プルメリア彫刻と合わせるとカメが浮かぶ手作り結婚指輪

2024-04-01 14:00:54  | NoComment
                   

今回ご紹介のお客様は兵庫県からご来店いただき、大阪工房で結婚指輪を手作りして頂いたお客様です。

様々な拘りを結婚指輪に取り入れたいとの希望でデザイン画など用意されてご来店いただきました。

合わせるとカメの甲羅がハートになったデザイン画

2つの指輪を合わせるとカメが浮かび上がり、甲羅の部分がハート型になるデザインです。デザイン画ではハートの部分を含めて溝ラインでカメを描くようになっていますが、いろいろ相談のうえでハートの部分は窪んだつや消しで表現することに決まりました。

ワックスを使って指輪原型を作る作業の開始です!

結婚指輪をワックスを使って手作りする二人

二つの指輪を合わせて模様を浮き上がらせるにはストレート型の形にするのが必須ですが、レディスの指輪はV字型にしたいという希望でしたので、レディスの指輪にはV字型部分をトップとし手のひら側のストレートの部分にカメの模様を入れてメンズと重ねられるように作ります。

お互いの指輪を作り合いっこして頂きましたので彼女がストレート型の彼女の指輪原型を手作りし、彼がV字型の彼女の指輪原型を作ります。

必然的に彼の作業のほうが少し難しくなります。そのため彼の作業時間のほうが長くなるので彼女の作業は休み休み行っていただき時間を合わせて頂きました。

イラストを描いた指につけた指輪ワックス

作業時間は約2時間ほどでしたが、無事に結婚指輪の原型が完成し記念の写真を撮影しましたが、指にイラストを描いて原型を指につけての撮影です。

彼女の原型はティアラのイメージで、彼の原型は犬の首輪のイメージです。こちらの写真はお二人がどうしても撮りたかった写真です。

指輪原型をお預かりしてプラチナ鋳造致しました。

表面をピカピカに研磨して仕上げています。二つの指輪を合わせるとカメの模様がきれいに浮かび上がります。ハート型になる甲羅の部分はつや消し処理を施してハートであることをより強調しています。

デザイン画をもとに完成した指輪を合わせるとカメが浮かぶ手作り結婚指輪

女性物の指輪のトップ部分はV字型になっており、彼女のご希望でプルメリアを手彫り彫刻しています。この彫刻デザインもお二人と相談しながら模様の大きさ配置なども決めて頂き彫刻を施しています。

レディスのみプルメリア彫刻手作り結婚指輪

模様がはっきりと浮かぶように今回の指輪は幅広目で手作りして頂きました。カメの模様など細かい部分は当店の職人がお手伝いして加工しております。ご自分で行う作業が難しく自信が無いというお客様は代わりに当店職人が了承を得て加工して差し上げることもできますので是非ご相談ください。

完成した結婚指輪をご覧になり、大変喜んで満足して頂けました。

この度はご来店ありがとうございました!

キルティング模様で紫カラーの手作り結婚指輪

2023-12-08 22:08:53  | NoComment
                   

大阪工房へご来店の奈良県からお越しいただいたお客様のご紹介です。

手作りする結婚指輪のデザインを決定するために当店の見本を沢山ご覧になりながら決めていきました。基本的な形はストレート型で、お二人共通の希望が内側に紫色のカラーメッキを施す事でした。

彼のデザインはシンプルな甲丸リングの内側に紫メッキを入れたものに決定しましたが、彼女のデザインをどうするか色々悩まれました。デザイン決定に1時間強かかりましたが、何とかデザインが決まり手作り作業の開始です!

ワックスで結婚指輪の手作り開始

ワックスでの製作でしたので、最初に作りたい指輪幅のワックスを切り出します。2人ともにサイズが大きなほうでしたので切り出すチューブワックスも大きくのこぎりで切るのに苦労されているご様子でした。

切る距離が長いと真っ直ぐ切るのが難しく切り取った断面は凸凹になりがちですが、凸凹になってもヤスリで削れば簡単に平らにすることが出来るのでご安心ください。

指輪ワックスの断面を削る作業

ヤスリは据え置き型のヤスリなのでワックスを擦りつけるように削ります。大根おろしで大根を削るような要領なので誰でも簡単に出来るヤスリかけ作業です。

指輪ワックスの表面を仕上げる

指輪の幅が出来上がり、内側を削ってサイズを合わせたら最後に余分な厚みを削って表面を仕上げます。指輪のデザインはオプションでダイヤモンド埋め込み、紫メッキを施すので当工房が仕上げの段階で行います。

そのためお二人に作って頂く結婚指輪の原型はシンプルな甲丸型です。サイズが大きいと削ったりする量が多いので時間がかかりますが、それでもシンプルな甲丸型の原型であれば1時間半もあれば完成します。

結婚指輪のワックス原型が完成した奈良県のお客様

比較的お二人に行っていただく作業は簡単でしたので約1時間半ほどで結婚指輪の原型が完成しました。

完成した結婚指輪ワックス原型

こちら指輪原型をクローズアップした写真ですが、きれいな真ん丸な結婚指輪の原型です。

完成した原型は当店の職人がプラチナ鋳造し、仕上げていきます。大阪工房では鋳造などの作業は出来ないので本店徳島の工房で鋳造など一括で行っています。ワックスでの原型作りコースでは鋳造して完成するまでの期間は約1か月~1か月半ほど頂いております。手間がかかるというよりも時間が必要な作業があるためあまり短期間で仕上げることが出来ません。

ワックス製作では自由な形を作ることが出来るのでお勧めですが、シンプルで良いから早くほしいという方は彫金コースでの製作をお勧めします。デザインによっては彫金では作ることが難しい場合、ワックスでの製作になりますので手元に欲しい日程をもとにお早目の来店をお願いします。

約1か月と少しですが、大阪工房来店のお二人の結婚指輪が完成致しました!

紫コーティングでキルティング模様の手作り結婚指輪

メンズに限っては表面には模様などなく内側に紫メッキを施してシンプルに仕上げています。指につけると紫が見えないのでシンプルな甲丸リングにしか見えません。ですが、外すと内側の紫が見えて見る人の目をひくことになるでしょう。

レディスはこだわったデザインで、表面にクロスしたラインがキルティング模様のように見え、中央にはブルーダイヤモンドを1個埋め込んでいます。また、キルティングライン以外の部分はつや消し仕上げにして模様がより目立つようになっています。さらに外すと紫色が見えるのでとても個性的でおしゃれな印象を与えるデザインとなりました。

紫コーティングでキルティング模様の手作り結婚指輪

複雑なデザインのように見えますが、意外とシンプルなラインなどの組み合わせで個性的なデザインに仕上がっています。

紫の部分はメッキなので表面に入れると傷やこすれによって剥げてしまうので表面へのメッキは出来ませんが内側に施すだけでもとても印象が変わったデザインになります。

大阪工房で施せるカラーメッキの種類は5種類で紫の他に、ブルー、グリーン、ピンクブラウン、パープルピンクがあり、全部で5色です。

店頭にはカラーメッキのサンプルもあり、実物を手に取って確認して頂けます。ちょっと変わったデザインをお考えのお客様はぜひ、カラーメッキをご検討ください。

拘りの形を手作りするならワックスがお勧め!大阪で作る花びら型の結婚指輪

2023-10-25 21:22:46  | NoComment
                   

大阪工房へご来店頂いたお客様のご紹介です。

MAKIでは、結婚指輪の手作り方法としてはワックスで原型を作る「ワックスコース」と、金属を丸めて作る「彫金コース」の二つの方法で作ることが出来ます。

それぞれ作れるデザインに特徴がありますが、歪んだ形や表面にデザインのある指輪の場合は「ワックスコース」をお勧めします。

今回お二人が手作りして頂いた結婚指輪のデザインは側面から見ると花びら型に見えるデザインです。このような指輪の場合は彫金では作ることが出来ず、ワックスで原型を作って頂きます。

基本的な形はストレート型のまっすぐなフォルムなので作りたい幅でワックスを切り出します。

切り取ったワックスの断面を削る

ノコギリで作りたい幅を正確に切れれば文句なしなのですが、ワックスは柔らかく切り進んでいくうちに斜めに切れたり、歪んで切れてしまいがちです。そのため切り取った断面は凸凹になりますが、断面はヤスリで削って平らに整えます。かつ、希望の指輪幅になるように削っていきます。

お二人の場合はレディスが2mm幅、メンズは2.5mmの幅で作っていきます。男性物の場合は女性物よりも少し幅を広めに作ることが多く、男性の手は女性に比べて大きいので少し幅を広く作った方が指に着けたときにしっくりきます。

内側を削ってサイズ合わせ

次に指輪の内側を削ってサイズを合わせていきます。内側を削るにはリーマーという道具を使います。

このリーマーをワックスの穴に差し込んでぐるぐる回して穴を広げていくのですが、この作業が意外とコツが必要です。

ワックスは柔らかいので簡単に削れそうに思われますが、この柔らかいのがネックになり強く差し込みすぎると削れ過ぎて穴の形がガタガタになります。また、差し込みが弱いとなかなか削れないのでちょうどよい当たり具合の差し込み具合を探してぐりぐり回すのにコツが必要です。

内側がガタガタになってしまうと直せない場合があるので削るのに時間がかかっても弱めに少しづつ削っていく方が良いようです。

MAKIでは、希望の1サイズ手前まで削って頂き、ぴったりのサイズになるように職人が仕上げてサイズを合わせますので安心して作業して頂けます。

指輪の表面を仕上げる作業

サイズを合わせることが出来たら、外側の余分な厚みを削ります。この作業が一番簡単で夢中になって作業する人が多いです。

適正な厚みになれば表面にデザインを入れます。

表面に三角のヤスリで切込みを入れて、花びらの形に見えるようにエッジを削ります。

この作業はなかなかむつかしい作業なので切込みを入れる所までお客様に作業して頂き、花びら型にきれいに整える作業は職人がサポートで仕上げをさせて頂きます。

完成した原型を鋳造して結婚指輪に仕上がったものがこちらです!

側面が花びら型の手作り結婚指輪

側面の形が花びらの形になっています。

手前のレディスはK18ピンクゴールドで仕上げていますが、昨今の金相場の上昇によりプラチナよりも高価になっています。

プラチナは変色も腐食もしませんが、ゴールドは温泉などで変色することがあります。日常手入れが必要になりますので、価格の高額な現在ではどうしてもゴールドがいい。という場合を除いては扱いが簡単で永遠に変わらないという意味もあるプラチナで結婚指輪を手作りすることをお勧めします。

ですが、金額は関係なく自分たちの好みで素材を選んで頂ければよいと思います。

この度はご来店ありがとうございました!

大阪で挑戦!S字型結婚指輪を手作りする方法

2023-08-01 16:50:52  | NoComment
                   

ジュエリークラフトMAKI大阪工房で結婚指輪を手作りする方法には2つの方法があります。

一つは金属から作る彫金製法です。彫金製法の場合は納期が早く最短当日で完成しますが、シンプルなまっすぐな形を作る場合に適した方法です。

2つ目はワックスで原型を作るワックス製法です。完成までの納期が約1か月ほどかかりますが、まっすぐな形以外に歪んだ形などいろいろなデザインの結婚指輪を手作りできます。

今回大阪工房にご来店で、ワックスによってS字型の結婚指輪の手作りに挑戦して頂きました。

ワックスをS字型に削り出すには

指輪を作るためのワックスはチューブ状の形をしており、切り取るだけでストレート型の指輪であれば簡単に作ることができます。

歪んだ形を作る場合は、S字型の歪み幅分のワックスを切り出し、不要な部分を削ってS字型に削り出します。

わかりやすく図をご覧ください。

歪んだ結婚指輪のワックス削る部分

上の図がまっすぐな形を作る原型です。下の図がS字型に歪んだワックスを削り出す原型の形です。

点線の幅のワックスを切り出し不要な部分を削っていきます。ストレート型に比べると削る部分が多いので少し時間がかかりますが、削る部分はマジック等で下書きをして、その下書きの通りに削っていただくのでどこを削れば良いか明確になります。

削る部分をマジックで下書きしたワックス

実際に削る部分をマジックで指定したワックスがこちらです。黒く塗りつぶした部分を削るので初心者のお客様でも良くわかるようになっています。

歪んだ形の指輪の削り作業中

マジックの部分を一部削ったワックスです。柔らかいワックスなので削る作業自体は力もいらず容易に削れます。削る部分を滑らかに削るのが少し難しいようですが、ある程度削れたら当工房の職人が滑らかに仕上げをしますのでご安心ください。

歪んだ形を削りだす大阪のお客様

お客様によるワックス削り作業です。専用の彫金机で作業していただくのでとても作業がしやすく疲れにくく楽しく作業ができます。

歪んだ形を削りだす大阪のお客様

力はいりませんので女性でも簡単です。逆に力を入れて削るとワックスが折れたり削りすぎたりするので力は必要ありません。なでるようにワックスを削っていく方が滑らかにきれいに削ることができます。

手作り結婚指輪の原型完成

S字型に歪んだ形に削り出して完成した結婚指輪原型

S字型に滑らかに削るのは難しいので断面が多少は凸凹した感じになると思います。このように凸凹になった削りあとでも当工房の職人が仕上げをすると滑らかなS字型の原型に仕上がります。

今回のお客様の原型はS字型にし、更に表面にエッジを作ってトップ部分にアクセントを加えたデザインになっています。

トップ部分のエッジを削るのは難しいので職人がお手伝い差し上げてきれいに原型が完成しました。原型はお預かりしてプラチナ鋳造によって貴金属に仕上げていきます。

プラチナで完成した結婚指輪

ワックスをお預かりしてプラチナに仕上がるまでの期間は約1か月~1か月半です。

大変お待たせするようになりますが、早ければ1か月弱で仕上がります。

仕上がった結婚指輪がこちらです!

プラチナ鋳造で完成したS字型の手作り結婚指輪

表面をピカピカに磨いて仕上がった指輪は初心者のお二人が手作りしたとは思えないような仕上がりになります。鋳造法は一般のジュエリー製品の製作方法と同じなので完成した結婚指輪の品質はお店に並んでいるジュエリー製品と全く遜色はありません。

ワックス製作はいろいろな形を作ることができ、初心者のお客様でも簡単に原型を作ることができるのでとてもお勧めの結婚指輪手作り方法です。

この度は大阪工房での手作りご来店誠にありがとうございました!

大阪の親子で来店手作り螺旋状の結婚指輪

2023-06-16 12:31:47  | NoComment
                   

大阪工房へご来店のお客様で、小さなあかちゃんを連れてのご来店でした。

生まれて数か月ほどのあかちゃんでしたのでべビーカーに乗せてご来店頂きましたが、ジュエリークラフトMAKI大阪工房が入居するプラザ梅新ビルは、入り口の部分に5段くらいの階段があります。

階段を上って館内に入れば全てバリアフリーなのですが、入り口の階段のみベビーカーを持ち上げる必要がありますのでご了承くださいませ。

今回のお客様も同様にされてご来店頂きました。

店内ではあかちゃんを抱っこしながら説明や相談などを聞くことが出来ますので、あかちゃんもおとなしく、スムーズにデザインを決定することが出来ました。

プラチナ螺旋状の手作り結婚指輪

お二人が気に入って手作りして頂いた結婚指輪のデザインはストレート型で、表面に捻じれたような模様を入れたデザインです。

手作り作業の開始

ワックス製作で結婚指輪の手作りで、作りあいっこでお互いの指輪を作って頂きます。

ストレート型のデザインでしたのでチューブワックスを切り出すだけでドーナツ状の指輪の形になります。

指輪幅はお互いに2.5mm幅の少し広めです。切り出した断面を2.5mmになるまでヤスリで削って幅を合わせていきます。

指輪幅を合わせることが出来たら、指輪状のワックスの穴を削ってサイズ合わせです。

作りあいっこでしたので彼女が彼の17.5号を削り、彼が彼女のサイズ9号に削るのですがデフォルトのワックスの穴は9号になる大きさの穴になっています。

なので彼は穴を削る必要が無く、彼女だけが17.5号になるように削っていただきました。

奥様の作業を見守る旦那様

彼は少し休憩で彼女がリーマーを使っての、ワックスサイズ合わせを見守っています。

しばらくはあかちゃんもおとなしくベビーカーで寝ていたので二人の作業もはかどりましたが、赤ちゃんがぐずりだしたので交代で抱っこしてあやしながら作業して頂きました。

交代で子守をしながら結婚指輪の手作り作業

MAKI大阪工房は完全貸し切りのマンツーマンの作業場なのであかちゃんがぐずりだしても他のお客様に迷惑がかかることが無く、安心して作業して頂けます。

交代の作業の場合は少し時間はかかりますが、ワックス作業は簡単ですし当店では時間制限はありませんのでゆっくり作業して頂けます。

今回は親子3人でのご来店ですが、お客様によっては小さなお子様3人連れで、家族5人でご来店いただいたこともあり、このような場合でも手作り作業は大丈夫です。

結婚指輪を親子3人で手作りした大阪のお客様

交代の作業で少しだけ時間はかかりましたが無事に結婚指輪の原型が完成いたしました。

親子3人で完成した原型をもって記念撮影です!

手作りで完成した結婚指輪の原型

完成したワックス原型を見て頂くとマジックのラインが引かれていますが、このラインは捻じれ模様を削り出すための目安線で、当工房の職人が引いて削る部分をわかりやすく指示させていただきます。

プラチナ螺旋状の手作り結婚指輪

完成したワックス原型をお預かりして鋳造によってプラチナで完成した結婚指輪がこちらです。

表面の捻じれは凹面で抉れた斜めの捻じれになっているので周りの映り込み、光の反射が凸面に比べると不規則に輝くようになっており、目を引く光り方をします。

完成してお渡しした際はとても喜んでくださいました。

この度は親子3人で来店し、結婚指輪の手作りで大阪工房ご来店ありがとうございました!

末永くお幸せにお過ごしください😊✨

ワックスで作る自由な形自由な模様の手作り結婚指輪

2023-06-13 17:31:33  | NoComment
                   

ワックスで結婚指輪を手作りしたお客様のご紹介です。

香川県よりご来店で小さなお子様連れの親子3人でご来店いただきました。

手作りで来店して頂いた際には、結婚指輪制作に入る前に必ずデザインの相談をし、設計図のようにデザイン画を描いてその通りに作っていきます。今回のお客様は過去にジュエリー製作などデザイン関係のお仕事に携わったことがあることからデザイン性の強い個性的な指輪にしたいとのご希望がありました。そのため、おおよその形を決めて表面の模様などテクスチャーは気分で施していくことになりました。

基本的な形は大きくカーブしたS字型の指輪を作っていきます。

自由な形を削りだすためのワックス

S字型の形は必要な歪み幅分のワックスから削り出して作ります。そのため写真のようにかなり厚い目のワックスを削っています。削る部分は多いですが、ワックスは柔らかいので力は必要なく根気強く削っていくことが大切です。

形を削り出すことができたら表面の模様(テクスチャー)を入れていきます。

指輪にテクスチャーを入れる

彼女の拘りのほうが強く、彼女のデザインに合わせるように彼の指輪も削っていきます。比較的彼の指輪のほうがどちらかといえばシンプルです。

表面のテクスチャーはいろいろな方法でワックスに入れることができますが、彼女はそのいろいろな方法をできるだけ使って、いろいろな表面の模様をつけることを希望されていました。

そのため、ヤスリ、ハンドモーター、先のとがった治具など様々な道具を使って模様を入れます。

また、表面の形も単純な甲丸形の部分や平面が基調になった部分、とにかくいろいろなデザインが盛り込まれたようなデザインになりました。

出来上がったワックスを鋳造して出来上がった手作り結婚指輪がこちらです。

自由な形自由な模様の手作り結婚指輪

左のプラチナ指輪がメンズで、右のピンクゴールド指輪がレディスです。

プラチナのメンズは表面をやすりでランダムに削り、その削った面をピカピカに磨いてカジュアルなデザインに仕上がっています。

ピンクゴールドのレディスはつや消しになっている部分があったり、ハンドモーターの凸凹な部分、ライン傷のような部分があったりと表面の模様は様々です。アンティーク調に仕上がっています。

また、内側の文字にも拘り、手書きの文字を彫刻しています。さらにそれぞれに天然石を埋め込んでかなり個性的な結婚指輪になりました。

ワックスの段階ではこの表面の模様などがどのように仕上がるのかが想像しにくく、思っていたようなデザインになるか不安に思われていたようですが、指輪が完成して実物を見ていただくとたいへん喜んでいただけて良かったです。

様々な要素が盛り込まれた結婚指輪になり、表面の部分によって印象が変わるので指につけた状態で気分によってくるくる回して様々なデザインを楽しめる完全に二人だけのオリジナル結婚指輪になりました。

自由な形自由な模様の手作り結婚指輪

この度は遠方よりのご来店誠にありがとうございました!

ハンドモーターで凸凹模様を自作した結婚指輪

2023-04-28 15:46:46  | NoComment
                   

お隣の兵庫県からご来店頂いたお客様のご紹介です。

大阪工房で結婚指輪を手作りして頂きました。

今回ご来店頂いたお客様は雰囲気カジュアルなお洒落なお二人でした。

デザインを決める際に沢山の指輪見本を見て頂き、カジュアルなデザインを中心に選別していきました。男女では好みが違うのでいろいろ相談して彼の希望で表面を自作でランダムな凸凹が入ったデザインに決定です!

彼の雰囲気にぴったりの結婚指輪の手作り開始です!

ワックスの切り出し

兵庫県から手作り結婚指輪のお客様

基本の形はストレート型。

作る指輪の幅に合わせてノコギリでワックスを切り出します。

メンズは彼の手の大きさに似合うように指輪幅は3mmと太目で作ります。

レディスは華奢な彼女の手の大きさに似合う指輪幅で、細目の2mmで切り出して頂きました。

ノコギリで切る際に目安線を引きますがおおよその人が真っすぐは切れずに断面がガタガタになることが多いです。

木を切るのとは違ってワックスは柔らかいので、真っすぐ切るにはそれなりのコツが必要ですが、ガタガタになっても大丈夫です。

ワックスが柔らかいがゆえに切った断面はヤスリで簡単に真っすぐ整えることが出来るので安心してください!

ワックスを切り出したのちに行う作業は以下の通りです。

①断面をヤスリで削る

②内側をリーマーで削りサイズ合わせ

③余分な外側の厚みを削る

ここまでの作業でシンプルな甲丸リングなどであれば指輪原型の完成です!

表面の模様を自作する

今回のお客様のデザインは表面に凸凹模様を入れてピカピカには磨かないカジュアルなデザインに仕上げます。

そのため、シンプルなストレート型の甲丸リングが出来上がればハンドモーターを使って表面に模様を入れます。

ハンドモーターで指輪に模様を入れる彼

彼が一生懸命に模様を入れる作業をしてるところです。

ここで注意しなければいけないのは、ハンドモーターを強く押し付けない事です!

ハンドモーターを強く押し付けてしまうと柔らかいワックスは歪んで折れてしまいます。

ハンドモーターの先には回転するヤスリのような治具がついており、押さえつけなくても充てるだけで自然に削れて行きます。練習など必要の無い作業ですが、自身の無い方は少し練習すれば簡単に出来るようになるでしょう。

ハンドモーターとは

ここでハンドモーターについて少し説明いたします。

ハンドモーターの治具

先はチャックになっており、いろいろな治具を取り付けて使います。

スイッチを入れると先の治具が回転し、治具によって穴をあけたり削ったりすることができる工具です。鉛筆を持つように手でもって使い、歯医者さんが歯の治療に使うハンドモーターとよく似た工具です。

先にドリルをつけると、ドリルの直径によって大きさの違う穴をあけることができます。

研磨治具をつけると金属を磨いてピカピカに仕上げることができます。

ワックス表面の模様はダイヤモンドバーという治具を使って模様を入れました。ダイヤモンドバーとは細かい人口ダイヤモンドの粒子が先端についており、対象物を削ったりする作業に使用します。

ダイヤモンドバーにもいろいろな形状があり、今回のデザインのような場合は写真のようなボール状のダイヤモンドバーを取り付けて模様を入れます。

凸凹表面の結婚指輪原形の完成

凸凹表面の手作り結婚指輪ワックス原型

ダイヤモンドバーを使用し、ハンドモーターでワックスの表面にランダムな凸凹模様を入れたワックス原型が完成しました!写真を見ると小さな丸いランダムな凸凹がついているのがわかると思います。

削り方によって細い凸凹、荒い凸凹と使う人によって模様が違うので、その人の好みに合わせて凸凹具合を調節すればよいでしょう。

結婚指輪のワックス原型が完成

手作り結婚指輪の完成

プラチナで鋳造後、きれいに研磨して結婚指輪に仕上がりました。

レディスには女性らしさを出したいということでダイヤモンドを1個埋め込んでいます。

幅は2mmと細く作っていますので、表面はカジュアルなデザインですが指輪が細いと可愛らしく見えます。

自作で凸凹模様を入れた結婚指輪

この度は、ジュエリークラフトMAKI大阪工房にて結婚指輪の手作りご来店ありがとうございました!

大阪じゃーなるのインフルエンサーSHIHOさんが来店。手作り指輪製作を体験

2023-04-18 11:28:58  | NoComment
                   

ジュエリークラフトMAKIは創業50年以上の老舗で予てよりフルオーダーメイドのジュエリー製作、手作り結婚指輪の製作を手掛けてまいりました。

そのためいろいろなメディアで紹介されており、地上波TV放送でも紹介されたこともあるお店です。

今回は「大阪じゃーなる」という大阪の情報発信をしているポータルサイトの取材をしていただくことになりました。

インフルエンサー兼ライターのSHIHOさんに実際に手作り指輪の製作体験をしていただきました。

彫金で手作り指輪製作

指輪の製作方法は彫金で行っていただきました。彫金製作の場合は製作当日に完成させることが出来るので、製作開始から完成までその日にすべての工程を体験できます。

大阪じゃーなるSHIHOさんが指輪を丸める

まずは用意したプラチナ棒を曲げて指輪の形に丸めていく作業です。女の子でも簡単に金属を曲げることが出来る特殊な道具を使って作業をしていただきます。

この道具を使えば曲げた金属の端っこ同士をぴったりと合わせることができ、互い違いに合わさるようなことがありません。初心者の方でも簡単に作業できるので当工房では必須のアイテムです。

指輪の形に丸めることが出来たら溶接し、芯金棒とうテーパーのついた金属の棒に指輪を差し込んで形を真円に整えます。

大阪じゃーなるSHIHOさんが指輪を叩いて整形

指輪の素材はプラチナ950ですが、溶接時になます処理をしているので叩けば簡単にゆがみを直すことが出来、真円になります。木槌を使って叩くので強めに叩いても指輪の表面がつぶれるようなことはないので思い切ってトントン叩きましょう。

指輪がまん丸になったら今度はヤスリを使って表面を削り、凸凹した面を平らにしていきます。

大阪じゃーなるSHIHOさんが指輪の表面を削る

ヤスリ作業を行ったことが無い人がほとんどだと思うので、最初は慣れない手つきでしたが、作業していくうちにだんだん慣れてきて上手に出来るようになりました。

このヤスリ作業はとても大事な工程で、ヤスリでしっかりと段差などを平らにしておかないと研磨しても段差が残ってしまいます。

当工房では、お客様にヤスリ作業をしていただいたあとで、職人が仕上げのヤスリ作業をしますのでヤスリがけの足りない部分があってもきれいに仕上げることができますのでご安心ください。

ヤスリがけが終わればハンドモーターを使って表面をピカピカに磨きます。

ハンドモーターの作業は少し手が汚れてしまうのでゴム手袋を着用してもらってお客様に研磨してもらっています。

ここでも最後は職人が仕上げの研磨をしますので指輪はピカピカに仕上がります!

指輪がピカピカに仕上がったら最終工程の文字入れです。

SHIHOさんにも内側の文字彫刻に挑戦して頂きました。

大阪じゃーなるSHIHOさんが指輪の内側に彫刻する

文字彫刻も手作業で行う彫刻で、一文字一文字を丁寧に彫刻していきます。

ここで失敗は厳禁です!文字入れを失敗して余分な部分に傷をつけてしまうと消すことが出来ないので練習用の指輪に彫刻をしてもらってから本番の指輪に彫刻していただきます。

手作り指輪完成

大阪じゃーなるSHIHOさんの手作り指輪完成

文字彫刻が無事終われば手作り指輪の完成です!

今回は中指用の指輪をプラチナで手作りして頂きました。

とても満足して頂いた様子で安心いたしました。

SHIHOさんは現役大学生でとても可愛らしい女の子ですが、そんな彼女でも彫金で指輪を作ることが出来ました。

彫金で作る手作り指輪はデザインがストレート型で幅の広さも1.5mm、2.0mm、2.5mmの3種類に限定されますが、自分で完成まで作業の全てを行うので実際に自分で作ったという実感が湧き、大事に出来る指輪になります。

ぜひ結婚指輪の購入を検討中の方は、ジュエリークラフトMAKIで指輪を手作りしてみてはいかがでしょうか。

大阪じゃーなる公式サイトはこちら
https://osakakita-journal.com/

ミル打ちと溝ラインでもペアデザインの成立する結婚指輪を手作りした大阪のお客様

2023-03-01 18:22:31  | NoComment
                   

一昔前の結婚指輪のデザインと言えば男物と女物は全く同じデザインのサイズ違いを購入するのが一般的な結婚指輪でした。

指輪の形も一直線の真っすぐなデザインがほとんどでしたが、現在ではデザインも多様化し、歪んでる形や指輪自体がまん丸ではなく、四角や三角の形が登場しています。

また、男物と女物で幅が違う、ダイヤの有無、素材違いなど少しデザインを違えてペアとしている結婚指輪が多くなっています。

今回ご紹介の大阪のお客様が手作りした結婚指輪も真っすぐな形という部分は同じですが、幅や表面の加工を違えたデザインですが、ペアの結婚指輪として製作して頂きました。

ワックスを使って結婚指輪の手作り

指輪の製作方法はワックスで作っていただきました。

指輪ワックスの断面をヤスリで削る作業

男物は幅が2.5mm、女物は幅が2.0mmの細身です。相手の指輪を作りあいっこしていただいたので彼女が彼の2.5mmの指輪を作ります。チューブ状のワックスから2.5mmを切り出して断面をきれいにヤスリで整えています。

結婚指輪を手作りで来店するお客様のほとんどが相手様の指輪を作る作りあいっこで製作していただくことが多いです。

この場合、女性物の指輪の方がサイズが小さく細身の事が多いので、男性が作る指輪は比較的ワックスを削る量が少なくて簡単です。女性が男性物を作る場合はサイズが大きく幅も広いことが多いので自分の指輪を作るよりも手間がかかることが多いですが、皆様頑張って作業して頂いています。

ワックスのサイズ合わせはコツが必要

真っすぐな指輪の場合は歪んでいる形を作るよりも簡単ですが、比較的苦労しているのが指輪のサイズ合わせの作業です。

指輪の内側を削ってサイズを合わせる作業

ワックスには最初から穴が空いており、その穴の部分を削って自分たちのサイズに広げます。穴を削るにはリーマーという道具を穴に差し込んでぐるぐる回して内側を削って大きくします。この内側を削る作業は力の入れ具合に少しコツが必要で、無理やり回すと内側がガタガタになります。また、引っ掛かってうまく回せない場合があります。

上手に削るコツは、リーマーを深く差し込みすぎ無いようにし、空回りさせるような感じで少しづつ削るのが良いようです。少しづつしか削れて行かないので時間はかかりますが、内側の削った面がきれいに仕上がります。

男性物の場合はサイズが大きく削る部分も多いので長く時間がかかります。ですが、今回ご紹介のお客様の場合は男性物のサイズが12号と小さなサイズでしたので女性でも楽に削れたようです。

サイズ合わせが出来れば、表面の余分なワックスを削って適切な厚みにし、表面の凸凹を無くすようにきれいに仕上げれば完成です。

結婚指輪ワックス原型の完成

大阪のカップルが手作りした結婚指輪原型

女性物は表面に丸みのある甲丸型に仕上げて完成です。女性物のデザインは表面にミル打ちを入れるご希望ですが、ミル打ちはプラチナに鋳造して仕上げる段階で当店で施す加工なのでシンプルな甲丸型の原型が出来れば女性物の指輪の原型は完成となります。

男性物は平打ち側に表面を仕上げて、中央部分に全周に渡って溝を入れるデザインです。指輪の中央に溝を入れる作業は、当店で作ったオリジナルの道具を使って溝を彫っていただきます。この道具を使えば初心者の人でも簡単に中央部分に正確に溝を彫っていくことが出来ます。

写真では溝が入ってる様子がわかりにくいですが、これで男女共の結婚指輪の原型が完成しました。

プラチナ鋳造を経て手作り結婚指輪の完成

ワックスコースによる結婚指輪の手作りは、当日出来上がるのが原型だけなので貴金属に仕上がったものが想像しにくく、きれいになるのか不安になる方がいらっしゃいます。ですが、事前に沢山の指輪見本をご覧いただいて出来上がりがイメージできるので安心して完成をお待ちください。

ミル打ちと溝ラインでデザインをそろえた手作り結婚指輪

完成した手作り結婚指輪がこちらですが、ピカピカに磨いて美しく仕上がっております。

女性物は中央にミル打ちを全周に施し、トップ部分に可愛らしくダイヤモンドを1個埋め込んでいます。

エレガントかつ、可愛らしく仕上がって大変喜んで頂けました。

男性物はフラットな平打ち型の表面の中央に溝のラインを全周に入れて女性物とのデザインの統一感を出しています。ミル打ちを入れたデザインは男性によっては可愛らしくなりすぎて好みではないという方がいらっしゃいます。そんな場合、今回完成した指輪のようにミル打ちの代わりにラインを入れるなどしてデザインの統一性を出すというのはいかがでしょうか?

この度は大阪工房での結婚指輪の手作りご来店ありがとうございました!

ミル打ちと溝ラインでデザインをそろえた手作り結婚指輪

手作り結婚指輪のワックス製作は表面に模様を彫れます

2023-01-25 11:24:01  | NoComment
                   

結婚指輪を手作りする方法は当店では2つ用意されています。

一つはプラチナやゴールドの金属を直接丸めて指輪に仕上げる彫金製作と、ワックスで原型を作り鋳造して結婚指輪に仕上げるワックス製作です。

ワックスで原型を作るワックスコースの場合は自由な形やデザインを作ることが出来、柔らかい素材なので指輪の表面に模様をつけたりすることが出来ます。

今回ご紹介のお客様は指輪の表面にお二人のイニシャルを彫っていただきました。

ただイニシャルを彫るのではなく、二つの指輪を合わせたときにだけイニシャルが浮かび上がるという完全にこのペアじゃないとデザインが成立しないデザインです。

合わせると模様が浮かび上がるデザインの場合は、指輪サイズによって全周の長さが違うため既製品では作ることが出来ず、オーダーメイドか手作りによる一品物の製作に限り作ることが可能です。

そのため、完成した結婚指輪は世界で2人だけのオリジナル結婚指輪になります。

ワックスを使って指輪作りの開始

指輪の表面に模様を入れる場合はワックスでの原型作りでの指輪製作になるのでワックスで製作して頂きました。

ワックスを切り出す作業

指輪表面に自作で模様を入れる場合は初心者でも模様が入れやすいように幅は広めの指輪にしていただきました。お二人ともサイズが大きくて幅も広いデザインなので指輪の金額は高くなってしまいますが、高くなっても良いとの了承を得ての製作です。

ワックス切り出し

イニシャルがはっきり浮かぶように幅は3mm程度で作ります。ストレートのデザインでなければぴったり模様を合わせることが出来ないのでストレート型の3mm幅でワックスを切り出します。

ノコギリを使ってワックスを切断しますが、女性はノコギリを使ったことが無いというお客様が多いです。ですが、木や鉄など硬いものを切断するのではなく柔らかいワックスなのでスムーズに切ることが出来ます。柔らかいので歪んで切れてしまいがちですが慎重に作業します。

ワックスを切るとどうしても断面がガタガタになりがちですが、ヤスリを削って平らにします。と同時に幅も3mmになるように削ります。

指輪のサイズ合わせ

ワックスの幅が3mmまで削れれば今度は指輪のサイズを合わせます。

指輪サイズを合わせる作業

指輪ワックスの穴を広げてサイズを合わせるので指輪サイズも自由に合わせることが出来ます。ぴったりの整数サイズだけでなく、0.5刻み、0.25刻みなど細かく調整できるのも手作りで指輪を作る魅力です。

特に薬指の第二関節が太く根元が細いタイプの指の人は第二関節ぴったりに合わせる必要があります。少しでもサイズが大きいと関節からすぐに抜けてしまい、また、少し小さいと関節の骨にあたって指輪が入らないといったことになります。細かいサイズ調整が出来るのはこのような関節の骨の太い人にとっては特に有利な方法です。

指輪の表面に自作で模様を彫る

サイズ合わせが出来たら余分な厚みをヤスリで削って表面を少し丸みのある甲丸型に仕上げます。

ここまでシンプルな甲丸型の原型が完成です。

今回のお客様のデザインはここからが重要な加工工程になります!

ワックスにイニシャルを自作で彫る作業

指輪の表面にイニシャルを手作業で彫っていきます。指輪を合わせるとイニシャルが浮かぶように彫るので、指輪を重ねてマジックで下書きをし、下書きの通りに溝を彫りこんでいく作業です。

この溝を彫る作業はハンドモーターの先にドリルのような治具を付けて彫ります。

下書きの通りにドリルの先を動かせば簡単に彫ることが出来るのですが、手元がくるって下書き以外の場所にあたってしまうと余計な溝が彫れてしまいます。また、真っすぐ滑らかな溝を彫るのはなかなか難しいものです。

ですので、いきなり本番の指輪には彫らず、不要なワックスに溝を彫る練習をしてから本番に臨んでもらうようにしてもらっています。

充分に練習をして大丈夫だと思う自分たちのタイミングで本番作業開始です!

細かい作業なので必要であれば拡大鏡を使います。拡大鏡は大きな単体のレンズなので人によっては逆に見にくくなってしまうため自分に合った方法で作業します。

イニシャルの浮かぶ手作り結婚指輪の完成!

イニシャルを彫れば手作り結婚指輪ワックス原型の完成です。

イニシャルが浮かぶ手作り結婚指輪原型

この原型をお預かりして当店の工房でプラチナ鋳造して結婚指輪に仕上げます。

プラチナできれいに磨いて完成した結婚指輪がこちらです。

合せるとイニシャルが浮かぶ手作り結婚指輪

二つの指輪を合わせると見事にお二人のイニシャルが浮かびました!

今回のお客様の場合、指サイズも良く似たサイズだったので表面外周の長さも良く似ておりぴったりとイニシャルが浮かぶように出来上がりました。

完成した指輪を見ていただくとメンズの方だけ内側が青い色をしています。彼の希望で指輪の内側のみブルーのコーティングを施しています。

このブルーのコーティングはメッキなので指輪表面に施した場合は傷や擦れなどによって剥がれてきてしまいます。そのためコーティングは堅いものにあたりにくい内側に施すようにさせていただいています。

内側をブルーコートした手作り結婚指輪

コーティングは内側のみなので普段指に着けているときは見えませんが、外すと青い部分が見えてオシャレです。

自分たちで手作りした結婚指輪なので愛着もあり、一生大事に出来る二人だけのオリジナル結婚指輪になります。

男性でもOK!花びら形の手作り結婚指輪

2023-01-12 22:56:12  | NoComment
                   

ワックスを使って結婚指輪を手作りして頂いたお二人のご紹介ですが、先に結婚指輪を手作りするためのワックスの種類を少しご紹介したいと思います。

結婚指輪に使うワックスの種類

結婚指輪の原型を作るためのワックスは一般に良く使われている種類が3種類あります。

ワックスの色が青、紫、緑で色分けされており、それぞれの硬さが違います。

柔らかい順に青>紫>緑で、緑が一番硬さのあるワックスです。

なぜこのように硬さの違いがあるのかというと、製作する原型によって使い分けます。

青ワックス

青のワックスは一番柔らかく切ったり削ったりするのが一番簡単です。ヤスリで削った跡もペーパーヤスリや布などで磨いていくと簡単につるつるにすることが出来ます。

柔らかいので一番扱いが簡単なのですが、その分角を出すとかエッジを立てるといったことが難しくなります。角のあるデザインを作れたとしても指で擦るだけで簡単に角がダレて丸くなってしまいます。

そのため、角や尖った部分の無いデザインのジュエリーを作るのに使用します。

紫ワックス

青ワックスと緑ワックスの中間の硬さのワックスです。青ワックスに比べて硬さがあるのである程度エッジの聞いたデザインの製作に向いています。ある程度細かいデザインの製作が可能なのでプロの職人さんが一番使っているワックスでしょう。

緑ワックス

一番硬いワックスです。尖った部分やエッジをビシッと出すことが出来ます。そのため細かい模様やパーツを作ることが出来るので小さな部品のようなものも作れます。

ただし、固い分切ったり削ったりするのに少し時間がかかります。また、固いので少し力が加わると折れたり割れたりするので扱いはかなり慎重に行う必要があります。

初心者向きのワックスは青

用途によって使い分けするワックスですが、初心者の方が作業しやすいのが青ワックスです。切削も簡単で作業も早いので初心者が一番扱いやすいワックスでしょう。エッジを出しにくいという特徴がありますが、結婚指輪やペアリングでは尖った部分やシャープなエッジのデザインは必要なく青ワックスで充分作ることが出来ます。

MAKI工房でも大阪・徳島ともに青ワックスでお客様に結婚指輪を手作りして頂いております。

花びら型の結婚指輪原型作りの開始

前述したようにご来店のお2人には青ワックスを使って作業をしていただきました。

このページのタイトルにあるように花びら型の結婚指輪を作っていただきます。完成した指輪は最後にご紹介しようと思いますが、指輪の形はストレート型のデザインです。

ワックスの切り出し

ワックスを切り出す彼女

指輪幅は2mmに決定で、チューブ状の青ワックスから2mm幅でワックスを切り出します。切り取るための目安線を2mm幅でワックスに罫書き、その罫書き線を目安にノコギリでワックスを切っていきます。

ワックスの特徴を説明したように青ワックスは柔らかく簡単に切ることが出来ます。気を付けないといけないところは柔らかいゆえに歪んで切れてしまいやすいので真っすぐ切るのに少しコツがいる程度でしょうか。ですが、断面がガタガタに切れてしまっても断面は簡単にヤスリで削ることが出来るのでそれほど気にしなくても大丈夫です。

ワックスのサイズ合わせ

指輪のサイズ合わせをする彼女

断面をきれいにヤスリで削って2mm幅にし、ドーナツ状になったワックスの穴を広げて自分たちの指サイズになるようにしていきます。

この穴を広げる作業は力を入れて無理に削ると内側の面がガタガタになってしまうのでゆっくり力を入れずに削っていただきます。サイズの穴は大きくなりすぎると修正がきかないのでサイズ合わせは特に慎重に行います。

表面の模様を削る

結婚指輪を手作りする彼

サイズ合わせが出来上がると表面を削って適正な指輪厚みにします。

厚みを削って表面をある程度仕上げたあと、最後に一番重要な花びら型に削る作業です。

まず完成した花びら型の結婚指輪原型をご覧ください。

花びら型の手作り結婚指輪原型

シンプルなストレート型のワックスに5か所の切れ込みが入っているのがわかるでしょうか。

指輪の表面から側面にかけての角を三角ヤスリで削って切れ込みを入れています。マジックで下書きを入れているようにこの切れ込みを広げるように削れば花びら型の結婚指輪原型になります。

この切れ込みを入れる作業は細かい作業なので慎重に。

写真で言うと指輪の幅真ん中に向かって上下から切れ込みが入っていますが、ずれの無いように削らなければいけません。また、力を入れて押さえて削ろうとすると柔らかいワックスなので折れてしまうことがあります。ただし、折れても熱で溶かしてくっ付けることが出来るので失敗してもやり直しが出来るので落ち着いて作業しましょう。

折れたりしても修正が出来るのがこのワックスでの手作りが初心者の方に向いている大きな理由でもあります。

花びら型の結婚指輪が完成

ワックスの切れ込みを滑らかに広げてプラチナ鋳造して完成した結婚指輪です。

側面が花びら型の手作り結婚指輪

写真を見ていただくと滑らかに広がって、指輪の側面が5枚の花びらの形になっています。MAKI工房では別のデザインで5枚の花びら型の結婚指輪がありますが、そのデザインに比べると側面のみ花びら型に見えるデザインなのでよく見ないと花びらになっているのがわかりにくいデザインです。

このよく見ないとわからないというのがミソで、男性が身に着けても可愛らしすぎないというデザインになります。

しかも指輪の表面部分が平打ち型でシャープなイメージも兼ね備わったデザインなので都会的でクールな印象を与え、男性でもかっこよく付けられる結婚指輪です!

花びら型の手作り結婚指輪

指に着けると側面が花びら型になっているとは見えず、無限大の形が表面全周に繋がったようなデザインです。

男性にも人気があり、大阪工房と徳島店ともにこのデザインを手作りするお客様は多く、アレンジしてダイヤモンドを埋め込んだり、一部つや消しにするなどして自分たち独自のデザインにすることが出来るので本当におすすめのデザインです。

気になる方は是非ご相談ください!

自作で猫のモチーフを彫った手作り結婚指輪

2023-01-10 17:55:19  | NoComment
                   

ワックスを使って結婚指輪の原型を手作りしたカップル様のご紹介です。

ワックスを使った方法の場合は自由に好きなデザインの結婚指輪を作ることが出来ます。ただし、初心者のお二人が手作業で作るので、あまり複雑で細かい模様のデザインを手作りするのは難しいと思いますが今回のお二人は、細かいデザインの指輪作りに挑戦して頂きました。

先に完成した結婚指輪をご覧いただきます。

自作で猫のモチーフを彫った手作り結婚指輪

指輪の形は基本的にストレート型なので難しいものではありませんが、表面に細かいデザインが施されています。この模様をお客様自身で彫って作ったものなので手作り感のある模様になっていますが、女性物はプロが模様を彫ったように上手に出来上がっています。

ワックスに模様を彫る

指輪ワックスに無限大の模様を入れる彼

ワックスの表面に模様を彫る方法はいろいろありますが、今回のモチーフの場合はハンドモーターを使って作業して頂きました。

ハンドモーターの先にはいろいろな治具を取り付けることが出来、用途によって使い分けます。先の治具が回転するので、削る、磨く、のような作業に適しています。

メンズは無限大の模様

メンズのモチーフは無限大の模様が全周に繋がるように入ったデザインで、まず、マジックで指輪ワックスの表面に下書きをします。

その下書きをなぞるように表面に模様を彫っていきます。ハンドモーターの先につける治具は先が細くとがったヤスリのような治具を付けて削ります。基本的に下書きをなぞれば勝手に模様が彫れるので慎重に下書きからずれないように彫ります。彫った溝が滑らかなラインになるのが理想ですが、手作業なので多少はいびつになってしまいます。ですが、手作り感のある模様で温かみがあるイメージにもなります。手作りならでわの良い部分ととらえて作業して頂きました。

レディスは可愛らしい猫の顔の模様

指輪ワックスに猫を彫る彼女

レディスに入れるモチーフは彼女の強い希望で猫の顔を彫りました。指輪の幅は細い方が良かったのですが、幅が細いと模様が細かくなり入れることが出来ません。そのため、トップの模様が入れられる部分は広く、それ以外の指輪幅は細く絞った形にしていただきました。

猫の顔の部分はまん丸い形なのでボール型の治具をハンドモーターに取り付けてワックスの表面に押し付けると簡単に丸い模様を入れられます。難しいのは猫のヒゲと耳です。

ひげは細く真っすぐにラインを引くだけですが細かいので慎重に彫っていただき、特に耳は三角形の形になるように彫る必要があります。

どのようにハンドモーターを充てれば耳の三角形がきれいに彫れるのか事前に練習をしていただき本番に臨んでいただきました。

その甲斐もあってものすごくきれいに猫の顔が彫れました!

おおよその場合、お客様が作っていただいたモチーフはプロの職人が後ほど仕上げをして模様などを整えさせていただいておりますが、今回のお客様が手作りした猫はプロの職人顔負けの仕上がりでしたので職人が手を加えておりません。完璧に出来上がっていたので素晴らしい出来です。

猫と無限大模様の結婚指輪原型の完成

お二人ともにかなり練習をして頂きながら指輪の製作をしていただいたので少し時間はかかりましたが結婚指輪の原型が完成いたしました!

それでも、作業開始から原型の完成までは約2時間強で完成です。

結婚指輪の原型を手作りしたカップル

自分たちで彫った模様なのでとても思い入れのあるデザインになり、完成までの期間はとても楽しみに待っていただけたようです。

当店でプラチナ鋳造して完成したお二人の結婚指輪をあらためてご覧いただきます!

自作で猫のモチーフを彫った手作り結婚指輪

とても猫好きの二人の結婚指輪だという事が一目でわかります。レディスの猫の顔のすぐ横には黄色い色のイエローダイヤモンドを埋め込んで華やかさも増し、明るい雰囲気のほのぼのとして結婚指輪の完成です!

ワックスを使った結婚指輪の手作りは、お二人が作れさえすれば自由なデザインを作ることが出来、こだわりの世界で2人だけの結婚指輪が作れます。

結婚指輪のデザインにこだわりのあるお客様は特にワックスでの結婚指輪手作りを是非ご検討ください。

大阪で手作り出来るカラーコートの結婚指輪

2022-11-02 11:10:03  | NoComment
                   

大阪市内のお近くにお住いのお客様に来店していただきました。

2人で作る結婚指輪

お二人の希望はカラーコートを入れたデザインの結婚指輪で内側にコーティングするだけでなく表面にもカラーが見えるデザインを手作りしたいとのことでした。

ベースになる指輪の形はストレート型のデザインでしたのでベースの形を作るのは通常の原型造りと同じでそれほど難しい作業ではありません。

希望の指輪幅をノコギリを使って切り取るのですが、初めて作業するお客様のほとんどが切ってるうちに曲がって切れてしまい切った断面が凸凹になってしまいます。

今回のお客様は器用に上手に切れたようで多少は曲がっておりましたがきれいに切れた方でした!

ワックスを上手に切るコツは力を抜いてワックスを押さえずにノコギリを大きくストロークして切るということです。ノコギリの歯は荒くワックスは柔らかいのでストロークするだけで勝手に切れていきます。力を入れすぎると逆に曲がってキレてしまうようです。

切り取ったワックスの断面を削る

でも、ワックスを切った断面が凸凹曲がって切れてしまってもご安心ください。断面をヤスリで削れば簡単にフラットに整えることが出来ます。おろし金で大根を削るような方法なので誰でも簡単に削ることが出来ます。要所要所の仕上げは当店の職人が行いながら作業しますので上手にできなくても大丈夫です!

指輪の幅が希望通りになれば内側を削ってサイズを合わせ、余分な外側の厚みを削ればシンプルな甲丸型の指輪の形は完成します。

ここまでの所要時間は約1時間~1時間半でほとんどの人が作れています。ワックスは柔らかいので女性でも簡単に作業することが出来るのでお勧めの結婚指輪手作り方法です。

結婚指輪の原型の表面に模様を入れる彼

今回のお客様のデザインは指輪の表面に十字架のような溝のラインを入れます。

まず、指輪の全周に渡って中央に溝を入れます。特殊な道具を使って溝を彫っていきます。この作業は細かい作業なので慎重に行います。指輪表面に傷がついてしまわないように気を使いながら作業していただきました。万が一傷がついてもワックスは修正出来るので安心です。

当店で作ったオリジナルの治具を使って溝を彫るので初心者の人でも簡単に彫れるようになっています。また、ある程度彫った後で当店の職人が仕上げで溝をきれいに整えるのでお任せください。

大阪のカップルが手作りした結婚指輪原型

ストレート型の指輪のベースの製作に約1時間、溝を彫るのに約20分程度とトータルで約1時間半ほどで結婚指輪の原型が完成しました。

ワックスの手作りなら自分たちの好きなデザインが製作でき簡単にオリジナル結婚指輪の原型が完成します。完成した原型は当店でプラチナ鋳造を経て結婚指輪に仕上げます。

レディスはピンクカラー、メンズはブルーカラーのコーティングを施して手作り結婚指輪の完成です。大阪という土地柄かオリジナルにこだわる方が多く来店し、なかでも人目を惹くカラーコーティング加工は大阪工房では人気のデザインになっています。

カラーコーティングはメッキなので指輪の場合、表面に施すと身に着けていて固いものにあたると擦れなどによって擦れた部分が剥がれてきてしまいますが、今回のお客様の様に溝の中のメッキであれば表面よりも凹んだ部分にメッキされているので擦れにくく剝がれにくい物になります。

ですが、金属の表面にコーティングしているので絶対に剝げないというものではなく保証の出来ない加工にはなりますがご了承くださいませ。メッキという意味を理解していた出したうえでも人気の加工になっています。

ブルーとピンクの十字架手作り結婚指輪

手作り結婚指輪.com|ジュエリークラフトMAKI大阪工房のアクセスは以下の通りです。

〒530-0047
大阪市北区西天満4丁目15-18
プラザ梅新6F617号室
電話: 080-2980-7066
営業時間: 13:00~19:00

ご興味のある方は是非一度、ご相談だけでも構いませんのでお問合せ下さいませ。

女性物ダイヤに合わせた男性物結婚指輪デザイン

2022-10-20 13:39:53  | NoComment
                   

結婚指輪の女性物リングにはダイヤモンドを埋め込むのが一般的に多くなっていますが、男性物の結婚指輪にもダイヤモンドを埋め込みたいという希望をよく聞くようになりました。

ですが、まだ大多数の男性は自分の指輪にはダイヤモンドなど宝石類は必要ないという方が多いです。

女性物にダイヤが入り、男性物にはダイヤを入れない場合デザインの面で多少の違いが出てきます。女性物にダイヤを1個埋め込んだ場合だとデザインにそれほど違いはありませんが、複数個のダイヤを入れた場合はダイヤが入った部分そのものがデザインの一部になり、男性物とはデザインが違ったようになってしまう場合があります。女性物にダイヤを入れた場合のデザイン統一性を出す方法で結婚指輪を手作りで製作したお客様をご紹介します。

大阪工房にご来店いただきました。大阪市内のご近所にお住いのお客様です。

結婚指輪を手作りする大阪のカップル

とても仲の良いお二人で一生懸命に結婚指輪を手作りして頂きました。

彼女の作業を常に気にされていた彼が難しい部分をサポートしてあげて彼の優しさが感じるシーンが多々ありとても幸せそうなお2人です。

完成した結婚指輪のデザインがこちらです!

斜めダイヤを留めた手作り結婚指輪

形はストレート型のプラチナデザインですが、女性物はシンプルな甲丸リングにダイヤモンドを3個斜めに留めた上品で女性らしいデザインです。

男性物のデザインを工夫してペア統一感を出しています。女性物の斜めに留めたダイヤに合わせて表面に斜めのライン等のデザインを取り入れています。

表面を甲丸型にせず、らせん状のくぼみで斜めラインが浮かぶようにし、女性物のダイヤ部分デザインに合わせてつや消しにしています。

これでストレート型、斜め模様というように統一感を出すことが実現しています。

結婚指輪の原型が完成した大阪のカップル

女性物はワックスでも彫金でも手作り可能なデザインでしたが、男性物のくぼんだ斜め模様はワックスでしか作れないデザインでしたのでワックスコースで結婚指輪の原型を作っていただきました。

ストレート型のワックス原型を作るのは非常に簡単で約1時間ほどで原型が完成します。鋳造してプラチナに仕上げるまでは1か月半ほどかかりますが、彫金で作れないデザインがワックスでは製作可能なのでデザインにこだわりがある場合は必要な期日までに余裕をもってご予約をお願いいたします。

ダイヤに合わせたデザインの手作り結婚指輪

大阪でワックスの結婚指輪手作りが増えてます

2022-04-23 17:31:35  | NoComment
                   

結婚指輪を手作りする方法は金属を使った鍛造製法かワックスを原型とする鋳造方法があり、大阪梅田のMAKI大阪工房でもどちらの製作方法も可能です。

鍛造では作れるデザインが限られてしまいますが納期が早く、急ぎのお客様には向いている方法です。

ワックス鋳造は作れるデザインはほぼ無限にありますが、納期は約1ヵ月半ほどかかります。

鍛造で作れるデザインはワックス鋳造でも作れます。そのため、納期に拘らなければワックス鋳造の方が作れるデザインも多く、作業も簡単なので初心者のお客様でも短時間で結婚指輪作りが出来ます。

ワックスで結婚指輪を手作りする二人

結婚指輪にも流行がある

洋服と同じく結婚指輪も身に着けるアイテムです。結婚の証としての大切な意味のある指輪ですが、ファッションの一部でもあります。

そんな結婚指輪にも洋服と同じでデザインの流行のようなものがあります。結婚指輪のデザインがどのような経緯で移り変わってきたのか見てみましょう。

カットリング時代

カットリング結婚指輪

30年ほど前の1990年代はカットリングと言われるパイプをカットしただけのような真っ直ぐなシンプルな形で表面にはプレスされたような幾何学的な模様が入っている程度でした。この時期では流行というより、ほとんどがこのような既製品しかなかったので流行とは言えないかもしれません。

歪んだデザイン時代

S字型ダイヤ結婚指輪

20年ほど前の2000年代ではワックスで原型を作り、鋳造によって指輪やペンダントなどが作れるようになってきて、結婚指輪もワックス鋳造製法によってシンプルな真っ直ぐなデザイン以外にV字型やS字型の歪んでいるデザインを製造メーカーがブランドを立ち上げるなどして店頭に並ぶようになりました。

これまで幾何学模様が入った程度の結婚指輪しかなかったのでS字型やV字型が珍しく歪んでいる形に人気が集まりました。

個性的オーダーメイド時代

ゾウのオーダーメイド結婚指輪

2004年頃からはワックスを使って色んなデザインが作れるようになったため、個性的なデザインの結婚指輪が店頭に並ぶようになりました。各結婚指輪のメーカーさんがこぞって他社には無いような個性的なデザインを作り、貴金属の価格も安価だっだので幅の広いデザインが流行してきました。

また、自分たちの個性や好みを指輪に取り入れた既製品ではなくフルオーダーメイドの結婚指輪が流行りました。

結婚指輪を自分で作る時代

お客様自身で手作りした結婚指輪

2010年を過ぎたころからワックスを使ってお客様自身に手作りしてもらう手作り結婚指輪が登場してきました。プロの職人が作るような繊細で細かいデザインの結婚指輪は作れませんが、シンプルでも自分自身の手で世界で一つの結婚指輪が作れるようになり、お店に頼むフルオーダーよりも手作り結婚指輪のお店も増えてきました。

ワックスを使うので真っ直ぐな形や歪んだ形が自分たちの好きなように作れるので、お客様自身の作れる範囲になりますが、幅は3mm程度の歪んでいる形が多く作られたようです。

細身の指輪が人気の時代

細身のミル打ち手作り結婚指輪

2015年ごろからゴールドの地金相場が高騰し結婚指輪の価格を抑えるために各結婚指輪の製造メーカーは細い指輪のラインナップが増えてきました。景気もそれほど良くなかったので細く軽く作って価格を抑えて消費者に購入しやすい価格にするためでした。

手作りで作る結婚指輪もワックスで作る方法以外に昔ながらの鍛冶屋のように金属をそのまま丸めて溶接して仕上げていく鍛造製法の手作り結婚指輪を作らせるお店が増えてきました。

ワックス鋳造の場合細い指輪だと強度が弱く歪みやすいため、強度のある鍛造で細い指輪を手作りしてもらおうという事です。幅が細くシンプルなストレート型の結婚指輪の人気が高まっていました。

ナチュラルな自然な風合いが人気の時代

ナチュラルな仕上げの手作り結婚指輪

2020年頃には直線的なクールなデザインよりも、丸みがあったり表面をワザと傷を付けたようなナチュラルなデザインが流行してきました。ゴールドを使って表面を凸凹にしたアンティークなデザインも人気になっていました。バブルのころの派手なゴールドではなく、イエローゴールドやピンクゴールドのつや消しなどの落ち着いた結婚指輪です。

メンズにもダイヤが入ったユニセックス時代

メンズもダイヤ入りのユニセックス手作り結婚指輪

2022年現在では鍛造で作るシンプルなデザインの流行が少し落ち着き、ワックスで手作りするお客様が増えてきました。また、特徴的なのは女性物にダイヤを入れることは普通でしたが、男性物にもダイヤモンドを入れたいというお客様が増えています。

ジェンダー平等で男女の区別なくステレオタイプな考えを無くしたユニセックスなデザインになってきました。昨今の男性は美意識が高くスキンケアをするなどファッションもダイヤの指輪でも似合う服装の人が増えてきたためでしょう。

大阪で手作りする結婚指輪の流行も変化

このように時代によってシンプルだったり、拘ったり、作り方なども変わってきています。特に流行に敏感な大阪のお客様は時代によって手にする結婚指輪にも変化しているようです。

2022年はまだ4月ですが、鍛造で作る場合は納期が早いというメリットよりも、ワックスで手作りした少し歪んだ柔らかいエレガントなデザインが流行るのではないでしょうか!

大阪で結婚指輪の手作りがペア10万円以下で完成!

2022-04-14 19:34:55  | NoComment
                   

コロナ渦の中で大阪工房へご来店で結婚指輪を手作りして頂きました!

京都からのご来店のお客様です。

結婚指輪の手作り方法は、金属をそのまま指輪に仕上げる「彫金コース」と、

ワックスを指輪の形に削って原型とし、鋳造によって仕上げる「ワックスコース」があります。

今回のお客様は「ワックスコース」で結婚指輪の原型を手作りして頂きました。

大阪で結婚指輪の手作り京都のお客様

自由な形が作れるワックスコース

ワックスで原型を作る場合は幅もサイズも自由自在に削って作っていただけます。

「彫金」の場合は幅が1.5mm、2.0mm、2.5mmから選んでいただけますが、1.5mmでは細すぎる。2.0mmより少し細い方が良いといったご希望にもかなった指輪が作れます。

今回の京都のお客様は厚みも1.6mm~1.7mm程度が良いとのことでしたのでワックスで希望の幅、厚みになるようにワックス製作です。

また、金属を溶接して磨いたりする作業はハードルが高いのでは?女性なので力が必要かも?ネイルをしていて荒っぽい作業が苦手。といった女性の方にはワックスでの指輪作りがおすすめです。

ワックスは柔らかく爪でもがりがりと削れる固さで手や洋服が汚れることはほとんどありません。また、作業も簡単でシンプルなストレート型の指輪であれば約1時間で原型が完成します。

デメリットとしては原型が完成してからプラチナ等の金属に仕上がるまでの期間が必要だということです。納期まで余裕のある方は作業の簡単な「ワックスコース」がおすすめです。

彫金とワックスの料金の違いはあるの?

指輪の価格の計算方法は「彫金」も「ワックス」も同じで完成した指輪の重さで決まります。

彫金の場合は金属でその日のうちに指輪が完成するので完成したその場で重さを測って価格を計算し指輪代金をお支払いいただきます。

ワックスの場合は来店時にはワックス原型しか出来上がりませんが、ワックスの重さを測り比重からプラチナやゴールドに仕上がった金額を計算で出すことが出来ます。そのため、完成するまでいくらになるのかわからないといったことはありません。

1ヵ月半ほど納期が必要ですが、完成時に指輪代金はお振込み頂いてご自宅まで無料でお送りしています。製作当日の1度の来店で大丈夫です。

京都のお客様が指輪の内側を削る

結婚指輪を出来るだけ安く作るコツ

彫金もワックスも指輪代金は重さで算出することを前述しましたが、単純に指輪の体積を小さくすれば安くなるということです。

幅を細くする

幅は特別太いデザインが好みということで無いなら幅が細くなることで指輪の体積が小さくなり軽くなり価格は安くなります。

昨今では幅2mm程度の指輪が主流の指輪幅で細い指輪がトレンドになっています。ただし、指輪サイズの大きい人は細いと指輪が似合わなかったりするので男性でサイズの大きな方は実際に指に着けてみて適正な指輪幅を選びましょう。細くても似合う男性であれば2mm程度の指輪幅がおすすめです。

適正な指輪サイズを選ぼう

結婚指輪のサイズの選定は思っているより難しく、自分が思っているよりも小さなサイズにしたほうが良いということが多いです。

シルバーやステンレスのペアリングでちょうどよいと思っていてもプラチナやゴールドは比重が重いためズレやすく、手を振るという動作でスポッと抜けてしまうことがあります。

指輪サイズが小さいほど軽くなり価格は安くなりますが、指に入らない。きつくて締まるといったサイズは適切なサイズとは言えません。

緩すぎるサイズではいつの間にか抜けて指輪が無くなったという事にもなりかねません。

指輪のサイズを測る際にはプロのスタッフにしっかりと測ってもらいましょう。

歪んでいるデザインよりストレート型が安い

S字型やV字型とストレート型とワックスの場合はいろいろな形を作ることが出来ますが、特にこだわりが無いのであればストレート型を選びましょう。

指輪サイズが同じでも歪んでいる形よりもストレート型のほうが体積が減り軽くなるので価格が安くなります。

平打ち型よりも甲丸型が安い

指輪の形をストレート型にした方が安くなるのと同様に表面の平らな平打ち型よりも甲丸型の方が体積が減り価格が安くなります。

また、角が無いので指なじみもよく邪魔にならないのでこだわりが無ければ甲丸型をお勧めします。

10万円以下で完成した結婚指輪

ここでご紹介の京都のお客様も前述した条件の範囲で手作りして頂き、ペア10万円以下のプラチナ結婚指輪が完成しました!

大阪で完成した京都のお客様結婚指輪原型

2022年2月にはロシアとウクライナの戦争の影響で様々なものが値上がりしています。結婚指輪の原材料として使用されるプラチナ、ゴールドもその一つで金属相場が高騰しています。

特にプラチナ結婚指輪に含有されるパラジウムが高騰しておりプラチナ、ゴールドよりもはるかに高値になっています。

既製品の結婚指輪の場合は製造工場、ジュエリー卸商社、小売り店といくつものマージンが発生するので原材料が高騰すれば値段に反映しなければ赤字になってしまいます。

手作り結婚指輪のお店はほとんどが自社工房などで製造しておりすべての工程を社内で行うため価格を据え置くことが可能です。そのため既製品よりも結婚指輪を手作りした方が安く手に入れることが出来るでしょう。

出来るだけ結婚指輪にかける費用を抑えたいというお客様はここで紹介した方法を参考に結婚指輪の手作りをご検討ください。

京都のお客様が手作りした結婚指輪

最後に今回ご紹介の京都のお客様がワックスを使って手作りした結婚指輪をご紹介します。

シンプルなストレート型で幅も細く、ここで紹介した条件の範囲に全ておさまりペア10万円以下で完成した結婚指輪です!

大阪で結婚指輪の手作りはWAXと鍛造どっちも人気

2022-03-09 14:19:21  | NoComment
                   

2021年の秋ごろより大阪工房、徳島店ともに鍛造で結婚指輪を手作り出来る「彫金コース」を新設しております。

それぞれのコースの特徴を簡単に説明いたします。

彫金コース

プラチナ、ゴールドの金属をそのまま使って指輪に仕上げます。

当日に完成し指輪はそのままお持ち帰り可能ですが、シンプルなデザインしか作れません。

WAXコース

WAXを削って指輪の原型を作り、鋳造によってプラチナ、ゴールドを流し込み結婚指輪に仕上げます。

原型は当日完成しますが、鋳造を経て貴金属に仕上げるまでの時間がかかります。

WAXで削り出せる形であればデザインは自由に好きな形を作ることが出来ます。

WAXによる結婚指輪の手作り

大阪工房へご来店でWAXで手作りした結婚指輪をご紹介します。

結婚指輪の原型をワックスで作る

今回のお客様はS字型の歪んだデザインが希望でしたので、WAXで結婚指輪を手作りして頂きました。

S字型のデザインの場合は歪み幅分のワックスを切り出して、不要な部分を削ってS字型に削り出します。ストレート型のデザインよりも削る部分が多いので少し時間はかかりますが、結婚指輪の原型は当日出来上がります。

指輪ワックスをS字型に削り出し

S字型に削り出す部分はマジック等でしるしを付けて、削る部分をわかりやすくしてヤスリで削っていきます。

使用するヤスリは細かい部分を削るために、小さなヤスリを使用しています。削り過ぎると指輪が細くなりすぎるので少しづつ削っていくのがコツです。

歪んだ形の原型製作はほとんどの場合約2時間程度で完成します。

結婚指輪の原型が完成

彼と彼女でお互いの原型を作りあいっこして頂きました。

完成したWAX原型は当店でお預かりしてプラチナ鋳造を経て結婚指輪に仕上げます。

手作りの予約申し込みはお早目に

指輪完成までの期間は約1ヵ月半ほどですが、繁忙期には2ヵ月以上かかる場合があるのでWAXの結婚指輪手作りをご検討の方はお早めにご予約ください。

真っ直ぐなシンプルなデザインがご希望で早く結婚指輪が必要な方はWAXではなく、鍛造による「彫金コース」をお勧めします。

どちらのコースも土、日、祝日は予約が埋まりやすいのでご予約申し込みは早めの依頼をお勧めします。

平日夕方以降のご予約も20時ごろからのスタートでもご予約を受けられますので平日のご予約も合わせてご検討ください。

ダイヤ埋め込み完成した結婚指輪

今回ご紹介したWAXコース製作の結婚指輪が完成しました!

完成した手作り結婚指輪大阪

幅が2mmほどの細身で緩やかにカーブした結婚指輪です。

女性物の指輪にはトップ部分に小さなダイヤモンドを3個ほど埋め込んでエレガントに可愛らしく仕上げています。

ダイヤモンドの埋め込みはオプション加工により当店で承り加工致します。

一般的な無色透明ダイヤモンドは1個¥4000から埋め込み出来ます。女性物に埋め込むことが多いですが、最近では男性物の結婚指輪にも埋め込みたいというお客様が増えてきているようです。

男性のファッションもユニセックスな装いをする人が増えており、ダイヤの付いた結婚指輪が似合うようになってきているようです。

八角形の結婚指輪を手作り製作した大阪のお客様

2022-02-16 10:02:55  | NoComment
                   

大阪のジュエリークラフトMAKIは電車での来店に便利な大阪駅から徒歩10分程度の場所にあります。

大阪駅近く、梅田といわれる場所に位置します。JR大阪駅、大阪メトロ御堂筋線、谷町線の梅田駅からは更に近く便利なのですが、梅田は道路や建物が複雑に入り組んでおり来店時に迷われる人が結構いらっしゃるようです。

迷った場合は電話で連絡いただければご案内いたしますのでよろしくお願いします。

今回紹介する結婚指輪は形が8角形になった変わった形の結婚指輪を手作りしていただいたのでご紹介いたします。

8角形の手作り結婚指輪

指の入る指輪の内側は丸い円の形になっていますが、表面の形は横から見ると8角形です。

お客様の希望で幾何学的な形の指輪を作りたいとご要望いただき手作りしていただきました。

この形はストレート型の指輪の表面を8角形に削るだけなので作るのは簡単そうに見えますが、意外と正確に8角形に削るのは難しく、上下左右の辺を平行に、かつ1辺の長さを同じにするのは大変です。

そのため1辺づつ仕上げるのではなく、周りから少しづつ削って側面から確認しながらワックスを削り出していきます。

ワックスの原型はこんな感じです。

8角形の手作り結婚指輪ワックス

上下左右の辺が少し平行ではないですが、ワックスは柔らかいので修正しようとすると削りすぎたりしてしまいます。

そのため、このくらいまではお客様に原型を仕上げていただき、プラチナに仕上がってから辺の長さ、角度をプロの職人が仕上げさせていただきました。

このように表面の形を8角形とか6角形の指輪の場合、身に着けた時に違和感を感じるのではないかという疑問を持たれると思いますが、指に着けてみると違和感は全く感じず付けられます。

表面は8角形ですが、内側は真円なので内側彫刻も問題なく入れることができます。

内側にクローバー彫刻した結婚指輪

こちらのお客様はお二人の名前を入れて、名前と名前の間には縁起のより四葉のクローバーを彫刻いたしました。

お渡し時には大変喜んでいただきました。

この度はご来店ありがとうございました!

つや消しと光沢でメリハリのある手作り結婚指輪

2022-02-05 17:18:07  | NoComment
                   

大阪工房へご来店のお客様のご紹介です。ご紹介のお客様は滋賀県よりご来店のお客様で、大阪工房はJR大阪駅から徒歩10分程度の場所にあるため関西圏のお客様にご来店が便利な立地にあります。

店頭で沢山の結婚指輪の見本をご覧になり結婚指輪のデザインを決めていきました。

歪んでいるデザインよりもストレート型のシンプル目のデザインがご希望でしたので真っすぐの形をベースに手作りです。

シンプルな甲丸型の表面ではなく、何かアクセントになるような模様を入れたいとのことで全周にねじれ模様を入れることにしました。

指輪のサイズを合わせる作業

写真は指輪サイズを合わせるためにリーマーを使って指輪の内側を削っているところです。

彼女の指輪サイズはデフォルトのワックス内径がそのまま指輪サイズになっていましたので彼女はリーマーを使わずにそのままで、彼の指輪のみ内側を少し削ってサイズを合わせていきました。

サイズを合わせたのちに指輪の表面をヤスリで削ってねじれ模様を入れていきます。

細かい仕上げは当店の職人がきれいに仕上げて完成です。

結婚指輪原型が完成した大阪のお客様

基本的な形はストレート型でしたので2時間弱で結婚指輪の原型が完成いたしました!

完成した原型はお預かりしてプラチナ鋳造し、当店の工房で仕上げていきます。

約1か月半ほどで完成した手作り結婚指輪がこちらです。

内側に誕生石を埋め込んだ手作り結婚指輪

全周にねじれ模様が入っていますが、トップ部分の一部の捻れのみつや消し加工を施して光沢部分との対比でメリハリのある仕上がりになっています。

指輪の内側にはお互いの誕生石を埋め込んで守護石としています。

誕生石は身に着けた人を災いから守ってくれると言われていて縁起のよいものになっています。

一部をつや消しでメリハリのある手作り結婚指輪

凹型にねじれた模様は回りの景色を逆さまに映り込ませ光方も通常の凸面とは違った輝きを放ちます。

この度は大阪工房へご来店ありがとうございました!

新型コロナウィルスオミクロン株のまん延により現在大阪工房は休業しております。そのためご紹介のお客様は過去にご来店いただいたお客様のご紹介です。

捻じれをミルグレインで強調した手作り結婚指輪

2022-01-14 15:13:20  | NoComment
                   

結婚指輪の手作りはワックスを削って原型を作る方法であれば色々な形の結婚指輪を作ることが出来ます。

あまり細かい模様などが入ったデザインは難しですが、ストロレート型はもちろんS字型やV字型、その他ワックスで削って完成させることが出来る形であれば鋳造によってプラチナやゴールドに仕上げることが出来ます。

今回ご紹介のお客様は大阪市内よりご来店のお客様で梅田の大阪工房で結婚指輪のワックスコースでご来店頂きました。

指輪のデザインはストレート型の形をベースにトップ部分を捻じれたように削り出し、メビウスの輪のようなデザインを手作りして頂きました。

メビウスの輪ミル打ちで強調した手作り結婚指輪

ただ捻じれただけのフォルムではなく、捻じれを強調して見えるようにエッジ部分にミルグレインを施しています。ミルを打つことで可愛らしい雰囲気にもなり華やかさもアップします。

それぞれにカラーダイヤを埋め込んでいますが、レディスに水色ダイヤモンド、メンズにピンクダイヤモンドを埋め込んでいます。一見ダイヤのカラーが男女で違うのかなと思われがちですが、男が青で女が赤という考え方は今どきは古いものでステレオタイプのような考え方が無くなってきたようです。

ミルの入れ方もレディスとメンズとで変えており、レディスは両エッジにミル打ちを施し、メンズは捻じれのエッジのみにミル打ちを入れています。

メビウスの輪ミル打ちで強調した手作り結婚指輪

トップ部分が捻じれて細くなっているので本体部分は2.5mm~3.0mmありますが指に着けると細く見えます。

このようにワックスを使っての結婚指輪の手作りは色々な形を作ることが出来るので拘りの結婚指輪にしたい人にはうってつけの方法です。

今回のご来店誠にありがとうございました😊

ミンサー柄を入れた手作り結婚指輪

2022-01-07 14:05:25  | NoComment
                   

沖縄県ではミンサー柄という模様が幸福、幸せの模様だとされています。

そのミンサー模様を入れたデザインの結婚指輪を手作りしたカップル様のご紹介です。

結婚指輪をV字型に削り出す

結婚指輪の形はレディスがハート型に見えるV字型で、メンズはシンプルなストレート型をベースに手作りしています。

レディスはハートのシルエットが浮かび上がるように広めのワックスからV字型に形を削り出します。ストレート型に比べて形を削り出す作業が必要なので少し時間がかかります。

結婚指輪にミンサー模様を入れる

メンズはストレート型なので削る部分も少なく、時間も短時間で形を作り上げることが出来ます。

形はシンプルですが、表面にミンサー模様を手作業で入れています。一般的なミンサー柄は四角形の模様で構成されていますが、幅の細い指輪に四角い形で模様を彫るのは難しく丸い穴をミンサー柄の配置に彫って模様を表現いたしました。

細かい作業なので拡大鏡を使っての作業です。

結婚指輪を手作りしたカップル

レディス、メンズそれぞれに手間のかかる部分もありましたが、なんとか結婚指輪の原型を完成させることが出来ました。お二人も大満足のご様子です。

このあと、結婚指輪の原型はお預かりしてプラチナ鋳造を経て結婚指輪に仕上げていきます。

完成した結婚指輪がこちらです!

ブルーとピンクのミンサー柄手作り結婚指輪

形や模様も個性的なデザインですが、更に双方の内側にカラーコーティングを施してよりお二人らしい個性的な結婚指輪に仕上がりました。

レディスのハートに見える結婚指輪の内側はピンク、メンズはブルーのコーティングを施し、ミンサー模様を強調するように模様の部分もブルーコーティングを施しています。

この度は遠方よりご来店誠にありがとうございました😊

7mmの幅広指輪は手作りでオリジナル

2021-12-21 17:04:51  | NoComment
                   

大阪工房へご来店のお客様が手作りした結婚指輪のご紹介です。

お客様の希望でとにかく幅が広いデザインが好みだという事で幅広の結婚指輪デザインに決定しました。

男性は幅広のデザインを好む人は結構いらっしゃいますが、女性ではあまりいらっしゃらないと思います。

そんな中で男性、女性共に幅広が好みで双方かなり幅広デザインです。

何mmほどの広さにするかの決定は実際に幅の広いサンプルリングを身に着けて頂いて決定いたしました。

決定した指輪幅は男性物で7mm、女性物で5mmとなりました。このような幅広デザインは昨今既製品やブランドの結婚指輪では販売されておらず、手作りかオーダーメイドなどによって作るしか手に入らないと思います。

今回のお客様も手作りで幅広の結婚指輪を作って頂きました。

5mm7mmの幅広の平打ち手作り結婚指輪

デザインはシンプルな平打ち型のデザインです。

製作方法は彫金で製作する方法とワックスを使った方法とありますが、彫金の場合は地金を丸める際に幅が広いと硬くてきれいに曲げることが困難なうえ、つなぎ目を溶接すると溶接跡が良く目立ってしまいます。

そのため簡単に原型を作ることが出来るワックスで原型を作り結婚指輪に仕上げる方法を選んでいただきました。

5mm7mm平打ち手作り結婚指輪

双方の指輪の内側にはお互いの誕生石を埋め込んでいます。

女性物にはアメジスト、男性物にはルビーが埋め込まれています。

誕生石などのカラースト―ンを指輪に入れる場合、表面だと宝石によっては派手になったり、着ける人に似合わない色の宝石を埋め込むことになったりすることがあります。

また、ダイヤモンドと違って硬度の低い宝石の場合、指輪が硬いもににぶつかって宝石が割れたり欠けたりすることがあります。

指輪の内側であればこのような心配もなく永久的に身に着けていられます。

内側にアメジストとガーネット埋め込み

最後に二人で手作りしたワックス原型を見ていただきます。

5mmや7mmの貴金属地金をこのように丸くするのは初心者の人ではかなり難しく、熟練した職人でも手間のかかる作業になります。

このようなワックス原型の製作であれば初心者の人でも約1時間もあれば簡単に作れてしまいます。

ただし、原型からプラチナに仕上がるまでの納期が1ヵ月以上かかります。

彫金で製作が難しいようなデザインで結婚式や入籍日までに結婚指輪を手元に欲しいと思っていらっしゃる人はお早めにご予約ください。

幅広の手作り結婚指輪原型

この度はご来店誠にありがとうございました😄

お互いの好みが尊重された結婚指輪

2021-10-31 16:39:29  | NoComment
                   

大阪府下からご来店いただきましたお客様のご紹介です。
美男美女の明るい雰囲気が印象的なお客様でした😊

結婚指輪ワックス原型完成した大阪のカップル

お客様の作業風景

ワックスを切る大阪のお客様

上記画像では、お客様が青いチューブ状のワックスから必要な指輪の幅を切り出す作業が映っています。この作業は指輪づくりの序盤の作業で、皆様緊張されながら作業されています😊

結婚指輪ワックスの断面を削る

次は、指輪の切断面と表面をヤスリを使って滑らかにしていく作業です。この作業ぐらいから、お客様の緊張もだんだん解れてきて楽しんで作業されていました!

手作りした結婚指輪の原型

お客様が作成されるのは、このワックス原型が出来上がるまでで、この後は一旦職人がお預かりし後日プラチナに仕上げてお渡しいたします!

お客様が作成された結婚指輪のご紹介

大阪の二人が手作りしたブルーの結婚指輪

今回のお客様の結婚指輪は、お互いの好みを尊重した別々のデザインです😊
レディースは、V字型のベースデザインにダイヤを沢山埋め込み豪華に仕上げました。ダイヤを沢山埋め込んでいると、フォーマルなイメージが強くなり普段使いしづらく思われるでしょうが、V字型のベースデザインがフォーマルさを抑え、普段使いしやすいカジュアルさを出してくれました。
メンズの特徴はやっぱり、この青のカラーメッキでしょうか!何も加工してないストレート型のデザインだと、洗練された美しさはありますが、お洒落な人にはインパクトが欠けているように感じます。そこにカラーメッキを少し施すだけで、カラーがアクセントになり、普段のファッションの差し色として身に着けることもできますよ✨

隠れた特別感を演出してくれる別々のデザイン

結婚指輪といえばお揃いのデザインというイメージが強いと思いますが、近年ではお互い別々のデザインを身に着けるご夫婦が増えてきました。当店でも、別々のデザインを作成されるお客様が多くいらっしゃいます。
2人とも同じデザインが好きという方もいらっしゃるので一概には言えませんが、二人の好みが違う場合、お揃いのデザインにすると、どちらかが譲歩してデザインを決めることになってしまします。そんな時におすすめなのが、自分の好きなデザインの指輪にするという選択です。
「別々にすると結婚指輪の特別感が薄れるのでは?」と思われるでしょうが、全然薄れることはなく、むしろ隠れた自分たちだけの繋がりを出すことができます。例えば今回のお客様の指輪ですと、ベースの型やカラーなどは全然違いますが、線が重なっているような斜めのラインと裏側の刻印から、隠れた繋がりが見えます。こういった小さな繋がりが、ペアリングには出せない「二人だけが知る繋がり」として特別感を出してくれますよ✨

この度はご来店誠にありがとうございました!末永くお幸せに💕

ハートと天使の羽でフェミニンな印象の結婚指輪

2021-10-22 15:13:41  | NoComment
                   

大阪府からご来店いただきましたお客様のご紹介です。
今回のお客様は顔写真のWEB掲載NGでしたので、手元の写真でのご紹介となります。

お客様の作業風景

結婚指輪の幅を合わせる

最初にデザインも何もないシンプルな指輪のベースを作っていきます。ベースの作り方は、他の指輪と同じように、決められた手順で簡単に作ることができます。

指輪の表面に模様を彫る

指輪のベースが完成したら、いよいよ指輪の模様を彫っていきます!
指輪の模様は、先が丸くなっている電動ドリルで少しずつ削って作っていきます。
この作業は簡単なように見えますが、手が少しでもブレると関係がないところまで傷がついてしまいます。浅い傷ぐらいならすぐに直せますが深い傷だと直すのに時間がかかるので、ゆっくり慎重に作業しましょう!

お客様が作成された結婚指輪のご紹介

合わせるとハートと羽の手作り結婚指輪

お客様が作成された結婚指輪がこちらです!
この2つの指輪は、お互いが重なり合うことで本来の模様が浮かび上がるデザインになっています。
レディースの指輪には、天使の羽のラインに沿うように指輪を三つ入れています。また、三連のダイヤの流れに合わせるようにミル打ちを施しました。ミル打ちは、指輪をフェミニンな印象にしてくれるので、ハートと天使の羽にぴったりな加工です✨

合わせるとハートと羽の手作り結婚指輪

重なって模様が浮かぶデザインは、飾った時と着けた時の印象が全然違うところが面白いところです。
お客様の指輪は、重なり合って模様が浮かんでいるときは、天使の羽やハートでフェミニンな可愛らしい印象が強いです。ですが、実際指に着けてみると、レディースはダイヤが美しいエレガントなイメージに、メンズはクールですがハートの上部分の丸みから温かみのあるイメージの指輪になりました。
重ねる指輪は、外して見てみないと本当の模様がわからないので、自分たちだけが知っている本当の姿が特別感を増してくれますね😊

この度はご来店誠にありがとうございました!末永くお幸せに💕

プラチナとゴールドがお互いを引き立て合う結婚指輪

2021-09-27 16:05:19  | NoComment
                   

大阪府からご来店いただきましたお客様のご紹介です。

結婚指輪の原型が完成した二人

お客様の作業風景

結婚指輪を手作りするお客様

お客様の中で大変そうにされている方が多いのは、上記画像でされているワックスの切断です。
この切断作業は、真っ直ぐ机に垂直になるように糸鋸をおろしていくのですが、その真っ直ぐが難しくよく斜めになってしまう方がいます。力やコツがいるわけではないのですが、真っ直ぐって何気に難しいですよね(笑)もし結構斜めに切ってしまってもやり直しが出来ますし、職人が直してくれるので大丈夫ですよ😊

指輪の表面を削るお客様

出来上がったワックス原型は、一旦お預かりして後日職人が貴金属に仕上げてお返しいたします。
貴金属が1種類だけの指輪は何も手を加えずそのまま鋳造するのですが、今回は2種類でしたので、指輪を半分に切断し、別々に鋳造してから2つを溶接しました。溶接した後は、最初からくっ付いていたかのような綺麗な仕上がりになりますのでご安心ください!

お客様が作成された結婚指輪のご紹介

プラチナゴールド半分の手作り結婚指輪

お客様が作成された指輪がこちらです!
この指輪の特徴は何といっても、プラチナとゴールドの二種類の貴金属を使っている所です。お客様は、周りの人が持ってないようなオリジナリティのある指輪を希望されていたので、このデザインをとても気に入っていらっしゃいました。プラチナとゴールドがお互いのカラーを引き立てて輝く姿は、寄り添い支え合うお二人にぴったりですね!
表面に施されたつや消しは、鏡面仕上げの指輪と比べて、輝きが抑えられ上品な光沢を出してくれます。また、シルクサテン仕上げは、その名の通りシルク生地のような上品な質感が特徴的な加工です。シンプルな指輪に高級感をプラスしたい方にはおすすめの加工です!
シンプルなストレート型を拘りぬくことで、上品ながらオリジナリティのある素敵な指輪に仕上がりましたね✨

この度はご来店誠にありがとうございました!末永くお幸せに💕

つや消しが上品で美しい結婚指輪

2021-09-25 15:59:04  | NoComment
                   

兵庫県からご来店いただきましたお客様のご紹介です。
穏やかな優しい雰囲気が印象的なお客様でした😊

大阪工房へ兵庫からご来店のカップル

お客様の作業風景

今回のお客様は、ストレート型の指輪を作成されました!
ストレート型は、手作り指輪の中で一番簡単に出来るデザインになっており、時間も他の形と比べて約1時間と短い時間で完成するので、忙しい方でも時間を取りやすいかと思います🎶

指輪を切り出す大阪のお客様

上記画像では、お客様が青いチューブ状のワックスから作りたい指輪の幅を切り出している所です。切り出す作業では、糸鋸を使いますので指を怪我しないように注意してください!

指輪のサイズを合わせる大阪のお客様

次に指輪の内側から指のサイズになるまで削っていきます。その後表面をヤスリで滑らかになるように整えて完成になります。
出来上がったワックス原型は、一旦お預かりし後日職人がプラチナに仕上げてお返しいたします!

お客様が作成された結婚指輪のご紹介

ストレートつや消しマット手作り結婚指輪

お客様が作成された指輪がこちらです✨
派手過ぎるのは嫌だとお客様が希望されていたので、表面のつや消しをお勧めしました。
表面につや消しを施すことで光の反射が抑えられ、上品な美しい光沢感が出ます。
指輪のデザインが華やかだと、お葬式の際などTPOに合わせて外さなければならないのですが、このようにベースのデザインをストレート型にしたりつや消しを施すと、フォーマルな印象になりTPO関係なく身につけられる指輪になります。

この度はご来店誠にありがとうございました!末永くお幸せに💕

凸凹な表面が個性的な結婚指輪

2021-08-25 17:31:56  | NoComment
                   

滋賀県からご来店いただきましたお客様のご紹介です。

自作で結婚指輪を手作りした大阪来店のお客様

お客様の作業の様子

大阪工房来店の手作りお客様

ミラーボールのような凸凹とした面はヤスリを使うのですが、沢山のクレーターが出来たような今回のデザインには専用の道具を使って削っていきます。この道具は電動で高速回転し、その先を表面に当てることによって傷が出来ます。この道具は、簡単に傷を付けることが出来るのですが、簡単に付いてしまうからこそ難しい道具です。傷を付けたくない部分にちょっと当たってしまうだけで傷が付いてしまうので、使う際には気を付けないといけません!

手作りした結婚指輪原型

作業が終わり、完成したワックス原型がこちらです!
お客様の作業は、このワックス原型が完成したら終了となり、この後一旦原型はお預かりし、後日職人が鋳造してプラチナに仕上げます。彫像前の青いワックスではプラチナになった姿は想像できませんが、彫像後はお店で売ってあるような美しい姿になります✨

お客様が作成された結婚指輪のご紹介

凸凹手作り感のある結婚指輪

この指輪はお客様から、表面を出来るだけツルツルになるようにしてほしいというご要望を受けました。ご要望道理に表面を沢山磨き、光が良く反射するようにしました。こうしたことで、光の反射が凸凹した表面によって変わり不思議な魅力をした素敵な結婚指輪になりました!
レディースは、V字型を斜めにダイヤで区切り表面の半分を凹凸のある面にし、もう半分を甲丸のツルツルとした面にしました。このアンバランスさが個性的で、他の誰もが持っていないオリジナリティあふれる指輪になっています。

この度はご来店誠にありがとうございました!末永くお幸せに💕

ダイヤを引き立てるミル打ちが流れ星の様な結婚指輪

2021-08-04 15:27:18  | NoComment
                   

愛媛県からご来店いただきましたお客様のご紹介です。
男性のお客様は、結婚指輪を作りに来てくれたいとこのお姉さんに紹介されて、以前彼女さんにプレゼントするための指輪を一人で作りに来てくださり、その後、結婚指輪を作りに再度ご来店くださいました。
指輪をプレゼントした彼女さんと結婚されるそうで、嬉しい限りです😊

結婚指輪原型が完成したお客様

お客様の作業風景

結婚指輪ワックスの切り出し

上記画像では、お客様が青いチューブ状のワックスから作りたい指輪の幅を切り落としている作業をしています。この作業では、細い糸鋸を使い指輪が斜めに切れないように真っ直ぐ切らないといけません。この真っ直ぐが難しく、無意識に斜めに切ってしまうお客様が多いのですが、男性のお客様は2回目だったので、とても綺麗に切られていました!

結婚指輪を手作りする二人

次に切った断面や表面を整えるためにヤスリで削っていきます。レディースは少し溝があるデザインなので、女性のお客様が自ら溝を入れています。先の尖った細いヤスリで小さい溝を彫るので、とても真剣な顔で作業されていました🎶

お客様が作成された結婚指輪

U字型ダイヤ手作り結婚指輪

完成したワックス原型をお預かりし、後日職人がプラチナに仕上げたのがこちらになります✨
メンズはストレート型で指が綺麗に見える螺旋状のデザイン、レディースはU字型のデザインで、溝の流れに沿うようにダイヤを入れました!
ダイヤから流れるように横に施されたミル打ちが、流れ星のイメージを与えてくれる素敵な指輪ですね!
ミル打ちを少し施すだけで、女性らしいフェミニンな印象を与えてくれるので、可愛らしいデザインが好きな人にはオススメの彫刻です💖

この度はご来店誠にありがとうございました!末永くお幸せに💕

オリジナル感があるランダムな面の結婚指輪

2021-06-23 15:49:18  | NoComment
                   

香川県からご来店いただきましたお客様のご紹介です。

結婚指輪を手作りした二人

お客様の指輪のご紹介

完成したゴールドとプラチナの結婚指輪

今回のお客様の指輪はこちら!
お客様自ら削ったランダムな面が、オリジナリティを出してくれる素敵な指輪です✨
表面は光の反射によって、ミラーボールの様にキラキラと輝きます。同じ形の指輪は、今後二度と作ることが出来ないので、お客様だけの世界で一つだけの指輪になります。
レディースは、イエローゴールドを使い、アンティーク風の温かみのある指輪になりました!

ゴールドジュエリーの魅力

ジュエリーの素材によく使われるゴールドは、18金と言い、全体の約75%が金から出来たものです。残りの約25%には銀と銅が混ぜられています。ゴールドの魅力は、この銀と銅の割合によって色が変わるところです。
その中でも広く親しまれているイエローゴールドは、銀と銅のほぼ半々の割合で混ぜられることによってできます。
イエローゴールドは、プラチナに比べると比較的お求め安く、日本人の肌によく馴染むカラーが人気の素材です。
元々イエローゴールドは、欧米では定番の婚約指輪や結婚指輪に使われる素材です。なので、日本では定番のプラチナでは無く、イエローゴールドを選んだとしても全然問題はありません!
「他の人とは違うものがいい」、「定番は嫌だ」という人にはオススメです!

お客様の作業風景

ワックスに目安線を入れる

ランダムな面は、ランダムだからこそ難しく、自然に削っているつもりが、無意識に整った面になってしまうことが多々あります。その場合は、先に簡単に目印をつけておくことで自然な面になりますよ!

カップルで結婚指輪手作り

この度はご来店誠にありがとうございました!末永くお幸せに💕

世界で一つだけの螺旋状の結婚指輪

2021-06-06 15:13:13  | NoComment
                   

徳島県からご来店いただきましたお客様のご紹介です。

結婚指輪原型が完成したカップル

世界で一つだけの螺旋模様

螺旋状のダイヤが入った手作り結婚指輪
螺旋状のダイヤが入った手作り結婚指輪

今回のお客様のデザインは、ストレート型の螺旋状のデザインに、控えめに輝くダイヤが美しい結婚指輪です。
螺旋状の指輪は、流動的なねじれが指を綺麗に見せてくれる効果があり、女性にオススメのデザインです。
このねじれも、お客様が手作りをして作った模様です。手作りで出来た模様は、お客様一人一人によって形が違いますので、世界で一つのオリジナル感がありますよ✨

前回、他のお客様の螺旋状の結婚指輪をご紹介しました。見比べてみると、同じ模様でも形が全然違うことがわかります!是非見比べてみてください!

お客様の作業風景

結婚指輪の切り取り線を入れる作業
ワックスをノコギリで切り取る

写真では、お客様が指輪の幅を切り出す作業をされています。
切り出しは、まず最初に専用の道具で、切る目安を付けて、その部分に沿うように真っ直ぐ糸鋸で切ります。この作業のポイントは、作りたい指輪よりも厚めに切る事です。なぜかというと、この作業の後に切断面を滑らかになるようにヤスリで削るからです。作りたい厚さそのままで切って削ると指輪が薄くなってしまいます!
皆様も手作りをするときは気を付けてください!

この度はご来店誠にありがとうございました!末永くお幸せに💕

サプライズでナチュラル仕上げの手作り指輪

2021-06-02 17:20:48  | NoComment
                   

当工房ではお一人の来店で指輪を手作りして頂くことも可能です。

作れる指輪は結婚指輪以外に婚約指輪、またはペアリングとしてもワックスを削って作れる形であればどのように作って頂いてもプラチナやゴールドの指輪に仕上げることが出来ます。

ご紹介のお客様はお一人で来店して頂き、指輪を1本手作りして頂きました。

サイズ合わせする大阪の男性

お一人で来店でサプライズでプレゼントする指輪なので彼女には内緒でご来店です。

その場合に注意して頂くことは指輪サイズを正確にお知らせして頂く必要があります。

指輪のサイズがわからないと指輪が作れないので指輪サイズの申告は必須になります。なかなか内緒で指輪サイズを測ることが出来ないかもしれませんが何とか調べてきていただくようにお願いします。

こちらのお客様も事前にサイズを調べてきていただきました。

写真は指輪サイズを合わせている所ですが、リングリーマーという道具を使ってワックスの内側を削ってサイズを大きくしていきます。最初は慣れないと削った内側がガタガタになりがちですが、慣れてくると上手に削れるようになってきます。万が一ガタガタになってしまったとしても当工房の職人が綺麗に内側を仕上げさせて頂きますのでご安心ください。

指輪の表面は手作り感を出したいという事でヤスリで削った削り跡をそのまま表面の模様としてのこし、あえて磨かずに自然な仕上げとして完成させました。

自然仕上げのアンティーク手作り結婚指輪

表面が凸凹していて、このいびつな感じは既製品では出すことが出来ず、手作りした作り手の削ったそのままの状態で指輪になります。よく見ると削ったヤスリ目も残ってアンティークのような仕上がりになっています。

自然仕上げのプラチナ手作り結婚指輪

表面は少しだけワイヤーブラシで擦って余分なバリなどを取って仕上げしています。また、角の部分は少しだけ、面取りを行い着けやすい指輪に仕上げています。

彼が内緒で作った指輪なのでお渡しした際は大変喜んでもらえる指輪になったと思います。

世界で一つだけの彼の手作りでオリジナルの指輪になりました!

この度はご来店ありがとうございました😃

作り合いで思いがこもった結婚指輪

2021-05-25 15:50:38  | NoComment
                   

徳島県からご来店いただきましたお客様のご紹介です。

人気のシンプルなストレート型

今回のお客様の指輪は、細めの幅のシンプルなストレート型の指輪です。内側に彫られた文字が隠れたポイントになっています✨細い幅の指輪は指をシュッと綺麗に見せてくれる効果があるので、女性の方にオススメですよ!
シンプルなストレート型は王道のデザインで、当店でも人気があり、選ばれるお客様が多いです。
V字型や、S字型のデザインよりも、ストレート型は簡単に作ることが出来ます。

ストレート型の作業手順

ストレート型の作業手順について簡単に説明していこうと思います!
①チューブ状の青いワックスから指輪の幅を大きめに切り取る
②切断面をヤスリで滑らかになるように削る(甲丸リングにする場合は、角をヤスリで削る)
④リーマーという道具で内側から指のサイズになるように削る
これらの作業だけでストレート型の指輪は出来上がります。作業時間は1時間ぐらいで完成します。時間が無い人でも気軽に作れるのでオススメです🎶

笑顔がたえない作業風景

今回のお客様も作り合いをして楽しそうに作業されていました😊
作り合いは手作りだからこそできることで、多くのお客様がされています!相手の指輪を作ることで、気持ちがこもった大切な指輪になりますよ。

この度はご来店誠にありがとうございました!末永くお幸せに💕

螺旋状のねじれが美しい結婚指輪

2021-05-04 16:59:11  | NoComment
                   

大阪府下からご来店いただきましたお客様のご紹介です。

結婚指輪が完成した大阪のお客様

お客様の指輪のご紹介

螺旋状の手作り結婚指輪

今回のお客様の指輪は、ストレート型に大きな螺旋状のねじれが特徴的な指輪です。
流線的なねじれのラインは、指をシュッと綺麗に見せてくれます。また、何もないシンプルなストレート型と違って、光の反射が一味違っていて、不思議な魅力がある指輪になります😊
着けた時に見えない手の平側の面は、作業などをしていると、いろんな物との接触が多く指輪が傷ついたり、凹んだりしやすいです。その為、手の平側の面にはねじれを入れず、滑らかな面にしてあります。

もう一つ大きな特徴は、男性のお客様のサイズが21号と大きい事です。
一般的な男性の指輪のサイズは15~17号ですが、それよりも少し大きいサイズでの作成となりました。

手作り風景

指輪を切り取るための作業

上記画像の青いチューブ状のワックスから、指輪の原型になるものを作ります。
最初に指輪の幅を切り出します。完成イメージの幅より太めに切り出すのがポイントですよ!

手作りで結婚指輪を作る大阪のお客様

次に切断面を滑らかになるように削ります。
その次に希望のデザインになるように、ヤスリで余分な部分を削っていきます。
特別な加工などは後日当店の職人が施しますが、アンティーク調の傷や、今回の指輪のようなねじれはお客様ご自身で作っていただきます。
その後、自分の指輪のサイズになるようにリーマーという道具で、内側から穴を広げていきます。
今回の男性のお客様のサイズは大きかったので、広げる面が多く苦戦されていました。
作るのが難しかったり、間違えた場合はすぐに傍にいる職人が対応いたしますので、安心してください🎶

鋳造後の指輪

螺旋状の手作り結婚指輪

完成したワックス原型は青いリングなので、模様などはわかりにくいですが、鋳造して金属に仕上げると一気に華やかになりますね✨

この度はご来店誠にありがとうございました!お幸せに💕

手作りで思いを込めた婚約指輪

2021-05-02 14:49:01  | NoComment
                   

香川県からご来店いただきましたお客様のご紹介です。

今回のお客様は結婚指輪ではなく、彼女にサプライズで送る婚約指輪を手作りしに来てくださいました😊🎶

指輪の原型が完成したお客様

彼女への思いを込めながら手作り

切り出し作業

ダイヤは後日当店の職人が埋め込みますので、お客様にはベースとなる指輪の形を作って頂きます。
最初に青いチューブ状のワックスを、完成イメージの指輪幅よりも太めに切り出します。何故太めに切り出すのかというと、この後に切断面を滑らかになるように削ったり、好みのデザインになるように削って整えるからです。切り出すときの注意点は、斜めにならないように切る事ですよ!
慣れない糸鋸を使うので慎重に作業していきましょう!

測った指のサイズになるよう削る

サプライズで指輪を手作りするお客様

切り出し作業が終わったら、次は測ったサイズになるようにリーマー(上記画像参照)という専用の道具を使って、内側から少しずつ削っていきます!この道具は、一定の方向に回すことで削れていきます。力加減も難しいので、苦戦されるお客様がよくいらっしゃいますが、当店の職人が付きっきりでいつでもサポートしてくれるので安心です😊

⚠サプライズで恋人への指輪を作られる場合は、お相手の指輪のサイズを測ってお越しください。サイズ計測なしでのご依頼は受け付けませんので、予めご了承ください。

完成したワックス原型

完成したワックス原型がこちらです!
凸凹とした面は職人が滑らかになるように仕上げをしますので、鋳造後の指輪は艶々とした美しい面になります✨

大きいダイヤが豪華

サプライズで手作りして完成した婚約指輪
サプライズで手作りして完成した婚約指輪

後日職人が鋳造し、ダイヤを埋め込んで完成した指輪がこちらです✨
大きなダイヤがキラキラと反射し、目を引き付ける美しい指輪です。寄り添うように下に埋め込まれたダイヤが、大きいダイヤの存在感をより引き立て、豪華に見せてくれます!
こんなに美しい指輪をプレゼントされれば、恋人もプロ―ポーズを受けてくれること間違いなしです!

後日、結婚指輪を作りに二人でご来店いただきました💕
この度はご来店、誠にありがとうございました!末永くお幸せに!

裏側に手描きの文字を彫刻した結婚指輪

2021-04-18 16:16:18  | NoComment
                   

兵庫県からご来店のお客様のご紹介です。

指輪のデザインを決める

指輪を作る前に、見本となるデザインを選んでいただきます。
当店には、フォーマルからカジュアルな物まで、多数の見本を置いています。
もちろん、お客様が考えたオリジナルのデザインも大丈夫ですので、お気軽にお申し付けください!

手作り指輪の作り方

デザインを決めたら当店で用意したエプロンを着けて、いよいよ指輪作り開始です!
今回のお客様もお互いの指輪の作り合いをされていました!
相手の指輪を作ることで気持ちがこもって、より特別な指輪になりますね😊

①幅の切り出し

最初に、チューブ状の青いワックス(蝋燭の蝋のような物)からお好みの指輪の幅を切り出します。
後で余分な部分を削ったりするので、作りたい幅よりも大きめに切り出してください。
この作業では、糸鋸を使うので慎重にお願いします!

②切断面を綺麗に

次に切断面を凹凸がない滑らかな面になるようにヤスリで削ります。
今回の指輪はストレート型なので表面を削るだけですが、S字型やU字型のデザインの場合はこの段階で削り、形を作ります。

指輪の表面をヤスリで仕上げ

③自分のサイズになるように削る

リーマーという道具で、指輪の内側から指のサイズになるように穴を広げていきます。
メンズの指輪のほうが、削る面積が多いので抵抗が多く少し苦戦するお客様も多いです。
難しいときや間違ったときには、当店の職人が対応しますので、ご安心ください🎶

完成したワックス原型

完成した結婚指輪原型

上の手順を終え、出来上がったワックス原型がこちらです!
完成した原型は、こちらでお預かりします。後日職人がプラチナに鋳造して、手作り指輪の完成です✨

鋳造後の結婚指輪

内側に手描きの文字マーク彫刻した結婚指輪

こちらが、今回のお客様がお作りになった指輪です✨
縁に施されたミル打ちは、フェミニンな印象を与え、柔らかい雰囲気の結婚指輪になりました。
内側には、お客様の手描きの文字が彫刻されています!

この度はご来店誠にありがとうございました!末永くお幸せに💕

隠れたハートの結婚指輪

2021-04-13 15:26:37  | NoComment
                   

大阪府下からご来店のお客様のご紹介です。

手作りで結婚指輪を作った大阪のカップル

斜めから見るとハートになる指輪

ハート型に見えるシルエットの手作り結婚指輪

今回のお客様の指輪のデザインは、外して斜めから見てみるとハートになる可愛らしい指輪です。
このデザインは、当店にある見本を元にお客様に手作りしていただきました。
実際に身に着けるとシンプルなV字型の指輪に見えるので、男性のお客様にも着けやすいですよ!

世代を問わず人気のハート

ハートは、認知度が高く、昔から世代を問わず女性人気が高いモチーフで、指輪などのジュエリーに多く使用されています。見た目の可愛さもそうですが、ハートに込められた意味も人気の理由の1つです。
今回はそのハートの意味についてご紹介していこうと思います!
ハートは幸福や愛情の象徴とされており、「恋愛の成熟」、「永遠の幸福」などの意味があります。
ハート入った結婚指輪はシンプルな指輪より特別感があり、「幸せな結婚が長続きする」といった意味が含まれるので結婚指輪にぴったりです!
ハートが見える指輪はちょっと⋯という方には、今回のお客様のようなデザインや、指輪を重ねるとハートになるデザイン、裏側に入れるなどをすると身に着けやすくなるのでオススメです。
2人の愛を深めたい人、幸せな結婚を望む人はハートモチーフを入れてみてはいかがでしょうか💕

指輪をしっかり見ながら作業

指輪作りをする彼
指輪作りをする彼女

まず最初に少し多めに指輪の幅を切り取り、削っていきます。ストレートな指輪と違って、ハートに見える指輪はV字型に歪んでいるので、形を整えるのが少し難しく、慎重に作業をしていかないといけません。
今回のお客様も綺麗な形になるように何回も確認しながら作業をされていました。時にはお互いの指輪を確認しあい、完成した時にはお2人ともほっとしたようなお顔をされていて微笑ましかったです😊

今回はご来店誠にありがとうございました!末永くお幸せに💖

ランダムな表面がカジュアルな結婚指輪

2021-04-12 15:24:31  | NoComment
                   

今回のお客様に手作りして頂いた結婚指輪のデザインは表面をランダムに削った面をそのまま活かした手作り感のある結婚指輪です。

手作りで結婚指輪の原型が完成

ランダムに光る美しい面

ランダムな削り跡がデザインの手作り結婚指輪

今回のお客様のデザインは、大小とランダムに削られた表面がキラキラと光を反射させる美しい結婚指輪です。
いびつな表面がカジュアルな雰囲気にしてくれるので、男性にも良く似合いますよ✨

ピンクゴールド

ピンクゴールドは、昨今女性にとても人気のある素材です!
桜のような優しい色は肌馴染みが良く、日本人の肌にとても相性がいいと言われています。
他のゴールドと比べフォーマルなイメージが強いピンクゴールドですが、どんなファッションにも似合うのが女性人気を高めている理由の一つです。
今回のお客様の指輪のようなカジュアルなデザインの指輪も、ピンクゴールドにすることで品が良く可愛いイメージになりました😊

ただ、お風呂や温泉に着けたまま入ると、変色してしまうので注意が必要です!
ピンクゴールドは銅を多く含んでいるので、入浴剤や温泉の成分に反応してしまうので、お風呂に入る前に外す様にしてください。

自身で削ってオリジナルの結婚指輪に

表面をランダムに削った結婚指輪原型

指輪の表面もお客様自身で削っていただきました。
まず、指輪の表面を黒く塗りつぶし、削りの残しが無いようにします。
その後少しずつ専用の道具で削ります。

彼女の作業を見つめる彼

2人で仲良く話し合いながら楽しく作業されていました。
仲睦まじいお似合いのカップル様でした😊

この度はご来店誠にありがとうございました!末永くお幸せに💕

二つ重ねたようなアンティーク結婚指輪

2021-04-09 14:55:31  | NoComment
                   

大阪府下からご来店のお客様のご紹介です。

2連風凸凹テクスチャ手作り結婚指輪

アンティークの良さ

アンティークデザインは、種類の多くある結婚指輪の中でも、幅広い世代に愛されています。なぜこれほどまでに人気なのか、理由はその温かみのあるデザインにあります。独特でどこか懐かしい雰囲気のアンティークは、長く身に着けるほど味わい深くなるので、飽きないのがまたいいところです!

アンティークな傷を自分の手で

ヤスリで指輪にキズを入れる
ハンドモーターで指輪に凸凹

アンティーク風の傷は、後日職人が施す彫刻ではなく、お客様ご自身の手で付けていただきます!
まず細いヤスリで木の皮風の模様を入れ、機械で凸凹とした模様を入れていきます。ここで難しいのが模様をどう入れるかです、均等にするより、意外と自由に入れる事で味のあるデザインになっていきますよ😊

2連風凸凹テクスチャ手作り結婚指輪原型

上記画像が完成した指輪の原型です。
アンティーク風のデザインは、原型の時点でははっきりとどんなふうになるかわかりませんが、鋳造すると一気に華やかになります!
また、同じ傷は二度と着けられないので、世界で一つのオリジナル結婚指輪になります!
手作りで一つずつ思いを込められるので心に残る指輪になる事間違いないです✨

愛が伝わるデザイン

2連風凸凹テクスチャ手作り結婚指輪

今回のお客様のアンティーク結婚指輪は、二つ重ねたようなラインと木の皮風の模様が手によくなじむ素敵な結婚指輪です。自らの手で入れた模様から愛情が伝わってきます。

この度はご来店誠にありがとうございました!末永くお幸せに💕

グリーンカラーで個性的な指輪

2021-04-08 06:44:29  | NoComment
                   

香川県からご来店のお客様のご紹介です。

結婚指輪原型が完成したカップル

カラーメッキで目を引く指輪に

幅広グリーンライン手作り結婚指輪

裏側に入れて秘かにおしゃれをするのもよし!表の溝に入れて華やかさを強調しても良し!のカラーメッキは、少し入れるだけで目を引く指輪になります。グリーンの他にも、ブルーやピンク、パープルなど沢山の色があるので、もっと華やかにしたい!というお客様にはオススメです🎶
ただ、指輪の表面に施した場合は傷や擦れなどによって剥げてしまうので注意です!
溝に入れた場合は硬いものに当たりにくいのではがれにくいです。

幅の広い指輪

幅広グリーンライン手作り結婚指輪

昨今の結婚指輪の幅は2~2.5mmですが、今回のお客様は5mmと幅が広い指輪を選ばれました。
そこで、今回は幅の広い指輪のメリットとデメリットについてお話します!

メリット

一番はやはり、装飾を施せる面積が増えることです!
幅の細い指輪は彫刻の模様や文字が限定されてしまいます。ですが、幅の広い指輪は表面はもちろん、裏側に入れる彫刻、文字、宝石などを自由に入れれるので、より華やかな指輪にすることが出来ます。
他にも、耐久面が非常に高いので変形しにくかったり、無くしにくい、もし落としたとしても見つかりやすいといった利点があります。
幅の広い指輪は個性的な印象になるので、周りとは一味違った指輪を作りたい!という方にはオススメの指輪です✨

デメリット

幅が広ければ広いほど重くなるので、指輪を着けなれていない方には、指への負担や違和感を感じられるかもしれません。
また、仕事によっては作業で邪魔になったり、傷ついたりするので気を付けないといけません。

指輪の原型

幅広の手作り結婚指輪原型

こちらが鋳造する前の指輪の原型になります!
お客様には、青色の円柱状のものから、幅を切り出し、自分に合う指輪を作って頂きます。初めてする作業で苦戦しても、当店のプロの職人が優しく教えてくれます。
手作りだからこそ気持ちがこもり大切な指輪になりますよ🎶
世界で一つの指輪を自分たちの手で作ってみるのはいかがでしょうか?

今回はご来店誠にありがとうございました!末永くお幸せに💕

中央ミル打ちでフェミニンな手作り結婚指輪

2021-04-07 06:38:33  | NoComment
                   

兵庫県からご来店のお客様のご紹介です。

結婚指輪原型が完成した兵庫のお客様

今回のお客様は、幅の細いストレート型にミル打ちをアクセントにした上品な指輪です。

中央ミル打ち手作り結婚指輪

幅の細い指輪

メリット

幅の細い指輪は、細い指に良く似合い、控えめで上品な印象になります。結婚指輪と他の指輪を重ね付けしたい人にも人気がある指輪です。軽くて細いので圧迫感が少なく、長時間でも気になりにくいので、指輪を着けなれてない人に着けやすい指輪になっています。また、使う金属の量も少ないので値段を抑えることが出来ます。

デメリット

細い指輪は他の指輪と比べて強度面が若干弱く、細くなればなるほど長年着けていると、曲がってしまう可能性が高くなります。

ミル打ちでもう一つ拘りを

指輪の中央に施された彫刻はミル打ちと言います。
ミル打ちを施したデザインはフェミニンなイメージを与え、アンティーク風の結婚指輪になります。また、何もないフラットな部分が減るため、傷が目立ちにくくなります。もし傷がついてしまっても、アンティーク感が増して味のある指輪になりますよ✨
シンプルな指輪が良いけど、もう一つ拘りたい!という人にオススメです!

相手の指輪に気持ちを込める

お客様の中には、お互いの指輪を作りあう方が多くいらっしゃいます。指輪を作りあうのは手作りだからこそ出来ることです!相手の指輪に一つ一つ丁寧に気持ちを込めることで、より特別な指輪になりますよ😊
絆を深めるためにもお互いの指輪を手作りするのはどうでしょうか?

手作り結婚指輪作業
指輪の内側を削ってサイズ合わせ

今回はご来店誠にありがとうございました!お幸せに💕

重なるハートが2人を表す手作り結婚指輪

2021-04-06 07:55:39  | NoComment
                   

大阪府からご来店のお客様のご紹介です。

失敗しない指輪選び

失敗しない指輪選びで欠かせないのは、自分の手に合うか実際に試着してみることです!!
指輪も服と同じで、気に入ったデザインがあっても、試着してみると思ていたのと違うという事があります。その人の手によって似合う形があるので、是非ご自分手で試してみてくださいね🎶

S字型の特徴

結婚指輪の形は大きく分けて「ストレート型」「V字型」「S字型」が主な基本の形です。
今回のお客様はS字型を選ばれましたので、S字型の説明をしていきます。
S字型はしなやかで優しい女性的なラインが特徴で、指を綺麗に見せてくれる効果があります。実は男性にもよく似合うデザインで、緩やかな曲線が関節の太さを和らげてくれますよ!ただ、細い指の方に幅の広いS字型はバランスが悪く見えてしまうので、当てはまる方は幅が細めなS字型を選ぶことをお勧めします✨

水色ダイヤの合わせるとハート手作り結婚指輪

男性でも着けやすい隠れたハート

ハートの内側はつや消しでよく目立つようにして、レディースはダイヤを入れて女性らしさを出しています。2つを重ねると浮かび上がるハートは、仲良く寄り添う2人を表すロマンチックなイメージを与えてくれます。

幸せを呼ぶブルーダイヤ

ブルーダイヤには、「人との絆を深める」「相手の幸せを願う」等の意味が込められており、昔から婚約指輪や結婚指輪によく使われていました。信頼関係を保つお守りにぴったりなので、ブルーダイヤモンドの持つパワーを借りて二人の絆をより深めるのはどうでしょうか?

水色ダイヤの合わせるとハート手作り結婚指輪

この度はご来店誠にありがとうございました!お幸せに😊

愛の言葉を方言で彫刻した手作り結婚指輪

2021-03-29 06:39:03  | NoComment
                   

大阪府下からご来店のお客様のご紹介です。

結婚指輪原型が完成した二人

ストレート型の特徴

今回のお客様はシンプルなストレート型を選ばれました。
ストレート型は、シンプルな形で普段使いしやすいのが特徴で作るのも簡単です。指輪を作るのが不安なお客様でも安心して出来る形で、1時間もあれば作ることが出来ます。また、内側に2人のオリジナルの彫刻を入れたい!というお客様が選ばれることの多い形でもあります。

方言で愛の言葉を彫刻した結婚指輪

シンプルなデザインでも隠れた所に拘りを

今回のお客様も、内側に彫刻を希望されました。
男性のお客様は、沖縄県出身、女性のお客様が大阪府出身で、お互いの指輪に愛の言葉の方言を彫刻しました。お互いの名前を入れられるお客様はよくおられるのですが、言葉を入れるお客様は中々おられないので、微笑ましく感じられました😊
お互いへの愛が詰まった素敵な指輪ですね💕

方言で愛の言葉を彫刻した結婚指輪

シンプルな形でも世界で一つの指輪に

指輪づくりはまず、指輪の幅を決め、切り出すことから始めます。
ストレート型は、後で切断面を滑らかになるようにヤスリで削るため、実際の幅より少し大きめに切り出します。
シンプルな型とはいえ、作り手によって形が微妙に違い、同じものは二度と出来ないので、世界で一つのオリジナル指輪が出来ます。

手作り作業する大阪のカップル
指輪サイズを合わせる大阪のお客様

慣れない作業でも二人でなら楽しい

終始笑顔で、慣れない作業にもお互いの様子を見ながら楽しく作業されていました🎶
本当にお似合いのカップル様でした!
この度はご来店誠にありがとうございました!お幸せに✨

プラチナとピンクゴールドでリボンを表現した手作り結婚指輪

2021-03-25 06:46:19  | NoComment
                   

香川県からご来店のお客様のご紹介です。

結婚指輪原型が完成したカップル

デザインを決めるまでの流れ

まず、お客様にはプロの職人とどのようなデザインがいいかを相談し、ショップに置いてある見本から、ベースとなる形を決めてもらいます。ベースとなる形を選んだ後に、細かいデザインについて話し合っていきます。
ジュエリーショップMAKIには、多数のデザインの見本がありますが、お客様がオリジナルで考えたデザインがある場合には、ご希望に添えるように対応いたしますので、お気軽にご相談ください😊

男性でも着けやすいリボンのデザイン

プラチナとピンクゴールドのリボン手作り結婚指輪

今回のお客様はリボンのような形が特徴的なデザインを選ばれました。
リボンの形は、可愛さが強く男性には着けにくいイメージがありますが、このように少し崩したデザインにすると可愛さが抑えられ、男性でも着けやすい指輪に仕上がります。

更に拘りをプラス

さらにオリジナリティを出すために、全体をピンクゴールド、結び目にはプラチナを使い、見る人の目を引く色合いにしました。
リボンの縁に彫られたミル打ちという模様ですが、ミル打ちを施したデザインは形を強調するだけでなくフェミニンなイメージも与える結婚指輪になります。ミル打ちなどの彫刻は金属に仕上げてから職人が施す加工なので、お客様に作っていただく結婚指輪の原型はシンプルなリングになります。
二種類の素材や彫刻、ダイヤなどを入れる場合は別料金になりますが、その分豪華な結婚指輪になります。結婚指輪は一生物なので、拘ってみるのはいかがでしょうか。

指輪の幅を切り取る

最初にお客様にあった指輪の幅を切り出していただきます。
切り出す前のワックスは下記画像の様に青い細長い棒状になっており、作りたい指輪の幅で切り取るだけでよく見る指輪の形になります。

手作り作業をするカップル
指輪ワックスを切る作業

特徴的な形を自分の手で

切り出した後、選んだ見本の形の様にご自分の手で削っていただきます。
小さな指輪を少しずつ削っていくので苦戦されるお客様がいらっしゃいますが、もし間違ったとしても職人がすぐに対応してくれるので安心です🎶

指輪ワックスをヤスリで削る

プロの職人の仕上げ

後日プロの職人がお客様が作られたワックスの原型から、指輪を鋳造していきます。
今回の指輪は結び目の部分を一旦切り離し、全体と結び目を別々の金属に鋳造し、後で繋げていきます。
その後、ミル打ちを手彫りで一つずつ施していきます。
最初から最後まで職人が丁寧に仕上げていくので安心してお任せください😊

この度はご来店誠にありがとうございました!お幸せに💕

スカーフを巻き付けたような手作り結婚指輪

2021-03-03 08:58:31  | NoComment
                   

大阪府南部からご来店のお客様のご紹介です。

結婚指輪の基本形

結婚指輪を手作りする際にまずどのような結婚指輪にするかデザインを決めていきます。指輪のおおまかなフォルムは沢山の形があるように思われますが、大きく分けて以下の3種類に分かれます。

  • ストレート型
  • S字型
  • V字型

ストレート型はその名のとおり、真っ直ぐな形で一番シンプルなデザインです。

S字型は指輪全体が波打っていて無限大のような形になっていて、指に着けるとS字型に見えることからS字型と言われています。

V字型はトップ部分のみV字型に歪んでおり、トップ部分以外はストレートな真っ直ぐな形になっています。V字型によく似たデザインでシャープにV型になっておらず緩やかにトップがU字型になっている物もあります。

おおよその結婚指輪は上記の三つの形のどれかに当てはまることが多く、その指輪の表面の凸凹や模様などによって沢山の種類があるように見えるのです。

基本の形は3つなので手作りが難しそうに見えてもそれほど大きく難易度が変わることは無くどなたでも手作りして頂くことが出来ます。

基本の形に模様を加えてオリジナル

当店の店頭には見本リングが沢山あるので実際に指に着けてデザインを選んでいただけます。

写真などではS字型がきれいなように見えても自分の指に着けてみると似合わなかったりしっくりとこないことがありますので、自分の指に着けて試着するというのが結婚指輪のデザインを決めるうえで大事な作業になります。

ヤスリで指輪を削る大阪のお客様

ご紹介のお客様の場合は細身の指輪より少し幅のあるデザインがしっくりくるようで少しボリュームのあるデザインを元に決めていきました。

ストレート型よりもV字型の指輪が良くお似合いのようでしたので形はV字型に決定です。当店の見本の中に表面が波打たようなデザインがあり、この波打った表面の模様を取り入れてオリジナルの結婚指輪に仕上げます。

基本の形は3種類ですが、このように表面に模様を加えたりダイヤモンドを留めたりして自分たちの好みのデザインに仕上げていきます。

指輪のサイズ合わせする大阪のお客様

プロのお手伝いで満足のいく仕上がり

当店ではもともとフルオーダーメイドの結婚指輪を手掛けておりましたので仕上がりのクオリティーはとても好評をいただいております。

形や模様を作るのが難しいデザインでも丁寧にわかりやすく説明しておりどこを削れば良いかという事はありませんのでご安心ください!

指輪ワックス原型の表面が多少凸凹していてもプロの職人がきれいに仕上げます。

V字指輪のワックス原型

ワックスの状態ではきれいに仕上がっているかどうかわかりにくいですが、金属に鋳造してピカピカに磨けばとても美しい結婚指輪が完成します。

スカーフを巻いたような手作り結婚指輪

V字型の形の表面にしなやかにスカーフが巻き付いたような優しいデザインの結婚指輪です。

表面の波打った部分の光の反射がとてもきれいな結婚指輪になりました!

この度はご来店ありがとうございました😊

着けるとX型、側面が八角形の超個性的な結婚指輪

2021-02-26 12:44:55  | NoComment
                   

大阪府南部からご来店のお客様のご紹介です。結婚指輪の手作りは原型を自分で作り上げるので自分たちの好きな形の指輪を作ることが出来ます。

今回ご紹介のお二人はとても個性的なデザインが大好きで既製品では絶対に存在しない個性的な結婚指輪を作って頂きました。

手作り作業する大阪のカップル

まずデザインを決定するにあたり入念に相談打ち合わせをして作り方などを説明しながら二人の希望のデザインを手作り出来るように考えていきました。

指輪の形をX型にするということなので指輪サイズを通常よりも少し大きなサイズにするようにお勧めしました。細身の指輪の場合と幅広の指輪とでは着け心地が全く違っていて幅広や今回の様にX型のデザインは通常のサイズだときつくて入らない場合があります。

そのことを十分に説明してサイズの制定をしていきました。そして作るための手順も複雑になります。まず、完成した指輪をご覧いただきます。

X型の個性的な手作り結婚指輪

写真を見ていただければお解りのように指に着けるとX型の形です。Xは段差があり2本の指輪を重ねて着けているようにも見えるデザインです。そして表面がカクカクしているのがわかりますが、指輪の側面から見ると八角形の形になっています。

この形をワックスから全て削り出して作るのは初心者ではなかなか難しそうだと思われますが、熟練の職人が手順を追って丁寧にご説明をしながら作っていくので時間はかかりましたが何とか結婚指輪の原型が完成しました!

個性的な手作り結婚指輪原型

削る部分や段差で重なる部分、ダイヤモンドの位置などマジックで下書きを施しながら細かく削る部分を指定します。肉厚で重みもあるずっしりとした指輪になるので値段もそれなりの価格になりますが、フルオーダーメイドでお店に頼むよりも手作りならかなり安価で結婚指輪が完成します。どのようなデザインを作ってもお二人自らが指輪の原型を作るので安く出来上がるのが手作り結婚指輪の大きなメリットでもあります。

結婚指輪の原型が完成した大阪のお客様

今回のお二人の結婚指輪手作り作業が一番時間もかかったように思います。製作作業だけでおよそ3時間程度かかりました。慣れない作業で長時間になり少し疲れた様子ですが、自分たちの希望のデザインが出来上がってとても満足して頂けました😊

X型の個性的な手作り結婚指輪

ピンクゴールドとプラチナで完成した結婚指輪は初心者のお二人が手作りしたとは思えないような仕上がりで、プロがフルオーダーで製作したかのようなクオリティーの結婚指輪になりました!

この度はご来店誠にありがとうございました!

メンズにもブルーダイヤでおしゃれな手作り結婚指輪

2021-02-14 10:46:52  | NoComment
                   

女性物の結婚指輪にはダイヤモンドを入れる事が多くなった昨今ですが、男性物の結婚指輪にもダイヤモンドを入れる事が多くなってきたようです。

ご紹介のお客様は大阪府下より梅田の大阪工房へご来店で結婚指輪を手作りして頂きました。手作り結婚指輪は自分たちで指輪の原型を作るのでオーダーメイドの様に自由なデザインを作ることが出来ます。

指輪を切り出す作業

既製品の結婚指輪の場合は、女性物にはダイヤモンドが入っていても男性物には入っていない指輪がほとんどでダイヤ入りの結婚指輪は無いに等しいでしょう。

男性物にもダイヤモンドが入った結婚指輪を着けたいという希望も簡単にかなえることが出来るのが手作り結婚指輪という購入方法です。

指輪の原型を自分たちで手作りするという手間がかかりますが、その分愛着がわき永年大事に出来る結婚指輪になります。

指輪を削る作業

指輪作りなんて自分に出来るのだろうか。と考えるお客様でもプロのスタッフがマンツーマンで指輪作りを教えていき、要所はプロのサポートで仕上げてくれるのでそのような不安も不要です。

結婚指輪の手作りは思っているよりも簡単でストレート型の真っ直ぐな形であればどなたでも1時間程度で完成させることが出来ます。また、途中でワックスが折れてしまたりしても熱で溶かしてくっ付けることが出来るので失敗の心配もありません。時間もそれほどかからず完成するので不器用な方でも大丈夫です。

完成した結婚指輪原型

こちらのお客様の結婚指輪もデザインはストレート型のシンプルなデザインでしたので1時間程度で完成することが出来ました。

出来上がったワックスはお預かりして鋳造によってプロのスタッフが貴金属に仕上げていきますので完成した結婚指輪は自分で手作りしたとは思えないようなプロ並みの仕上がりになります😃

お二人の完成した手作り結婚指輪がこちらです!

メンズにもブルーダイヤでおしゃれな手作り結婚指輪

レディスに合わせてメンズの方にもダイヤモンドを入れています。ホワイトダイヤだと派手だと思う方にはこちらの結婚指輪のようにブルーダイヤを入れる事をお勧めします。サムシングブルーにちなんだような結婚指輪になり縁起の良い物にもなりました✨😊

手作り結婚指輪はネイルしてても大丈夫?!

2021-02-05 03:57:12  | NoComment
                   

結婚指輪の手作りはお客様自身でワックスを削って指輪の原型を作って頂きます。そのため作業がしやすいように爪は短い方が良いのですが、女性の方でネイルをしている方もいらっしゃいます。ネイルをしていると華やかで可愛らしく女性のファッションでは欠かせないものになっていると思いますが、指輪作りとなると邪魔になるように思っていました。

ですが、指輪作りのためにわざわざネイルをとってしまうというのももったいないのでそのまま作業をして頂きますが、ネイルが好きな女性はネイルをした状態でも何でも作業をこなせるようです。他のいろいろな事も器用にこなせるのがすごいです!

ネイルでも器用に指輪原型を手作り

ご紹介のお客様は奈良県からお越しで、手作りで結婚指輪を製作していただきました。彼女はきれいなネイルをされているお客様でした。

やはりネイルをされているとちゃんと作業が出来るかな?と心配もいたしましたが、いざ作業を始めてみると器用に爪が当たらないように作業が出来ていました。

指輪作りだけでなく、料理やタイピングなど一見爪が邪魔になりそうな作業も慣れれば難なくこなせるようです。

今回手作りして頂いた結婚指輪のデザインはU字型にカーブしたデザインだったので細かい作業が必用でしたがきれいにワックス原型が完成いたしました。

ネイルしてても完成した手作り結婚指輪

女性にトットは自分の体の一部であり、ネイルすることによって女性らしく華やかになるので欠かせないものになっているのでしょう。ネイルをすると指が長くきれいに見えるのも重要なところだと思います。

完成したワックス原型を仕上げた結婚指輪がこちらです!

U字型ダイヤが豪華な手作り結婚指輪
U字型ダイヤが豪華な手作り結婚指輪

レディスにはダイヤモンドを3個埋め込んで華やかに仕上げております。

女性らしいきらびやかなデザインとなりネイルがきれいな女性の指にとってもお似合いの手作り結婚指輪となりました😊

手描きの地球で二人の世界を表現した結婚指輪

2021-01-22 05:11:16  | NoComment
                   

自分たちで手作りする結婚指輪のデザインはシンプルなストレート型の結婚指輪を作って頂くことが多いです。

シンプルなデザインであっても二人で手作りした指輪ということに価値があり、二人にとってオリジナルの結婚指輪になるからです。

初心者のカップル様が自身で結婚指輪の原型を作るので複雑なデザインを作ることは難しく、二人にとってもハードルが高いと思われていることもあるかもしれません。結婚指輪の形は沢山あるように思われますが、実際にはほとんどのデザインがストレート型、S字型、V字型の3つに分類されるのでそれほど難しい物ではありません。手作り作業はプロの職人が順を追って丁寧に教えながら作っていくので作りたい形があれば作れるようにサポートさせていただいております。

どのようなデザインを手作りしたいかを事前に考えていただき当日ご相談してみてください。無理だと思っているデザインでも意外と簡単に製作出来る形かもしれないので難しそうなデザインでも、ぜひ相談してみてください。

大阪工房で手作り作業する二人

今回ご紹介のお客様は大阪南部よりご来店いただいたお客様です。二人にとって指輪の形はそれほど重要な物ではなくシンプルな結婚指輪を作って頂きました。

シンプルなストレート型の指輪を手作りしてのには理由があり、指輪を合わせて内側に地球のマークを浮かび上がらせたいという希望があったからです。

この地球のマークはお二人が手描きをしたデザインでオリジナルの地球のイラストです。指輪をぴったりと合わせて模様を浮かび上がらせるにはストレート型が最適で、S字型などの歪んだ形ではサイズによってカーブの歪みが違いぴったりと合いません。そのためストレート型のシンプルな結婚指輪を手作りすることに決まりました。

手描きの地球の彫刻が浮かぶ手作り結婚指輪

あまり細かい模様だと線と線が重なりつぶれてしまうのである程度デフォルメした地球です。デフォルメすることによって逆に味のあるイラストになり可愛らしいデザインになっています。

地球上で世界で二人だけの結婚指輪、二人だけの世界を表現したロマンチックな内側彫刻です。

大阪工房で結婚指輪を手作りした二人

この度はご来店誠にありがとうございました!

オリジナルマークを彫刻したシンプルな手作り結婚指輪

2021-01-06 14:06:15  | NoComment
                   

大阪府下よりご来店のお客様のご紹介です。シンプルな甲丸型の結婚指輪を手作りして頂きました。自分たちの手作りで作る結婚指輪のデザインで、意外と人気なのが何も模様の入っていないシンプルなプラチナ甲丸型の結婚指輪です。

シンプルなデザインは作るのも簡単で短時間で結婚指輪の原型を完成させることが出来ます。

指輪の切り出し作業

結婚指輪の原型を作るためのワックスはチューブ状になっており、作りたい指輪の幅で切り取るだけでドーナツ状の形になります。

この切り取ったワックスの表面を削ったり、内側を削ってサイズを合わせていくと完成します。

指輪のサイズ合わせ

ワックスのサイズを合わせる方法はリングリーマーという道具を使って穴を広げて自分たちのサイズに合わせていきます。ワックスは柔らかいので削ったり穴を広げるのは力もいらず簡単ですが、逆に削り過ぎてしまうことがあるので力を抜いて優しく作業をしていくのがちょっとしたコツです。

結婚指輪を作る作業はほとんどの方が初めて行う作業なので最初は力の入れ具合がわからず戸惑いがちですが、慣れれば簡単でいろんな形を削って作ることが出来るのでみなさん「楽しい!」「面白い!」と言ってくださいます😊

ご紹介のお客様も楽しく作業が出来たようで面白かったと言ってくださいました。デザインはシンプルで飽きの来ないデザインが良いという事でシンプルな甲丸型の結婚指輪になりましたが、内側の彫刻に拘ってオリジナルのマークを彫刻いたしました。

結婚指輪の内側に入れる彫刻は色々な書体やマークを入れる事が出来、お客様の希望でオリジナルの模様やマークを入れる場合も無料で彫刻させていただいています。

今回のお客様は月と太陽を重ねたようなデザインのマークを彫刻いたしました。

内側にオリジナルマーク月と太陽手作り結婚指輪

幅が細い結婚指輪だと内側に入れる彫刻も小さくなってしまうため、はっきりと彫刻が認識できるように少し広めの幅の結婚指輪となりました。

お客様に手作りしていただいた結婚指輪のワックス原型です。このようなストレート型のシンプルなデザインであれば1時間もあれば完成します。手作りで結婚指輪を作りたいとご検討のお客様は参考にしてください😃

手作りするからデザイン違いでもOK

2020-12-06 06:43:41  | NoComment
                   

今回ご紹介のお客様は大阪市内からご来店いただきました。当工房へは歩いても来られるくらいの距離にお住いの様で大阪駅周辺でお買い物もかねて手作りにご来店頂きました😃

手作りで結婚指輪を作る場合は指輪の原型を自分たちの好きなように作るので、自作できる形であれば自分たちの好みに合わせられます。今回のお客様はレディスは緩やかなU字型のデザインで、メンズはシンプルなストレート型の結婚指輪になりました。

男性の場合はデザインに拘らずシンプルなデザインを好まれるようですが、女性は可愛らしいとかキラキラ輝くとか結婚指輪に対していろいろな要望があります。このためメンズはシンプルですが、レディスは彼女の好みに合わせて緩やかかなU字型のフォルムにダイヤモンドを1個留めて女性らしい結婚指輪になっています。

このように男性と女性とでデザインが違うものは既製品ではあまりなく、手作りならでわの結婚指輪です。

リーマーでサイズ合わせ

こちらのカップル様は自分で自分の結婚指輪を作っていただきました。基本的に女性のほうがサイズが小さく、男性がサイズが大きいので男性物の結婚指輪のほうが削る部分が多くなり少し手間がかかります。男性の方がこのような作業は得意な方が多いので、自作で作るのが理にかなった方法ですが、心情的には相手に自分の指輪を作ってもらった方がありがたみがあり大事に出来る結婚指輪になるので作りあいっこする人が多いです😊

しかし、今回の様にメンズはシンプルでレディスがU字などの歪みのある形の場合はレディスのほうが手間がかかりますが頑張って手作りして頂きました!

指輪をU字型に削る

メンズはストレート型なので形を削り出すという事無く出来上がりますが、レディスはU字型に削るデザインなので細かいヤスリを使ってU字型に削り出します。

少し手間がかかりましたが、お二人ともに結婚指輪の原型が完成してプラチナ鋳造によって完成した結婚指輪がこちらです!

U字型とストレート型の手作り結婚指輪

レディスは緩やかにU字型にカーブして大きなダイヤを1個埋め込んだデザインです。メンズはシンプルなストレートのプラチナ甲丸型です。

U字型とストレート型の手作り結婚指輪

表面の仕上げなどは当店の職人が行いますので多少の凸凹があってもきれいに仕上がり、自分で手作りしたとは思えないような結婚指輪に仕上がります。