手作り結婚指輪ギャラリー

手作りお客様の作業風景ギャラリーと結婚準備お役立ち情報

結婚指輪ガイド

結婚指輪の手作りはいつまでに準備すれば良い?

Guest Name   / 


結婚指輪を購入するにあたって、結婚式が控えている場合はいつまでに準備するのが良いのでしょうか?そのタイミングなどご紹介します。

購入方法によって納期が違う結婚指輪

結婚指輪の購入方法はいくつかありますが、その方法によって納期が違ってきます。まず納期について調べてみました。

既製品の結婚指輪の納期

既製品とはお店の店頭に並んでいる大量生産の結婚指輪のことです。日本国内のオリジナルブランドや海外のライセンスブランドも既製品にあたります。既製品の場合は店頭に各サイズの結婚指輪を用意している場合もありますが、おおよその場合は店頭の指輪は見本で、注文があるとブランドメーカーなど結婚指輪の製造元に注文をして取り寄せることになります。

メーカーでは各サイズの在庫を全て確保されており、注文から3日~7日程度でお店に届きます。

ただし、繁忙期には在庫切れで1ヵ月程度かかる場合もあるので注意が必要です。また、サイズが特別小さい、もしくは大きい場合は特注になり同様に1ヵ月程度納期がかかる場合もあります。

オーダーメイドの結婚指輪の納期

オーダーメイドとは自分の好みに合わせて指輪の幅、形、表面の模様やダイヤの有無など自由にデザインし、一品物の結婚指輪を製作して購入することです。

大量生産と違って指輪の元になる原型などが無いため、原型作りから製作していくため早くても完成まで1ヵ月以上かかる場合が多いです。

繁忙期には注文が多いと2ヵ月以上かかることもあるので早めに注文が必要です。およその納期は1ヵ月~2ヵ月見ておきましょう。

手作り結婚指輪の納期

手作り結婚指輪はオーダーメイドと同じように一品物を原型から製作しますが、指輪の元になる原型は自分たちで作ります。

オーダーと違って原型は来店時に自分で作るので、それ以降の作業をお店で行って完成させるので原型作りの分だけ期間されます。とはいえ原型を元に鋳造し仕上げていくので時間はかかります。

こちらも繁忙期には納期まで時間がかかる場合もあるので完成までは余裕をもって1ヵ月~2ヵ月は見ておきましょう!

結婚指輪の手作りは2ヵ月前には予約必須

今、一番人気になっている購入方法は結婚指輪を手作りする方法です。手作りには大きなメリットがあり、その理由は以下の様になっています。

  • 価格が安い
  • 自分たちの好きなデザインを作ることが出来る
  • 世界で一つのオリジナルになる
  • 2人で作る思い出が出来る
  • 自分で作るので大事に出来る逸品になる

素っ気ない既製品よりも価値があり、オーダーメイドの様に好きなデザインが出来るのに値段が安いというところが人気のようです。

数年前よりも手作りするカップルが増えているようで予約は必須になっており土日はなかなか予約が取れないお店もあるようです。そのため、結婚式など決まった納期がある場合は少なくとも2ヵ月前には来店して手作り出来るように予約は早めにするようにしましょう!