結婚指輪の相場

結婚したお二人が購入する結婚指輪はいったいいくら位が適正な相場なのか?

結婚指輪の購入金額も10年前と比べると相場も変わってきているようです。どちらかというと贅沢品に入るジュエリー製品ですが、結婚指輪は結婚されたカップル様の愛の証として身につけるので購入される人が多いと思いますが、その金額も景気の変動などによって変わってきます。現在の購入金額はいったいいくら位なのかと言う疑問を細かく分析して調べました。


年代別に購入する相場を比べてみました

1. 20代全体 ペア15万〜16万円

2. 30代全体 ペア25万〜26万円

3. 40代全体 ペア27万〜28万円

20代相場について

20代の平均と30代、40代とは金額にかなりの差があることがわかります。
20代でも前半と後半とでも金額に差があるようで20代前半だとペアで13万円前後、20代後半だとペアで18万円ぐらいとかなりの差があります。
これは仕事に付いたばかりで収入がまだ少ないため若年になるほど使えるお金が少ない為だと思われます。
月々の生活にかける費用も若い人はスマートフォンなどの通信機器に比重が置かれ、ファッション関係にかける費用が少ないためでもあります。また、シンプルなデザインを好む年代でもあります。
既製品の結婚指輪だとしても貴金属の相場からしてペアで15万〜16万円では好きなデザインを選ぶのは難しい価格帯かもしれません。

30代相場について

30代になると結婚指輪の購入価格はかなり上がってきて、20代の価格より10万円程度増えます。
職についてからの年数も経っているので、年収も増え、それなりの預金もあるため余裕が出るためと思われます。
通信機器にかける比重も20代に比べると若干ではありますが減り、身の回りのものにもかなり気を使う年代でもあります。
ペアで25万〜26万円の平均予算ならある程度自分たちの気に入ったデザインやブランドの指輪が購入できるようになります。

40代相場について

40代になると30代よりも購入価格は上がりますが、それほど大幅には上がりません。
ペアで30万円弱が結婚指輪を購入する平均相場の上限のようです。
結婚指輪は普段身につけるものなのである程度のボリューム、装飾も派手な物は少ないので指輪自体の値段もダイヤモンドの婚約指輪に比べて高価な指輪が無いからとも言えます。
また、これからの生活に必要な金額の確保などにお金を蓄えるなどの現実的になってくるからでしょう。

平均相場で買える結婚指輪

全年代から見た結婚指輪の相場

調べてみると年齢層によって結婚指輪を購入する金額相場が変わります。
20代〜40代まで全年代を合わせた平均価格はペアで25万円前後だということがわかりました。
ですが、20代だと収入がまだ少ないので、無理をせず自分たちに合った金額の指輪を購入することが大切だと思います。

もちろんその時の景気にも左右される金額ですが、結納を行う人が減り婚約指輪を購入される人も少なくなった分、結婚指輪に予算をかける人が多くなっていることもあり、極端には相場が下がっている事はない様です。

結婚指輪の販売形態と注文方法

次に金額によってどのような種類の結婚指輪が購入できるか考えてみましょう。
皆さんは結婚指輪を購入する場合、どのようなお店・方法で買いますか?
真っ先に思いつくのが貴金属店と言われるお店の店頭で販売されているのが思い浮かぶと思います。その他ではインターネットで通信販売のような形でのネット販売があります。

一般にお店で販売されている結婚指輪は既製品になります。ティファニーやカルティエなどの高級ブランドも既製品にあたります。
既製品とは注文ではなく前もって出来上がっている指輪の事です。

既製品以外の購入方法ではオーダーメイドで注文して一品物を作ってもらって購入する方法があります。
オーダーメイドの方法の中でも「セミオーダー」や自分たちで指輪の原型を作る「手作り結婚指輪」などがありますが、それぞれの購入の仕方で指輪の価格も変わってきます。
セミオーダーは既製品とフルオーダーの中間の様な位置づけなのでフルオーダーに含めて、フルオーダー、既製品、手作り結婚指輪の3パターンでそれぞれの相場を考えてみましょう。

フルオーダーメイドの指輪

フルオーダーメイド

平均相場はペア25万円〜30万円
お客様の希望によってデザインを最初から考えて二人だけの完全オリジナル結婚指輪を作れる。
プロの職人がワックスから仕上げまで一つ一つ手作りしていくので時間がかかり高価になります。

手作り結婚指輪の指輪

手作り結婚指輪

平均相場はペア10万円〜13万円
お客様の希望によってデザインを決定し、ワックスの部分をお客様自身が作るのであまり複雑で細かいデザインは作るのが難しくシンプル目のデザインになります。
プロの職人のサポート、追加加工でプロ並みの仕上がりになります。
フルオーダーと同様に一品物になりますが指輪の元になるワックスの部分をお客様で作るので、その分価格は安くできます。

既製品の指輪

既製品

ノーブランドがペア9万円〜12万円
ティファニー、カルティエなどになるとペア25万円〜35万円が平均相場になります
ワックス原型はゴム型などによってに複製され大量生産により安価になります。沢山の種類はありますが、どれも似たようなデザインになります。
ティファニー、カルティエなど高級ブランドでも既製品の大量生産になりますが、ネームバリューで値段は高くなっています。

販売・注文の形態で指輪の価格が大きく違ってきますが、出来るだけ安くすましたい場合はノーブランドの既製品。
他の人が持っていない自分達のオリジナルにこだわる場合は、フルオーダーメイド。
自分達オリジナルが良いがフルオーダーのように手の込んだものではなくシンプル目のデザインで価格を抑えたい場合はの自分たちの手作りが良いでしょう。
自分たちの手作り結婚指輪だと、一番安価な既製品とさほど変わらない価格で、オリジナルの結婚指輪が購入できるようです。

結婚指輪選びのメリット・デメリット

既製品 ゴム型などによってワックスの複製で大量生産

ワックスを簡単に複製して大量生産出来るのでコストがかからず値段が安い。
同じ指輪を持っている人が多くなるので他人と被ってしまう。

フルオーダー デザインに合わせてワックス原型をプロの職人が一品づつ手作り

希望に合わせて自由にデザインが出来、最初から一品物をプロが製作してくれるので、完全に二人だけのオリジナル結婚指輪が出来る。
プロの職人が手間をかけて製作するので値段が高くなる。

お客様の手作り結婚指輪 ワックス原型をお客様自身が手作り。ワックスはプロの職人が鋳造・仕上げ

自分たちで作れる形であれば完全に二人だけのオリジナル結婚指輪が出来る。
あまり細かくて複雑なデザインの製作は難しい。
職人が行うのは鋳造と仕上げだけなので値段はフルオーダーよりはるかに安い。

予算による結婚指輪の購入

結婚指輪の購入金額による違い

年代によって結婚指輪を購入する相場が違っていましたが、予算によって購入できる結婚指輪はどのようなものになるのかまとめてみました。


  • ペアで10万円〜20万円 ノーブランド既製品、手作り結婚指輪
  • ペアで20万円〜30万円 プライベートブランド既製品、フルオーダーメイド
  • ペアで30万円以上 フルオーダーメイド、高級ブランド

こうすると値段によってどのような結婚指輪が購入できるかわかるので20代ならノーブランド既製品、手作り結婚指輪を購入する方が多く。
30代、40代は相場も高いのでプライベートブランド既製品、フルオーダーメイド、高級ブランドなどを購入されているようです。

結婚指輪は男女どちらが負担

結婚指輪の購入は男女どちらが負担

結婚指輪の相場や予算によってどのような結婚指輪が購入出来るのかわかりましたが、この相場は男女どちらが購入するための相場なのか調べてみました。

昔に比べて女性の社会進出も多く、女性でも男性と変わらない収入の方が増えてきました。このような事から結婚指輪の金額は双方が折半で贈りあう形にすることが一番多いようです。
手作り結婚指輪の場合も、お互いの指輪を作りあいっこされる方が多いので指輪金額もお互いに贈りあうのが一番多いようです。
次に多いのが男性が全て結婚指輪の購入をされるようです。