手作り結婚指輪ギャラリー

手作りお客様の作業風景ギャラリーと結婚準備お役立ち情報

ハーフエタニティの結婚指輪
結婚指輪ガイド

結婚指輪に入れるダイヤは外れない?引っかからない?

Guest Name   / 


「結婚指輪にダイヤモンドを入れたいのだけど外れたりしませんか?」

というご質問をよく受けます。結婚指輪という性質上、長年のあいだ日常身に着けることになるので指輪の耐久性も必要になります。結婚指輪に入れるダイヤモンドのセッティング方法はほとんどが埋め込む形で結婚指輪に入れるので簡単に外れたりはしません。

また当店では通常よりもしっかり留めていますのでオーダーメイドの注文を受けて20年以上なりますが、ダイヤが外れたというご報告はありません。安心してダイヤを入れていただけると自信をもって承っています。

どのような方法で結婚指輪にダイヤモンドを入れるのか?なぜ外れたりしないのか?を解説します。

ダイヤモンドの石留方法

結婚指輪に入れるダイヤモンドはほとんどが埋め込みによって石留めされています。石留の手順を見ていきましょう。

1.ダイヤモンドを留める位置を決める

ダイヤを埋め込む位置を決める

彫刻台に指輪を固定します。指輪は小さいので位置決めはマイクロスコープという顕微鏡をのぞきながら作業します。埋め込むダイヤの直径を考慮して、留める間隔を正確に決めてしるしを入れます。

2.下穴をあける

穴をあけた指輪

ダイヤの位置が決まったらその位置に下穴を開けます。穴は指輪を貫通させます。穴を貫通させないと留めたダイヤの裏側にゴミなどが溜まったときに取り除くことが出来ないので通常は穴を貫通させます。

穴を開けるためのドリルはとても細く0.8mm程度のものを使用します。

指輪に穴をあける細いドリル

穴を開けるのも気を付けないとドリルが細いのですぐに折れてしまいます。穴を開ける作業も熟練の技が必要になります。

3.ダイヤの大きさに穴を広げる

ダイヤを埋め込む穴をあける

埋め込むダイヤや天然石の直径に合わせて穴を広げてダイヤが穴の中にぴったりと入るようにします。穴が小さすぎてはダイヤが入らないし、大きすぎては石留が出来なくなります。

4.ダイヤを入れて穴の大きさの確認

石をセッティング

穴の中にぴったりとダイヤモンドが入りました。写真はダイヤモンド以外にエメラルドとピンクトルマリンが入った物です。穴の深さはダイヤモンドが指輪よりも飛び出ない深さにします。ダイヤモンドが指輪よりも飛び出ていると石留がしにくいほか、ダイヤによって他の物にキズを付けてしまったり、場合によってはダイヤモンドが硬いものに当たった衝撃で割れることがあるので飛び出ないように深さを調節します。

5.手彫りで爪を作って石留する

ダイヤを埋め込み完成

写真はマス留めという方法で石留したものですが、基本はこのように石の周りの金属を手彫りによって爪を作るように彫刻を施し石留めします。

この説明の様に結婚指輪のダイヤモンドなどの石留は指輪に穴を開けて埋め込むように留めます。指輪よりも石と爪が飛び出していないので洋服に引っかかることなく、また爪がすり減って石が外れるという事はほとんどありません。

ダイヤモンドが外れやすい石留

指輪のダイヤや天然石が外れたという事を聞くことがありますが、どのような場合に石が外れてしまうのでしょうか?外れやすい石留は主にファッションリングなどに使われる石留方法になります。

爪の外れやすいダイヤの留め方

写真の様にダイヤモンドが埋め込みではなく、石座と言われる部分に飛び出した爪で留めている方法だと長年身に着けていると外れることがあります。

爪が指輪やダイヤモンドよりも飛び出ているため何かに当たると真っ先に爪が当たって小さくすり減ってきます。そのためいずれは爪が無くなって爪によって留まっていたダイヤモンドが外れるという事になります。

このような石留方法は結婚指輪には使われずほとんどがファッションリングなどに使用される留め方なので、当然当店の結婚指輪ではこのような石留方法は行っておりませんのでご安心ください。

結婚指輪のいろいろな石留方法

上記の様に結婚指輪には埋め込みという方法でダイヤモンドを留めますが、その石留方法もいろいろな方法があります。自分の好みで石留方法を選んでいただけます。

参考にして頂き安心してダイヤモンドの埋め込みをご注文くださいませ😊

オーソドックスなダイヤモンド石留め

当店で行っている一番オーソドックスな石留方法です。

4点留め

ダイヤを4点留した結婚指輪

主にダイヤモンドなどを1個だけ埋め込む方法で、ダイヤモンドの4隅にシンプルに爪を彫刻で作り、石留めします。

連続留め

ダイヤを3個埋め込んだ結婚指輪

ダイヤモンドを2個以上間隔を詰めて石留する方法です。複数個のダイヤモンドを自然な形で指輪になじませるように縁取り彫刻を施します。この縁取り彫刻によってダイヤモンド周辺がキラキラと輝きダイヤモンドの輝きをより一層引き立てます。

個性的な石留

基本的な埋め込みは同じですが、石の周りの留め方を工夫した石留方法です。

マス留め

ダイヤをマス留めした結婚指輪

埋め込むダイヤモンドの周りを四角く縁取った彫刻によって石留する方法です。直線的なデザインの結婚指輪によく似合う石留方法です。直線基調なのでクールで都会的な仕上がりになります。

後光留め

ダイヤを後光留めした結婚指輪

1個だけ埋め込んだダイヤの周りを後光がさしたように装飾を施した石留方法です。小さなダイヤモンドでも彫刻によって大きく見えキラキラ輝くように仕上がります。