海外出身でも手作り結婚指輪が人気

本日ご紹介のお客様は大阪工房へのご来店でしたが、

彼女は大阪出身で、一緒に訪れた彼が海外出身の外国人のお客様でした。

彼の見かけは完全にアメリカ人でしたが、大阪に長くいらっしゃるようでかなり流ちょうに日本語を喋っていらっしゃいました。

しかも、大阪弁でお話をするのですごいと思いました!

アメリカ人でも手作り結婚指輪

たとえば、「めっちゃ、やるやん」とか普通に使っておられたのでビックリです。

自分たちの手作りで結婚指輪を作れるお店は海外には無いと思いますが、外国出身のお客様でも手作りに来ていただけたのは嬉しいかぎりです!

言葉だけ聞けば完全に日本人なので日本の文化にも相当なれていらっしゃるようで結婚指輪のデザインや購入の仕方も日本人になっている感じなのだと思います。

 

そんなお二人が手作りで選んでいただいた結婚指輪のデザインは斜めから見ると指輪の形自体がハートのシルエットになった可愛らしい結婚指輪でした。

基本的な形はV字型のような形なので、その指輪幅分のワックスを切り出します。

アメリカ人でもワックス切断

日本人の方に比べて、作業風景がとてもきまっているような気がして格好いいです!

細かい作業も難なくこなされてだんだん指輪の形が出来上がってきました。

作業中も色々お話しされてとても明るいお客様でした。

ハートシルエット結婚指輪

レディスが少し幅が細めで素材をピンクゴールドで鋳造仕上げをしました。

アクセントにダイヤを4個、アンシンメトリーな配置で埋めこんでいます。

メンズは少しボリュームを持たせて幅が少し広めのプラチナ指輪です。

こちらはシンプルに光沢仕上げをしてメンズらしいカジュアルになるような仕上がりです。

大阪とアメリカの手作りお客様

無事に結婚指輪のワックス原型が完成したときのお写真ですが、2人ともすごく楽しく作業されたのが良く解る笑顔満載のお写真になりました。

日本人も外国も分け隔て無く色々な文化の交流が出来てこちらも色々勉強になって良かったです。

この度は本当にありがとうございました!

末永くお幸せに(^^)

 

記念の指輪を手作りで

お盆に入り徳島では今日から阿波踊りが始まります。

阿波踊りの日程は曜日に関係なく毎年8月12日~15日の期間に決まっており今年も例年通り行われます。

少し心配なのが台風10号が接近しておりほぼ日本直撃の進路になっていますが最終日の15日に一番近づきそうです!

最終日が一番盛り上がるのでなんとかそれて欲しいものです。

 

本日ご紹介のお客様は大阪府下より、記念日に合わせてサプライズで手作り指輪の製作にお越しいただきました。

男性1人でご来店でサプライズでダイヤの入った婚約指輪の製作に来られるお客様は多いですが、彼女の為に記念の指輪の手作りで男性1人のお客様もいらっしゃいます。

今回のお客様も婚約指輪というくくりの指輪ではありませんが、シンプルな指輪で記念になるように手作りされました。

手作り指輪を1人で来店製作

お一人で来店の場合、店頭で指のサイズを測ることが出来ませんので彼女様のサイズははっきりと解るようにして頂いております。

サイズが解らないと指輪の製作が出来ないため、また価格は指輪の重さで決まるので大きすぎると価格が無駄に高くなってしまいます。

 

彼が記念に手作りする指輪のデザインはシンプルなストレート型で中央にダイヤモンドを埋めこんだデザインです。

ダイヤのカラーを少し拘って、一般のホワイトダイヤではなく、薄い水色のシーブルーダイヤモンドを埋めこみました。

作る指のサイズも一般的な大きさでシンプルなデザインのため完成までの所要時間は約1時間程度で指輪のワックス原型が完成しました。

記念日に合わせて製作に来て頂いたため、納品日も何日までにというご指示があり間に合うように製作させて頂きました。

水色ダイヤのサプライズ手作り指輪

内側には記念日とお二人の名前を刻んで指輪が完成いたしました。

この度は手作り指輪の製作にご来店誠にありがとうございました!

末永くお幸せに(^^)

大阪から徳島へ手作り結婚指輪の製作に

大阪も徳島も35度を超える猛暑が続いており、熱中症には気をつけない毎日が続いております。

 

明石海峡大橋が開通して徳島から大阪・神戸への行き来も大変便利になりました。

橋が無かったころは船でも往来が主で時間もかなりかかっていたので時短にもなりました。

車で大阪まで高速道路が繋がっているため大阪までの所要時間は約2時間ほどで到着します。

徳島はサーフィンが盛んで、大阪を初め関西方面からサーフィンをしに徳島まで来県される方も多く、観光に来られる方も多くなりました。

手作り結婚指輪ドットコムの工房は大阪と徳島の両方にありますが、今回ご紹介のお客様も大阪府下にお住まいのカップル様でしたが、観光がてら徳島店にご来店頂いたお客様です。

結婚指輪のデザインにそれほど拘った部分は無く、シンプルなストレート型の結婚指輪を手作りして頂きました。

主な形はストレート型ですが、好みに合わせて甲丸型と平打ち型で手作りしています。

甲丸と平打ちの手作り結婚指輪

男性と女性とでそもそも好みは違うのが一般的で、男性は格好いいデザインが好み、女性は可愛らしいデザインが好みの方が多いです。

指輪の表面の形状を変えるだけで格好良くカジュアルになるか、可愛らしく見えるか良く解る例のような指輪です。

写真を見ておわかりのように表面を丸くすると幅も細く見えて可愛らしい印象を与えます。

逆に、平らにするとクールでカジュアルなイメージになります。

お客様によっては形自体を全く違ったデザインにした結婚指輪を手作りして頂くこともありますが、表面の処理だけを変えて指輪の印象を変えています。

一見見ると同じストレート型の結婚指輪ですが、よく見ると表面の処理が違って、与える印象も変わりました。

メンズは平打ち型ですが、少し角を落とす面取りを多めにしてピンピンに角が立たないように付けやすくしています。

完成までの所要時間は約1時間強ですので、徳島までの所要時間のほうが長かったようですが、作業中は終始楽しく作業して頂けて良かったです。

観光がてら徳島まで来られたので作業のあとであちらこちら行かれた事と思います。

 

今回のように観光がてら遠方よりご来店の方が昨今は増えており、一番遠方では東京都から来て頂いた事もありました。

皆様、遠方より沢山のご来店ありがとうございます!

大阪から徳島へ手作りお客様

大阪より大切なお時間を割いてこの度はご来店誠にありがとうございました!

今回のお二人にお似合いの素晴らしい結婚指輪が完成いたしました!

末永くお幸せに(^^)

 

 

ミル打ちは可愛い結婚指輪

本日ご紹介のお客様は大阪市内よりご来店頂きました。

手作り結婚指輪の製作にご来店頂くには、来店予約を頂いてからお越し頂いております。

最初に結婚指輪の製作方法、行程、作れるデザイン、価格など様々説明して頂いてからどのような結婚指輪を製作するかを決めていきます。

お客様によってデザインの決定方法は違いますが、事前にある程度デザインを決めてご来店頂くか、店頭で見本を見ながら決めて頂くかになります。

事前にデザインを決めていなくても店頭には沢山の結婚指輪の見本リングがありますので、実物を見ながら決めていくことが出来ます。

希望のデザインをインターネットで調べてご来店頂くとデザイン決定の時間は早く決まりますが、実物を指につけてみると似合わなかったり思っていたイメージとは違ったりする事がありますので、デザインを決めていても実物を実際に自分の指に付けてみて確認するというのは大事な作業です。

 

今回のお客様は店頭の見本をご覧になりながら結婚指輪のデザインを決定していきました。

デザインを決定するに当たり男性物の指輪の場合気を付けないといけない所は指輪の幅です。

一般に男性物の指輪はサイズが大きいですが、指輪の幅が細くてサイズが大きいとすごく華奢に見えて似合わないことがあります。

その場合は指輪幅を少し太くして自分の指に似合った幅にすることが先決です。指輪幅の選定は実際の指輪を着けてみないと解らない部分なので実物を見ると見ないとでは大きく違ってきますので気をつけた方が良いでしょう。

当工房ではある程度の指輪幅によるサイズ違いの見本リングを取りそろえていますので実際の指輪幅の見本を身につけて比べることが出来るようにしております。

指輪ワックスの切りだし作業

指輪の幅、形をしっかりと決定して設計図のようなデザイン画をお描きして、そのデザイン画を元に結婚指輪を製作していきます。

まず、決定した結婚指輪をワックスから切り出します。切り出すときは作る指輪の幅で切り出していきます。

例えば3mm幅の指輪を切り出すときはどこが3mmの幅なのかをワックスに罫描き線を入れて、その線を目安に切っていきますが、切るときは3mmより少し広めに切り出して、切り取った後にヤスリで3mmになるように幅を削って調整します。

3mmギリギリに切ろうとすると切りだしが歪んでしまって3mm足りなくなるのを防ぐために少し広めに切ります。

また、切るのを罫描き線ピッタリに真っ直ぐ切るのが難しく、ほとんどの方が少し歪んで切れてしまうので少し広めに切るのは大事な作業のやり方になります。

この後の作業工程は内側を削ってサイズを合わせ、表面の余分な厚みを削って適正な指輪厚みにし全体のボリュームを実物の結婚指輪の大きさにしていきます。

ストレート型の指輪の場合は主に全体のボリュームを落とすという作業だけで簡単に結婚指輪の原型を作ることが出来、作業時間はサイズにも寄りますが約1時間~1時間半ほどで完成します。

手作り結婚指輪のワックス原型

今回のお客様の結婚指輪のデザインはストレート型で表面の形は平打ち側の原型を作って頂きました。

この原型をお預かりしてプラチナ鋳造によって表面をピカピカに磨いて仕上げていきます。

ピカピカに磨いた後、デザインのご希望で全周にミル打ちを施して完成です。

全周ミル打ちの平打ち結婚指輪

レディスは細身でメンズは前述したように彼の指に合わせて指輪幅を広くして製作です。

ミル打ちは小さい丸い粒がエッジに沢山ついていて可愛らしいイメージになりますが、メンズは幅広で平打ち型にしたことによりカジュアルさが出ますので可愛らしくなりすぎないので彼にあう指輪になったと思います。

このミル打ちはワックスの段階では出来ない模様なので貴金属に仕上げる段階で当店で行う加工になります。

貴金属に仕上げてからではないと出来ない加工はオプションとして加工料金がかかりますが、デザインの希望により当店で承っております。

他に結婚指輪のオプション加工は、ダイヤを入れる、表面に模様を彫刻する、カラーメッキ、ツヤ消し加工と様々な加工が出来ますが、いずれも貴金属に仕上げる段階でないと出来ない加工なのでオプションになります。

加工料金はかかりますが、お客様で製作したワックス原型と、金属に仕上げる段階のオプション加工を組み合わせると自分たちの手作りで製作したとは思えないような結婚指輪が出来上がります。

手作り結婚指輪をご検討のお客様はぜひデザインの参考にして下さい。

大阪市の手作りお客様

当工房はJR大阪駅から徒歩で10分程度の場所にあり、梅田は各方面からの電車の路線が多数通っていますのでご来店には大変便利な立地にあります。

大阪市内のお近くからのご来店でしたがこの度は本当にありがとうございました!

末永くお幸せに(^^)

ふんわりしたハートの手作り結婚指輪

ここ大阪は梅雨も明けて晴れ間が続いていますが、突然猛暑になりました!

台風6号がわきをかすめましたがそれほど影響はなく、通り過ぎた後はギラギラした太陽が毎日街を焦がしています。

気温もものすごく上昇していますので、みなさま熱中症には気をつけてください。

 

本日ご紹介のお客様は大阪府南部よりご来店頂いたお客様です。

内側を削ってサイズ合わせ

おふたりが手作りした結婚指輪のデザインはV字型のような形ですが、普通のV字型ではありません。

指輪を外した状態で斜めから見るとハート型に見える形ですが、指輪の上下がV字型に歪んでいる面白い形です。

ハートの形も少しこだわって緩やかな歪みで、よく見るとハートに見えるというようなふんわりした歪み方が特徴の形です。

ふんわりハートの手作り結婚指輪

なんとなくS字型の指輪の形にも似ていますが、ゆがみ方に大きな特徴があり、どのように削るかもこちらで教えながら削って頂いています。

上下のV字を少し鋭角にしてハートに見える形を作り出すように削ります。

シンプルなデザインで、指に着けると緩やかなV字型に見える結婚指輪ですが、外して斜めから見るとふんわりと緩やかに歪んでハート型に見えるさりげない形が特徴です。

ストレート型の結婚指輪の製作に比べて少し時間はかかりましたが、2時間弱で結婚指輪のワックス原型が完成しました。

大阪府南部の手作りお客様

この度はご来店まことにありがとうございました!

末永くお幸せに(^^)

グニャリと波型に歪んだ結婚指輪

本日ご紹介のお客様は大阪府下よりご来店頂きました。

手作り結婚指輪の形は、ご自分たちで作れる形であればどのような形でもプラチナや、ゴールドに仕上げることが出来ます。

色んな形が作れますが、大きく分けてストレート、S字型、V字型の3つの形に別れます。

それ以外の形も自由に作っていただくことが出来ますが、思った以上に作るのが難しい形もあるのでご相談の上製作して頂いております。

切り取るための目安線を引きます

今回のお客様が手作りした結婚指輪は、S字型にグニャリと歪んでトップ部分に折り返しラインがあり、

そのラインを境に光沢と、艶消しに分かれていて波のようなイメージに見えます。

波のように歪んだ結婚指輪

一見すると複雑な形のように見えますが、基本形はS字型の指輪です。

境目を作るため削る作業もマジック等で下書きをして削って頂くので初心者の方でも簡単に作れると思います。

また、境目の指輪の太さを細くすることで、メビウスの輪のようにねじれたようにも見えるので余計に複雑な形に見え、初心者の方が手作りしたとは思えないような出来栄えです。

波の境目でつや消しと光沢の結婚指輪

レディスの指輪のみ、光沢部分に1個ダイヤモンドが埋め込まれていますが、ホワイトではなく、ゴールデンイエローダイヤと言う金色のダイヤモンドを埋め込んでいます。

ホワイトダイヤよりもトーンが低く落ち着いた色合いなので逆に高級感が出るようなエレガントさが加わります。

当店で取り扱いのダイヤモンドのカラーは数種類ありますが、中でもゴールデンイエローダイヤモンドは一番シックで上品な輝きを放つダイヤモンドです。

完成時には大変喜んでいただけたようでありがとうございました。

大阪の手作りお客様

重ねてこの度は本当にありがとうございました!

末永くお幸せに(^^)

 

結婚指輪の捻れカットも自作

手作り結婚指輪の原型作りは、初心者の方でも形、表面の捻れ、カット、模様もご自分で作り上げます。

貴金属に鋳造してから行う加工は当店のオプション加工として承りますが、原型の段階で製作できる加工は教えながら作業していただければ手作り出来ます。

今回ご紹介のお客様は大阪府下よりご来店のお客様で、細身でピンクゴールド素材の結婚指輪の手作りに挑戦していただきました。

ピンクゴールドS字型結婚指輪

結婚指輪の素材はプラチナが一番多い素材になっていますが、酸化も腐食もなく、日常生活に気をつける事無く永遠に変わらないという事から選ばれている耐久性のある金属です。

昨今のトレンドとしてゴールド系の結婚指輪の注文も増えていますが、ゴールドは温泉などの硫黄に反応して茶褐色に変色してしまうので注意が必要です。

温泉以外では変色することはないので、そこさえ注意すれば輝きや色合いが美しい金属なので最近では人気の素材になっています。

今回のお客様もこの注意点をご理解いただいた上で、ピンクゴールド素材の結婚指輪を手作りしていただきました。

指輪のデザインはレディス、メンズともに細身で緩やかにS字型にカーブしたデザインです。

写真を見ていただくと右のレディスはシンプルな甲丸型の表面をしていますが、左のメンズは表面に折り目のカットが入っています。

女性と男性とで好みは違うのが一般的で、丸くて可愛らしいイメージを女性が好み、平らでシャープなイメージを男性が好みます。

こちらの結婚指輪の場合も好みに合わせてS字型と形は同じですが、レディスは甲丸型、メンズはカットを入れてシャープなイメージに仕上げました。

表面のカットを削る作業

レディスの甲丸型は表面の厚みを整えて角を落として丸みを出せば完成しますが、表面にカットを入れる場合はもう一手間必要です。

写真は彼が指輪の表面にカットを削っている所ですが、どこをどのように削るかは初心者の方では解りにくいのでマジック等で下書きをして削っていただきます。

場合によっては私が見本として少し削ってみたり、不要なワックスで削り方を練習したりして作り上げてもらっています。

ワックスの段階で作れる部分はほとんどお客様に手作りしていただいておりますが、簡単なようで本当に難しい部分などは少しお手伝いさせていただいていますのでご安心ください。

S字型、折り目の付いた指輪の場合は少し作業の時間が長くなりますが、キレイな結婚指輪の原型が手作りで完成しました!

大阪の手作りお客様

この度はご来店ありがとうございました!

末永くお幸せに(^^)

親子で楽しく手作り結婚指輪

本日は七夕です。

願い事を短冊に書いて笹を飾る日でもありますが

織り姫と牽牛が年に一度天の川で再開するというロマンチックな伝説もありますね。

本日ご紹介のお客様は大阪府下のお客様ですが、可愛い子供3人とご夫婦の5人で来店で結婚指輪を手作りしていただいた時のご紹介です!

手作りを手伝う女の子

小さいお子様連れでご来店頂くことはありますが、今回のように5人で来られたのは初めてです。

工房内はそれほど広く手狭で申し訳なかったですが、楽しく作業をしていただけたようで良かったです

子友達は見ているだけのつもりが、やはり小さい子は何でもやってみたくなるもので、指輪作りに参加して頂きました

本当に難しくて細かい所は無理なので、あるていど大丈夫そうな部分のお手伝いで手作りです!

お母さんの作業を見つめる女の子

手作りして頂いた結婚指輪のデザインは指輪を外した状態で斜めから見るとハート型に見える上下がV字型になったデザインで

レディスには沢山ダイヤモンドを埋めこんで豪華に仕上げました。

ストレート型よりも削る部分も多く時間もそれなりに必要なので、小さいお子さんには退屈で大丈夫かなと思いましたが

終始楽しく時間を自分たちで作り、かつ、作業もお手伝いして有意義な時間を過ごして頂けたようです

ハートでダイヤ豪華な手作り結婚指輪

レディスのダイヤモンドは沢山埋めこんでいますのでエタニティリングにも見えるような結婚指輪になっています。

ダイヤモンドがキラキラと輝き天の川のような結婚指輪となりました!

ご結婚されて何年か経つと思いますが、可愛らしいお子様にも恵まれて、七夕の願いも叶った幸せなご家族に見えました!

この度はご来店ありがとうございました。

さらなるご多幸をお祈りしております!

末永くお幸せに(^^)

つや消し仕上げの効果

まことに勝手ながら現在、徳島店、大阪工房の手作り結婚指輪の新規ご予約を見合わせております。

フォームでのご予約も休止しておりますのでフォームご予約が再開されるまでお待ちください。

宜しくお願いいたします。

 

そんななかですが、大阪工房にご来店のお客様をご紹介いたします。

大阪府北部よりのご来店のお客様ですが、結婚指輪のデザインはシンプルな甲丸リングでレディスは全面をつや消しにしたデザインです。

つや消し加工について効果と注意点について少しご説明をいたします。

つや消しの甲丸型結婚指輪

つや消しにする方法は、結婚指輪の表面に細かいテクスチャーを入れてつや消しにするのですが、写真のレディスに施したつや消しはサンドブラストという方法で艶消しにしております。

当店で行えるつや消し加工には以下の様な種類があります。

  • サンドブラストつや消し
  • ダイヤポイントつや消し
  • シルクサテン仕上げつや消し

 

【サンドブラストつや消し】

サンドブラストとは、細かい砂の粒子を表面に吹き付けて細かい傷をつけるような方法で艶消しにします。この方法だとかなり細かい砂の粒子が均等に表面に吹き付けられるので均等できめの細かいつや消しになります。

ブラストによるブラストつや消しはよりきめが細かいつや消しなので女性らしい可愛らしい仕上げになるようです。

 

【ダイヤポイントつや消し】

ダイヤポイントつや消しはハンドモーターを使って手作業で表面を荒らす方法で、ブラストを使ったつや消しに比べて少し荒い仕上げになりますが、表面が少しキラキラしたようなつや消しになります。

 

【シルクサテン仕上げつや消し】

先のギザギザした洋刀を使ってライン基調の傷をつけるヘアラインのようなつや消しです。洋刀を使ったシルクサテン仕上げの場合もキラキラしたラインのような傷をつけるのでキラキラしたつや消しになります。

 

基本的に、つや消しは光沢仕上げに比べて基本的に鏡の様にピカピカと光らないのでおとなしいシックなイメージになります。

ピカピカと光った光沢仕上げに比べてフェミニンなイメージで女性に人気ですが、つや消し加工にもデメリットがあります。

 

【つや消し加工のデメリット】

結婚指輪は常に身に着けている指輪なので、表面の仕上げに関係なく傷はどうしても入り、どちらが傷に強いというわけでは無いのですが、光沢とつや消しにした場合とで傷の見え方に違いがあります。

ピカピカの光沢仕上げの場合は表面が鏡のように周りの景色が写り込んでいるので傷が少し入ったぐらいでは目立ちません。

反対につや消し仕上げに入る傷は光沢の傷になり光った線の様な傷になります。表面は光沢のように周りの景色も写り込んでいないので紙に鉛筆で線をひいたようにとても目立つものになります。

傷がたくさん入ってくると光沢仕上げはつや消しのように全体に艶がなくなり、つや消し仕上げは傷のラインは光るので最終的にはどちらも半光沢の様な表面になります。

光沢の場合は表面を研磨しなおすと光沢も出て新品同様に近い仕上がりになり綺麗になります。つや消しの場合は磨くと光沢仕上げと同じように艶が出るので、元のつや消しにするにはつや消し加工をやり直す必要があります。

 

このように光沢仕上げ、つや消し仕上げのそれぞれのメリット、デメリットをご説明差し上げたうえで、今回のお客様はつや消し加工にしていただきました。そももそピカピカに光った仕上げが好まない人もいらっしゃるし、どっちにしても傷は入るものなので艶消しを選択する場合はあまり気にしないほうが良いでしょう。

大阪府北部の手作りお客様

結婚指輪の形はシンプルなストレート型の甲丸リングでしたのでそれほど時間もかからずに原型が出来上がりました。

今日のブログは加工の事についての説明が多くなりましたがお客様も楽しみながら作業をしてくださいました。

この度はご来店ありがとうございました!

末永くお幸せに(^^)

手と手を繋いだ手作り指輪

本日ご紹介のお客様は大阪府下よりのご来店です。

男性のお客様お一人のご来店で、彼女様に内緒のサプライズで手作り指輪を製作にお越しくださいました。

手作りしたい指輪のデザインはほぼ決まっていらっしゃったようで、ご自分で手作りできる指輪のデザインに相談しながら決定いたしました。

サプライズで指輪製作

少し細かい部分もありましたが慎重に作業を進め手作りしていただきました。

指輪のデザインは左右から延びた指輪の腕がトップ部分で手を繋いでいるようなデザインです。

トップの手を繋いだように見える部分を小さく作りたいと言うことでヤスリも細かいヤスリを使い、スパチュラという細かい部分を削る道具なども駆使して作っていただきました。

初心者の方が初めてワックスを削って作り上げるのでなれない作業ですが少しづつ丁寧にすすめます。

途中で私が少し仕上げのお手伝いをさせていただきますので安心して作業をしていただけたように思います。

彼女様へのサプライズ指輪1本の手作りでしたのでそれほど時間もかからずに出来上がりました。

完成した手作り指輪がこちらです。

手と手を繋いだ手作り指輪

見事にトップ部分で手を繋いでいるような手作り指輪が完成しました!

手の部分は細かいですが、出来るだけ簡単に手作りできて繋いだように見える形に少し苦労しましたが、とてもキレイに仕上がったと思います

この度はご来店ありがとうございました!