プラチナピンクゴールドでコンビ2連風の結婚指輪

本日ご紹介のお客様は大阪市内のお客様で手作りで結婚指輪を製作して頂きました。

ご自身でワックスを削って結婚指輪の原型にするので、あまり複雑なデザインは製作難しいのですが意外と作れるデザインもあります。

1本の指輪にプラチナとゴールドの2つの素材を組み合わせたコンビネーションの指輪も作れるデザインと作りにくいデザインとがあります。作れるかどうかは店頭で相談しながら決めていきます。

今回のお客様のご希望のデザインもコンビネーションの指輪がご希望でした。

X型にリングが交わって2連の指輪に見えるようなデザインで、レディスのみプラチナとピンクゴールドの2連風です。

メンズは同じデザインでプラチナ単素材で2連に見えるようなデザインに決定しました。

立ち上がってワックス切りだし

まずワックスの切り出し作業です。切り取るための目安線を引いています。

椅子に座らずに立ち上がって上から見ながら切ると真っ直ぐ切りやすいようです。

切り取ったワックスを指輪の形に削っていきます。

結婚指輪の原型はロストワックス鋳造法という方法で貴金属にしていくのですが、プラチナ単素材の場合はこの鋳造を1回だけ行えはプラチナの結婚指輪になりますが、コンビの場合はプラチナの部分の鋳造とゴールドの部分の鋳造と、分けて2回します。

なので、プラチナの部分の原型とゴールドの部分の原型を1つの指輪にたいして2つのパーツを作るのが基本ですが、当店では二素材合わせたデザインの原型を作っていただき、鋳造時に切り離して鋳造しております。

そのため、ワックスの製作はコンビの指輪と言うのを意識しないで手作りして頂けるので作り安くなっています。

また、コンビでもどのようなパーツを組み合わせるかによってワックス製作の難易度がかわりますが、これも意識しないで製作できます。

完成したコンビの結婚指輪ワックスの原型がこちらです。

結婚指輪のワックス原型

マジックで線を引いていますが、この線がプラチナとピンクゴールドを分ける境目です。

2つの指輪を合わせたようなデザインであれば2つの指輪原型を作ればよいのですが、今回のデザインのように指輪の一部分がプラチナと言った場合は、プラチナ部分のパーツの様な物を作らなくてはなりません。

この場合あまり細かいパーツを初心者のお客様が手作りするのは不可能ですので、2つを合わせた状態のワックス原型を作っていただいています。

手作り結婚指輪が完成した大阪のお客様

コンビネーションの場合、指輪の原型は作りやすくさせて頂いておりますが、鋳造を2回行うため、オプション料金が余分に必要になります。

指輪代金以外に加工料金は必要ですが、ご自分たちの納得いくデザインを自分たち自身で手作りした結婚指輪なので、既製品を買うよりも大幅に価値がある結婚指輪になることと思います。

完成したプラチナとピンクゴールドのコンビネーション手作り結婚指輪がこちらです!

プラチナとK18ピンクゴールドでコンビ結婚指輪

メンズの指輪はコンビにはなっていませんが、デザインはレディスと同様に2連に見えるような境目が入り、この境目で光沢とつや消しを施しています。既製品でもあまり見かけないデザインの結婚指輪が出来ました!

この度は本当にありがとうございました!

末永くお幸せに(^^)

ハート模様もブラックダイヤでカジュアル

今回のお客様は徳島県にお住まいですが、仕事の関係で香川県など他県でお仕事が多いお客様でした。

仲の良いカップル様で終始笑顔が絶えず作業をしていただきました。

彼がワックス切断

不器用な方でもワックスは柔らかいので切るのに力はいらず、ちょっとしたコツさえつかめば真っ直ぐ切ることが出来ます。

今回のお客様は器用なお客様でしたので難なくワックスを切り出していただけました!

製作する指輪の形はS字型の歪んだタイプでしたので歪み幅分の広さを切り出します

ワックス製作中の彼女

女の人でも簡単に切ることが出来、彼女もワックスを切り出してポーズ!

仲の良いおふたりでしたので難しい部分を手伝いあったりしてお互いをねぎらう姿が好印象です。

形を削りだしたり、細かい部分を仕上げてワックス原型が完成しました!

手作りワックス完成

今回はお二人で結婚指輪を手作りしていただきましたが、

彼は以前に婚約指輪も手作りにご来店頂いておりました。

今回2回目の作業と言うこともあって要領も良く難しいデザインでしたがキレイに指輪の原型が完成いたしました。

完成した指輪がこちらです!

ハートが浮かぶブラックダイヤ結婚指輪

彼はプラチナ素材で彼女はピンクゴールドを選んでいただき、

それぞれにダイヤを埋め込んでいます。

ピンクゴールドの場合は色が付いた金属なのでホワイトダイヤ以外だとバランスが悪くなり

ホワイトダイヤの方が映えてエレガントな印象になります。

男性でも最近はダイヤを埋め込むデザインが増えてきましたが、

ホワイトだとキラキラと派手な指輪になってしまうのでブラック、もしくはブルーダイヤモンドを埋め込むことが多いです。

今回のお客様もレディスのダイヤ似合わせてブラックダイヤを3個埋め込みました。

2つを合わせるとハートが浮かび上がる可愛いデザインですが、

ブラックダイヤを埋め込むことでカジュアルな印象を与え、

男性物のデザインでも身につけやすくなります。

出来上がりも大変気に入っていただき喜んでいただきました!

遠方にお引っ越しの予定ですが、他県でもがんばっていただきたいと思っております。

この度は本当にありがとうございました!

末永くお幸せに(^^)