目のデザインを作って頂くことが多いのですが、今回お客様のデザインもシンプル目の印象ですが、

S字型に歪んでいて、かつ、トップ部分が捻られたようなデザインです。

レディスにはダイヤモンドを沢山埋め込んで豪華に仕上げました!

S字型の結婚指輪の場合は削る行程がストレート型よりも多くなるので少し時間がかかりますが、がんばって作って頂きました。

指輪を糸のこで切り取り

好みによって変わりますが、やはり女性はキラキラとしたダイヤが好きな人が多く、レディスにはダイヤモンドを埋め込むデザインが人気です。

ご紹介のお客様もレディスにはダイヤモンドを沢山埋め込んでキラキラしたデザインに仕上げています。

手作り結婚指輪のワックス

数時間後ワックスの原型が完成いたしました。

S字型の形にトップ部分のマジックのラインを境目に左右に捻れたように削っていただきました。

この削り加減がどのくらい削ればよいのかわかりにくく、少しづつ削っていただいて指示をさせていただいております。

大阪より手作り結婚指輪お客様

仲の良いおふたりのツーショット写真です。

ワックスの原型を削る作業は難しい訳ではありませんが、削り具合とかちょっとしたコツのような物が必要です。

少しづつ削って頃合いを見て当工房の職人がサポートしておりますので安心して作業をしていただいております。

S字型で捻ってダイヤの豪華な結婚指輪

プラチナで仕上げた手作り結婚指輪がこちらです。

この度はご来店誠にありがとうございました!

末永くお幸せに(^^)

シンプルな甲丸型結婚指輪なら簡単に作れます

少し暖かくなってきたと思ったら今日は寒いですね(><)

ですが、徐々に暖かい日が多くなってきてもうすぐ桜も咲くのではないでしょうか♪

今年こそ大阪で春の風物詩である造幣局の桜の通り抜けに行きたいと思っています!

 

本日ご紹介のお客様は大阪府下よりご来店くださいました。

お客様の選んで頂いたデザインはシンプルなストレート甲丸型の結婚指輪です。

ワックスをノコで切ります

お客様によっては初心者の方では作るのが難しそうなデザインの結婚指輪がご希望の方もいらっしゃいますが、

一番多いご希望のデザインはシンプルな甲丸型の結婚指輪です。

デザインにそれほど拘りが無いが、お店で買うよりもどうせならお互いの指輪を作りあいっこなどして、自分たちで作った物を身につけたいというお客様が多いからだと思います。

買ったものよりも愛着がわきますし、シンプルなデザインでも手作りで一品物になります。

当工房では内側に彫刻は様々な書体やマークなどが彫刻出来、しかも無料です!更にお客様の手書き文字やオリジナルのマークなども彫刻しても無料でさせて頂いております。

そのため、結婚指輪のデザインはシンプルな甲丸リングですが、内側の彫刻は色んなデザインの彫刻をしてほしいという依頼も多く、この彫刻でオリジナリティーを出すお客様が多いです(^^)

今回のお客様は内側彫刻もそれほどこだわっては居なかったのですが、レディスは細身でメンズはサイズが大きかったのでレディスと同じ細さだと華奢に見えすぎて強度も弱くなることから、レディスよりも少し幅を広く作っていただきました。

ワックス断面を削る

作りあいっこなので、彼女が削っているのが彼の指輪になります。

相手の指輪を作るとなると、責任重大になりそうですがお二人ともに初心者のお客様が手作りするので少しぐらいいびつになったとしても手作りの味があるデザインになります。わざと失敗しようと思って作るわけでは無いのでいびつさも相手様の愛情とれるのではないでしょうか!

一生懸命作ってもらえるだけでお互いに嬉しいと思います。彼、彼女が自分のために一生懸命手作りしてもらった結婚指輪ならことのほか大事にすることでしょう!

手作り結婚指輪のワックス完成

手作り結婚指輪のワックス原型が完成しました!

ストレート型のシンプルな結婚指輪だと手作り作業時間は早い方で1時間程度で完成します。

サイズの関係でワックスの直径が大きな物を使った場合は少し時間がかかりますが、それでも1時間半もあれば完成します。

今回のお客様も1時間強で出来上がったと思います。

完成したワックス原型をお預かりして、プラチナ鋳造を経て完成した手作り結婚指輪がこちらです

プラチナ甲丸シンプルな手作り結婚指輪

レディスはかなり細め、メンズは少しだけ幅を広く作っています。

シンプルなデザインは飽きにくく末永く愛用できる結婚指輪になると思います。

この度は本当にありがとうございました!

末永くお幸せに(^^)

プラチナピンクゴールドでコンビ2連風の結婚指輪

本日ご紹介のお客様は大阪市内のお客様で手作りで結婚指輪を製作して頂きました。

ご自身でワックスを削って結婚指輪の原型にするので、あまり複雑なデザインは製作難しいのですが意外と作れるデザインもあります。

1本の指輪にプラチナとゴールドの2つの素材を組み合わせたコンビネーションの指輪も作れるデザインと作りにくいデザインとがあります。作れるかどうかは店頭で相談しながら決めていきます。

今回のお客様のご希望のデザインもコンビネーションの指輪がご希望でした。

X型にリングが交わって2連の指輪に見えるようなデザインで、レディスのみプラチナとピンクゴールドの2連風です。

メンズは同じデザインでプラチナ単素材で2連に見えるようなデザインに決定しました。

立ち上がってワックス切りだし

まずワックスの切り出し作業です。切り取るための目安線を引いています。

椅子に座らずに立ち上がって上から見ながら切ると真っ直ぐ切りやすいようです。

切り取ったワックスを指輪の形に削っていきます。

結婚指輪の原型はロストワックス鋳造法という方法で貴金属にしていくのですが、プラチナ単素材の場合はこの鋳造を1回だけ行えはプラチナの結婚指輪になりますが、コンビの場合はプラチナの部分の鋳造とゴールドの部分の鋳造と、分けて2回します。

なので、プラチナの部分の原型とゴールドの部分の原型を1つの指輪にたいして2つのパーツを作るのが基本ですが、当店では二素材合わせたデザインの原型を作っていただき、鋳造時に切り離して鋳造しております。

そのため、ワックスの製作はコンビの指輪と言うのを意識しないで手作りして頂けるので作り安くなっています。

また、コンビでもどのようなパーツを組み合わせるかによってワックス製作の難易度がかわりますが、これも意識しないで製作できます。

完成したコンビの結婚指輪ワックスの原型がこちらです。

結婚指輪のワックス原型

マジックで線を引いていますが、この線がプラチナとピンクゴールドを分ける境目です。

2つの指輪を合わせたようなデザインであれば2つの指輪原型を作ればよいのですが、今回のデザインのように指輪の一部分がプラチナと言った場合は、プラチナ部分のパーツの様な物を作らなくてはなりません。

この場合あまり細かいパーツを初心者のお客様が手作りするのは不可能ですので、2つを合わせた状態のワックス原型を作っていただいています。

手作り結婚指輪が完成した大阪のお客様

コンビネーションの場合、指輪の原型は作りやすくさせて頂いておりますが、鋳造を2回行うため、オプション料金が余分に必要になります。

指輪代金以外に加工料金は必要ですが、ご自分たちの納得いくデザインを自分たち自身で手作りした結婚指輪なので、既製品を買うよりも大幅に価値がある結婚指輪になることと思います。

完成したプラチナとピンクゴールドのコンビネーション手作り結婚指輪がこちらです!

プラチナとK18ピンクゴールドでコンビ結婚指輪

メンズの指輪はコンビにはなっていませんが、デザインはレディスと同様に2連に見えるような境目が入り、この境目で光沢とつや消しを施しています。既製品でもあまり見かけないデザインの結婚指輪が出来ました!

この度は本当にありがとうございました!

末永くお幸せに(^^)

大阪府の美容師さんの結婚指輪

少し暖かくなったと思いましたが、やっぱり寒いです!

今回ご来店のお客様は大阪府の南方面からご来店頂きました。

美容師さんの手作り作業

ご来店頂いた瞬間からオシャレな雰囲気のお客様で、

お話を聞くとお二人共に大阪で美容師さんをされているお客様でした!

男性の方でロングの髪型はなかなか似合う方はいらっしゃらないと思いますが、流石良くお似合いだと思います。

仕事柄、手作業は得意のようで器用に指輪作り作業をして頂きました。

結婚指輪のサイズ合わせ

髪型はただ伸ばしているだけでなく、キレイにカールしてる雰囲気がとてもオシャレで憧れます(^^)

作業は指輪の穴を広げてサイズを合わせているところです。

指輪のデザインは全周に八等分に捻りが入ったキラキラした結婚指輪のデザインを製作です。

結婚指輪の原型が完成

やはりお客様の見本になるような存在が理想で、かつ、ご自分でも髪型とかに気を使っている雰囲気でオシャレな結婚指輪の完成です。

八等分に捻りの結婚指輪

螺旋状に捻れが短いスパンで入っているので回る度に面白い輝き方をする結婚指輪です。

ストレート型がベースになったデザインなので製作作業はそれほど難しくはありません。

ほぼ均等に捻れが削れて仕上げもキレイです。

そして、美容師さんらしく内側にはハサミマークの彫刻を施しています。

当工房では結婚指輪の内側に入れる彫刻は沢山の書体、マークが彫刻でき、手描きの文字やオリジナルのマークなども彫刻が可能で全て無料で行っております。

この度は本当にありがとうございました!

末永くお幸せに(^^)

ミラーボールのように輝く結婚指輪

今回ご紹介のお客様は大阪府下よりお越しいただいた手作り結婚指輪のお客様です。

お昼過ぎにご来店されて、最初に手作りするための説明などをさせていただきました。

指輪のデザインは店頭のデザインを沢山ご覧になったうえで、槌目加工のデザインに決まりました。

ワックス切断面の仕上げ

製作する指輪のメンズの幅は少し広めの3mm程度の幅に決まりました。

それぞれワックスから糸ノコで切断して断面をヤスリで整えます。

ヤスリの幅よりも断面が少し広いので一回のヤスリ掛けで断面全体を力を入れずに削るのが綺麗に仕上げるコツです。

内側を削ってサイズ合わせ

次にリーマーという道具でワックスの穴を広げてサイズを合わせていきます。

こちらも最初は少しコツがいる作業ですが、少し扱えば慣れて綺麗に穴を広げられると思います。

指輪のデザインはストレートのシンプルな形なので製作時間もそれほどかからずに指輪のワックス原型が出来上がりました。

結婚指輪のワックス原型

レディスは幅が2.5mm、メンズが3mmのシンプルな甲丸リング型の原型です。

ワックスは元々の形が竹輪の様なチューブ状の形なので切取って余分なボリュームを落として仕上げれば完成します。

手作り結婚指輪の完成

手作りして頂いた指輪の原型をプラチナ鋳造で甲丸リングに仕上げたのちに、

表面を手作業で金槌で叩いて槌目模様をつけていきます。

更にバフがけでピカピカに仕上がった指輪がこちらです!

槌目加工の手作り結婚指輪

レディスにはホワイトダイヤモンドを1個埋め込んで更にキラキラ感を加えました

この度はありがとうございました!

末永くお幸せに(^^)

螺旋状に捻れた結婚指輪

本日ご紹介するお客様は大阪府下のお客様です。

手作り指輪作業中

指輪を作るためにワックスを削りますが、ワックスを削るための専用の彫金机で作業をしていただきます。

お客様の目の前の机にはスリ板と言われる木の板が添え付けられていて削る作業はそのスリ板の上で行います。

引き出しが少し空いているのが見えますが、この引き出しは削った粉を受けるための粉ウケになっています。

写真の作業はリーマーで指輪の穴を広げてサイズを合わせているところです。

粉ウケの引き出しの上で削っていただきますが、ワックス粉が粉ウケの中に入らなくても全然大丈夫なので存分に作業をして下さい。

 

今回のお客様の結婚指輪のデザインはストレート型で表面が螺旋状に捻れたような形です。

螺旋状の手作り結婚指輪

捻れ具合もお客様のご希望で決めていきます。

このデザインの場合は全周に5箇所の捻れが入る比率で凹みを削っていますが、

6箇所、8箇所と全周の捻れの数が増えると捻れと捻れの凹みの間隔が狭まってきますので

ご希望に応じて捻れ具合を決めていきます。

捻れ部分が凹んでいることによって光の反射が凸面の物よりも違う反射で面白い効果があります。

シンプル目のデザインになりますが、少し工夫することで一般のものより変わったデザインを作ることが出来るので色々なデザインの指輪を作ることが出来ます。

大阪府手作り結婚指輪お客様

この度はご来店本当にありがとうございました!

末永くお幸せに(^^)

楽しく結婚指輪を手作り

とても優しそうなお二人がご来店くださいました。

作業中も笑顔が絶えず、仲の良い雰囲気が伝わってきます。

今回ご紹介のお二人は大阪府下のお客様です。

彼の作業を見つめる彼女

彼が指輪のサイズを合わせているところを彼女が優しそうな眼差しで見つめています。

指輪を作るためのワックスはチューブ状になっていて穴が空いています。

その穴を削って指のサイズに合わせるのですが、指のサイズを合わせるのにリーマーという道具を使います。

リングリーマー

このリーマーをワックスの穴に差し込んでグリグリ回すと穴が広がって指輪のサイズを合わせます。

リーマーにはサイズのメモリが付いているので何号まで広がったかが一目でわかるようになっているので

初めての方でも簡単にサイズを広げることが出来ます。

指輪の手作りはお互いに指輪を作り合いっこする事が多く、一般にメンズの方がサイズが大きく女性のほうが少し手間がかかるようです(^^)

ワックスの削り粉で可愛いハート

作業の途中で削った粉を受けるための引き出しの中をふと見てみると

彼女のアートな作品が目に飛び込んできました(^o^)

ブルーのワックスの削り粉で可愛らしいハートで笑顔を描かれていました!

気持ちの優しい彼女だからこそこんな模様を描くのでしょう。

結婚指輪の原型が完成

お二人が選んで作っていただいた手作り結婚指輪は緩やかにS字型に歪んだ、レディスにはダイヤを入れたデザインです。

数時間後に仲良くワックスの原型が完成いたしました!

当店でワックスをお預かりして1ヵ月半後プラチナで仕上がった手作り結婚指輪がこちらです。

プラチナダイヤ手作り結婚指輪

この度はご来店ありがとうございました!

末永くお幸せに(^^)

水色ダイヤで爽やかに

早いもので新年になって1月も半ば過ぎました。

この冬も暖冬と言われてますが、本格的に寒くなってきたように思います。

大阪市内でも最低気温が0℃を下回る日もありますね(>_<)

 

今回ご紹介するお客様が手作りしていただいた結婚指輪のデザインは

少しだけ緩やかにV字型に歪んだデザインです。

歪んだ形の指輪を作るには歪み幅分の広さのワックスを切り出し、余分な部分を削ってV字型に削りだして作ります。

結婚指輪を形で大きく分けると、ストレート、V字型、S字型がベースになっていることが多いです。

それ以外の形を作ることが出来ますが、ワックス自体を歪めることが出来ないので全て削りだして作ります。

ワックスを削って作れる形であればどのような形でも鋳造で貴金属に仕上げることが出来ます。

固定してワックス切断

ワックス作業は彫金専用の作業机の上で行います。

V字型の歪み幅分の広さで切り取りますので少し広めに切ります。

切り始めから切り終わりまでの上から下まで同じ体制で一気に切るのは難しく、少し切り込んだらちょっとだけ回して切り込んでいき、

全周をくるくる回しながら全体をワックスの中心に向かって切ります。

切る作業でワックスを固定する場所は、自分のやりやすい場所、体制で行っていただきます。

平らな机の上でもよいですし、今回のお客様の場合は、スリ板と言われる板を固定する金具を使ってワックスを固定していただきました。

ワックスの固定は自由に

お二人とも金具を使って固定していますが、金具の前と後ろで固定する場所が違うようです。

立ち上がって切る方もいらっしゃるので自由です(^^)

 

切り取ったワックスはヤスリを使って形を削りだしていくのですが、

内側を削ってサイズを広げる道具はリーマーという道具を使います。

リーマーとは穴などを広げる道具で、使うのが初めての方がほとんどです。

リーマーでサイズ合わせ

お客様が手に持っている棒のような物がリーマーです。

ワックスの中心の穴に差し込んでグルグル回すと内側が削れて穴が大きくなり、指のサイズに合わせることが出来ます。

色々な道具や工具を使って数時間後に結婚指輪のワックス原型が完成いたしました!

結婚指輪のワックス完成

そして完成した手作り結婚指輪がこちらです

V字型アイスブルーダイヤ結婚指輪

トップ部分が緩やかに歪んでV字型になっています。

極端な歪みにするとファッションリングの様になってしまいがちなので緩やかな歪みの方が高級感があります。

メンズはトップに1個だけダイヤが埋め込まれていますが、薄い水色のダイヤモンドを埋め込みました。

レディスは5つのダイヤの内、真ん中のみ水色ダイヤを埋め込んで華やかに仕上げています。

水色のダイヤを使ったことでとても爽やかな印象の結婚指輪になりました!

この度は本当にありがとうございました!

末永くお幸せに(^^)

ハート部分も手作りです

少し遅れてしまいましたが、

明けましておめでとうございます!

今年も大阪、徳島の手作り結婚指輪ドットコムをよろしくお願い申し上げます(^o^)/

 

今回ご紹介するお客様は大阪市内からご来店くださいました。

店頭には沢山のサンプルリングがございますが、様々なサンプルをご覧になりデザインを決定していきます。

お二人が選んだ指輪のデザインは2つを合わせるとハートが浮かび上がるキュートなデザインです。

立って罫描きます

最初のワックスを切り取る作業までは立って作業をされていました。

作業を真上から見た方がやりやすいとの事でした。

なれれば座って作業した方が楽なのですが、初心者の方が初めてする作業なので緊張もありますし、念入りに確認されたいご様子でした。

手順はいつも通りなのですが、お二人にとっては初めてです!

立ちって切り取り

ワックスを切り取る作業も真上から見て正確に真っ直ぐ切っていきます。

こちらも仲良くふたりとも立ち上がっての切り出しです。

基本のストレートの指輪なのですが、形が出来てから一番最後にハートを削る作業をします。

一番大事な所なのでかなり緊張したご様子です。

はいきなり本番のワックスにハートを削るのではなく、

不要なワックスの切れ端などにハートを削る作業のみ練習として削ってから本番のワックスにハートを削ってもらっています。

ハンドモーターでハートを削るのですが、ちょっとしたコツのような物が必要なので

削るのになれていただくために削る作業を練習してからハートを彫ります。

ワックスは柔らかいので力がいるわけではないですが、練習するのとしないのとではだいぶ違ってきます。

とはいうものの、やはり初めての作業なのでプロが削ったようなキレイなハート型にならないことが多いです。

でもご安心ください!

当店の熟練した職人が仕上げをキレイにして差し上げてますので完成はプロ並みの仕上がりになります。

キレイに仕上げをして結婚指輪のワックス原型が完成いたしました!

手作り結婚指輪完成です

最後に記念撮影です。

お客様の写真や動画は当店のサービスとしてDVDに編集して完成した結婚指輪と一緒にプレゼントもしております。

結婚式で流したり、記念にもなるのでとても喜ばれるサービスだと思っております。

完成した結婚指輪がこちらです。

合わせるとハートの結婚指輪

レディスにはダイヤモンドを留めて豪華に仕上げました。

仕上げ具合もとても喜んでいただきありがとうございました!

末永くお幸せに(^^)

ハートは女性永遠のモチーフ

今回のご来店は大阪府下のお客様です。

おふたりともに優しそうな雰囲気で仲睦まじいカップル様です!

ワックスに下書き

ワックスの表面にはご自分で模様を彫ったりすることができます

あまり細かい複雑なデザインは難しいですが、単純な形・ラインであれば大丈夫です。

手作業で彫りますがワックスにはマジックで下書きが出来るのでその下書き通りに彫ります

マジックで書くのを失敗しても表面をこすれば消えるので下書きの書き直しも出来るので

何度でも納得いくまで下書きを行いましょう!

ハート模様のネイルが可愛い

こちらは罫書きコンパスという道具でワックスに目安線を引いているところですが

引く作業より目をひいたのは彼女様の可愛らしいネイルでした(^^)

幾何学模様のようですが、可愛らしいハートマークがとても目をひきます

女性には可愛いハートが良く似合いますね!

ワックス原型の完成

数時間後、無事に指輪のワックス原型が出来上がりました。

今回お客様が手作りした指輪のデザインは二つを合わせるとハートが浮かぶデザインです。

ネイルにもハートが入っていますが、指輪もハートでお揃いです

合わせるとハートが浮かぶ結婚指輪

このデザインは片方だけだとハートに見えないので男性でも違和感なくつけていただけるデザインです。

レディスには更にダイヤを3個埋め込みましたが、真ん中は可愛らしいピンクダイヤモンドを留めています

お二人にピッタリの結婚指輪が完成しました!

末永くお幸せに(^^)