手作り結婚指輪ギャラリー

手作りお客様の作業風景ギャラリーと結婚準備お役立ち情報

婚約指輪と結婚指輪
結婚指輪ガイド

貴金属以外の金属でもいいの!?結婚指輪の素材別メリット・デメリット

Guest Name   / 


様々な素材の結婚指輪

結婚はその人にとって、人生における大きな節目です。結婚相手とその先の人生を添い遂げる誓いとして交わされる結婚指輪は、ただのアクセサリーではなく、二人の深い結びつきを象徴するリングです。日常的に身に着ける貴重品である結婚指輪ですが、その素材である金属の種類によって、大きく特性が異なってくるのをご存じですか?自分やパートナーの体質、求める指輪の性質を考えつつ、デザインだけでなく、素材にも注目しましょう。

結婚指輪に使われる貴金属の種類や特徴

ブライダルリングの定番素材は、ゴールドやプラチナといった貴金属です。その希少性の高さに、一生に一度の買い物に見合う価値を見出す人もいれば、シンプルなデザインが多いリングにおいて、シンプルであっても魅力ある輝きを放つ材質に惚れ込む人もいます。

貴金属リングのメリットデメリット

こうした貴金属リングは「一生もの」だからこその美しさと輝きを持つ反面、一生ものだからこそ高い費用が必要となるリングです。また、貴金属リングは、メインとなる貴金属の純度が高い程に輝きの美しさが増すものの、同時に傷つきやすい材質であり、細かな傷によって輝きが損なわれてしまうこともあります。社会生活や家事、外出といった日常的に身に着けたい指輪であることを考えると、このデメリットは無視しにくいものがあります。

結婚指輪に使われるその他の金属はある?

価格面や傷つけて駄目にしてしまう懸念など、様々な理由で「貴金属はちょっと…」と二の足を踏んでしまう人もいるかもしれません。そんな人におすすめなのが、貴金属以外の金属を素材としたリングです。

廉価かつ実用的!ステンレスリング

ブライダルリング専門店等ではあまり並べられていないステンレスリングですが、数多くのメリットがあります。特に「サージカルステンレス」は医療器具にも使われているステンレスで、金属アレルギーを起こしにくいという特徴があります。手入れが不要で錆びない、硬度が高い、そして貴金属と比べて安価にもかかわらず、色合いは高価なプラチナと近しい白銀色をしています。ただし、輝きは貴金属系リングと比べると多少劣ってしまうことや、安価なイメージから逆に「一生ものなのに」と家族から認められない可能性がある等のデメリットがあります。

エアリーかつ頑丈!チタンリング

チタンリングは近年、結婚指輪として注目されつつある素材です。その特徴は、何よりも「軽さ」にあります。飛行機機体にも使われているチタンは、軽さと硬度、耐熱性、そしてステンレス同様に、錆びないことでも優秀な素材です。また、白金、白銀色が主流である従来のリングに対して、チタンリングは非常に幅広いカラーリングが選べ、個性を出したいカップルに人気です。価格的にはステンレスよりも高くなってしまうというデメリットがありますが、5万円以上~10万円未満のラインで購入できます。

時を経てこそ出る味わい!シルバーリング

シルバーリングは厳密には貴金属ですが、ゴールド、プラチナと比較すれば購入しやすい価格帯のリングです。貴金属ならではの輝きを放ち、丁寧に手入れをして磨き続けるほど、味のあるいぶし銀となって、夫婦の時間を共に歩んで行ける金属です。しかし、貴金属だからこそ、先述した2種のリングに比べると柔らかで傷つきやすいこと、いぶし銀とはつまり銀の黒い変色であり、輝きを長く保つには相応の手入れや気配りが必要だというデメリットがあります。特に、シルバーリングの天敵は「塩化」「硫化」です。塩素系漂白剤で洗ってしまった、塩水や汗がついてしまった等の塩化、温泉に浸けてしまうことで起きる硫化は、非常に落ちにくい黒ずみとなります。