結婚指輪の表面には自分で模様を入れられます

2020-11-23 03:54:43  | NoComment
                   

結婚指輪の元になる原型のワックスは柔らかく簡単に切ったり削ったりすることが出来ます。また熱で溶かしてくっ付けたり盛り上げたりすることが出来るとても便利な素材です。

ワックスは爪でひっかくだけで簡単に削れる硬さなので模様などを入れるのも容易に入れることが出来ます。そのためヤスリや先の尖った道具で模様を入れるだけでなく彫刻刀やハンドモーター、細かいデザインであれば針の先のようなもので模様を入れることが出来ます。

結婚指輪の太さは2mm~3mmと細いのですごく細かい模様を入れるには顕微鏡などをのぞきながら作業をするようになります。初心者のお客様の場合はこのような作業は難しいですが、簡単なデザインの模様はハンドモーターなどを使えば簡単です。

ハートを削った結婚指輪の原型

今回ご紹介のお客様は指輪の表面にハンドモーターを使ってハートマークを彫っていただきました。ハートの模様は二つの指輪を合わせると浮かび上がるように半分づつのハートをそれぞれ彫っています。

模様を入れるにはマジックなどで下書きをして、その部分をなぞるように削っていくので簡単です。少し不安な方は不要なワックスで練習してから本番のワックスを削っていただきますので安心してください。失敗しても熱で溶かせば元の表面に戻すことが出来るので全く心配はいりません。

ハートの模様などは単純な形なのでほぼ失敗することは無くできるデザインです。こちらのお客様もきれいにワックス原型を仕上げることが出来、プラチナで仕上げることが出来ました!

合わせるとハートが浮かぶ手作り結婚指輪

結婚指輪の指のサイズはカップルによって組み合わせが違ってきます。そのため既製品では作ることが出来ません。ハートの模様は二人が気にったようにマジックで下書きして、そのとおりに彫るので厳密には作り手によって微妙に形がちがい、オリジナルのハート模様になります。

ハートを削った手作り結婚指輪

こちらのデザインはハート型が良くわかるようにハートの中をブラストのつや消しにして強調しています。光沢表面の一部をつや消しにしているのでアクセントにもなりおしゃれな仕上がりとなりました。

指がきれいに見えるお勧めの手作り結婚指輪デザイン

2020-11-04 05:54:46  | NoComment
                   

結婚指輪のデザインにはいろいろな形があるように見えますが、実際は大きく分けて3種類のどれかに当てはまる形が多いです。

結婚指輪の形で一番多い形はストレート型の真っ直ぐしたデザインです。次に全体がS字型に歪んだ形、その次はトップ部分のみ歪んだV字型、U字型と並びます。

沢山の形があるように見えますが、上記のいずれかに含まれることが多いです。指輪の形によって印象がありますが、中でもV字、U字型の形は着けた指が長くきれいに見える特徴があります。

なぜV字・U字型がきれいに見えるのか

それではなぜ指が長くきれいに見えるのかをご説明します。

指輪を着けた時に指だと認識する部分は指先から指輪までの距離です。この距離が長いほど指が長く見えるのですが、V字・U字型の場合は指輪のトップ部分が手の甲側に歪んでいるため指先から指輪までの距離が長くなります。そのため視覚効果により指が長く見え、かつきれいに見えるのです。

U字型に歪んだ手作り結婚指輪

指輪の形は好みによって選ばれますが、指をきれいに見せたい場合はおすすめの形なのでこの効果を知っておいて損のないことだと思います。

U字型に歪んだ手作り結婚指輪

指輪の形でイメージが変わる

V字・U字型の形は指がきれいに見えることがわかりましたが、指輪の形によって着ける人の印象が変わり人によって好みもあるので、自分たちの好みに合わせるのも良いでしょう。

ストレート型は一番結婚指輪らしくオーソドックスで飽きがこず長年身に着けられる形です。表面の形が平打ちと甲丸でクールにもなり可愛らしくもなるので沢山の方に支持される定番の結婚指輪です。

S字型は可愛らしくフェミニンな形なので、かっこよいよりも可愛らしく洋服に合わせたいという人にはおすすめです。男性によってはS字型が似合わない人もいらっしゃるので実際に指に着けてみて試してみるのも良いでしょう。

V字・U字型はエレガントでもあり可愛らしさも兼ね備えた形です。先が鋭角に曲がったV字はシャープな印象を与えます。U字型は可愛らしくなります。トップ部分の歪み加減でどちらでも印象を変えることが出来るのでストレートとS字の両方の印象を兼ね備えた形と言えます。また手作りする方法もストレート型よりも少し手間がかかりますが、S字型よりも簡単です。

U字型を手作りした大阪のお客様

ここでご紹介するお客様は大阪市内のお客さまで指輪のデザインを決める際に転倒の見本をご覧になり、実際に身に着けて指が長くきれいに見えるU字型の結婚指輪を手作りして頂くことになりました。

指輪を切り取ります

ワックスを切り出すときはU字型に歪んだ部分を含む広さで切り取ります。少し広めのワックスを切り取って、U字型の形を削り出して指輪の形を作っていきます。

指輪のサイズを合わせる大阪のお客様

こちらのお二人はお互いの指輪を作りあいっこして頂いたので彼が彼女の指輪を作り、彼女が彼の指輪を手作りしています。

彼女の指輪サイズはとても小さかったので削る部分も少なく比較的簡単なのですが、彼のサイズが大きかったため内側のサイズ合わせも沢山削っていただきました。男性物の指輪サイズが大きいことが多いため作りあいっこする場合は女性の方の作業が少し多くなります。

指輪原型が完成した大阪のカップル

数時間後、お二人も無事に結婚指輪の原型が完成いたしました。作業中も楽しみながら作業して頂けたようで良かったです。

この度はご来店ありがとうございました😊

初めての手作りでもプロ並みの仕上がりになります

2020-10-28 12:25:22  | NoComment
                   

自分たちで作る手作り結婚指輪のお客様は多くの場合、自分たちで手作りするという事に意義を感じて手作りにご来店されます。

そのためデザインはそれほど拘らずシンプルなデザインを手作りするお客さんが多いです。細身でシンプルというのも今のトレンドになっていますが、中にはどうせ作るなら自分たちの拘ったデザインを手作りしたいというお客様もいらっしゃいます。

今回ご紹介のお客様はデザインに拘って結婚指輪を手作りして頂きました。指輪のデザインはトップ部分がU字型になっていて腕が互い違いに重なっているデザインです。

互い違いの腕が重なる手作り結婚指輪

重なった腕は左右で表面の仕上げも違っていて、一つは平面でもう一つは山型になっています。いかにも作るのが難しそうなデザインですが、この結婚指輪も初めてご来店で、初めて手作りして作り上げたものです。

お二人に手作りして頂いた指輪の原型を見ていただきましょう。

U字型結婚指輪原型

完成した結婚指輪を見ると複雑なつくりをしているように見えますが、原型は意外と単純な形でU字型のデザインのトップを斜め溝を入れて境目を作っているだけです。

細かい部分の仕上げは当店の熟練職人が仕上げますので多少の凸凹は滑らかに仕上がります。また、ダイヤモンドや山型の半分のつや消し部分は貴金属に仕上げる段階で当店で仕上げていきますのできれいに仕上がります。

この指輪以外でも当店のホームページでは様々な結婚指輪をご紹介していますので、拘った自分たちのオリジナル結婚指輪を作ってみたいというお客様は是非参考にしてください!

互い違いの腕が重なる手作り結婚指輪

光沢とつや消しでイメージの変わる結婚指輪

2020-10-23 07:18:25  | NoComment
                   

結婚指輪は貴金属のプラチナやゴールドを用いて作られていますが、貴金属の魅力は磨くと鏡の様にピカピカに光るのが魅力です。ですが、あえてマットなつや消しに仕上げて雰囲気を違ったものにすることも出来ます。

つや消しの注意

つや消しにすることで結婚指輪の印象がガラッと変わる加工方法ですが、注意しなければならない事もあります。つや消しにした場合の注意点などを解説します。

つや消しの加工法と構造

つや消し加工は金属の表面に何かを塗るわけではありません。つるつるに磨いた表面は周りの景色を反射して鏡の様に光りますが、つや消しはこの表面に小さな凸凹を作って光を乱反射させて曇ったようにしています。

つや消しにする方法は色々ありますが、主な方法としてはサンドブラストという方法があります。サンドブラストは小さな砂の粒子を空気の圧力によって噴出させ、つや消しにしたい部分に砂の粒子を吹き付けて小さな凸凹を作ります。

あまり硬い物質だと砂が当たってもきれいなつや消しにはなりませんが、プラチナやゴールドは適度な硬さなので小さな凸凹が出来つや消しにすることが出来ます。

つや消しは傷が目立つ

つや消しにした表面は落ち着いた上品な仕上がりになりますが、デメリットもあります。小さな凸凹を付けてつや消しに適した硬さのプラチナやゴールドですが、逆に傷がつきやすいという事になります。

身に着けていると日常生活で硬いものにあたると傷がつきますが、光沢に仕上げた表面は周りの景色が反射して映り込むので少々傷がついたとしても映り込みによって傷があまり目立ちません。

つや消しの場合は景色の映り込みが無いので傷がつくと、とても目立つようになります。日常傷がつくのは仕方がありませんが、なるべく荒っぽい作業や硬いものを扱う場合は指輪を外したほうが良いでしょう。

つや消しの仕上げ直し

キズがついてつや消しもだんだん無くなってきますが、再度のつや消し直しは出来るのでしょうか?ブラストによって砂の粒子を吹き付けるとつや消しになるので簡単に出来そうに思いますが、ほとんどの場合お勧めはできません。

なぜなら、指輪表面に着いた傷は大きな傷や小さな小傷が沢山入った状態ですが、まず、この傷をきれいに取り除いて磨く必要があります。研磨によって小傷などはとれますが、大きな傷は取り除くのが難しく研磨しても表面に残る場合があります。この大きな傷が残った状態でつや消しにするとあまりきれいな仕上がりにならないことがあります。

このような場合は、逆にきれいに磨いて光沢仕上げにしてしまうのも一つの方法です。

おすすめのつや消しにする部分

このようにつや消しは傷が目立ちやすく再仕上げもしにくいので指輪の構造で傷の入りにくい部分に施すのが良い方法と言えます。表面がシンプルで凹んだ部分が無いデザインではどうしようもないのですが、凹んだ部分がある場合はその部分は傷がつきにくいので、このように凹んだ部分につや消しするのはおすすめです。

今回ご紹介のお客様はレディスを光沢仕上げ、メンズをマットなつや消しに仕上げた手作り結婚指輪です。

手作り作業する二人

デザインは同じですが、指輪幅を変えてレディスは細く、メンズは男性らしく幅を広くしています。表面のデザインは螺旋状の捻じれたラインが入ったデザインでメンズの様に幅が広いとかなりカジュアルなイメージのする印象になります。

こちらのお客様の場合は少し落ち着いた雰囲気を出すために表面全体をつや消しにして光沢を無くした仕上げにしています。幅が広く光沢だとギラギラした印象になってしまい派手さが出てきます。派手さを抑える意味でもつや消しは有効な手段になっています。

また螺旋状のねじれは窪んだ斜めのラインなので硬いものに触れにくくつや消し面にキズが付きにくい構造です。

結婚指輪の原型が完成した二人

幅が広いデザインが好きだが派手になるのは抑えたいといったお客様の場合はつや消しを取り入れると落ち着いた雰囲気になるのでお勧めです。

プラチナで仕上がった結婚指輪がこちらです😊

光沢とつや消しの捻じれた手作り結婚指輪

レディスは細身なのでピカピカに磨けばエレガントな雰囲気になっています。メンズはご覧の様に幅が広いので光沢であれば派手な印象になっていたと思います。

光沢とつや消しの捻じれた手作り結婚指輪

仕事柄などあまり目立つ指輪にしたくない場合はつや消しにするのがおすすめです。

ハート・ダイヤ・イニシャルで完全オリジナルの結婚指輪

2020-10-14 02:46:17  | NoComment
                   

結婚指輪を手作りする場合は自分で作れる形であればどのような形の物でも指輪に仕上げることが出来ます。

今回ご紹介のお客様が手作りして頂いた結婚指輪のデザインは色々なデザインを組み合わせて完全に二人だけのオリジナル結婚指輪を手作りして頂きました。

結婚指輪を手作りする徳島のお客様

デザインを決める際は店頭の結婚指輪の見本をいろいろご覧になり好みのデザインをチョイスしていきます。シンプルなデザインよりも少し拘ったデザインにしたいという事でお二人でも手作り可能なデザインを提案していき、デザインは決定しました😃

楽しそうに指輪を手作りするカップル

結婚指輪の手作り作業はマンツーマンでお二人だけで製作して頂きますので、楽しく作業を進めていくことが出来ます。時間に制限もありませんので練習など十分にして頂いてから本番の原型に加工を施していくことが出来ます。

お二人が作っていただいたデザインは合わせると模様が浮かぶ結婚指輪だったので、サイズ棒に二人の指輪をセットして、合わせると浮かぶ模様をマジックで下書きをし、下書きの通りに模様を入れていきます。

今回のデザインはS字型の形をしており、ぴったりと合わせるのは難しい作業でしたが、少々すき間が空いても大丈夫だという事でS字型でチャレンジです。

表面には模様を沢山入れたので完成までは2時間強かかりましたが満足いく結婚指輪の原型が完成しました👍

完成した結婚指輪原型

綺麗にワックスが仕上がったようでお二人とも満足そうで貴金属での仕上がりを大変楽しみにして頂きました!

1か月半ほどで完成した結婚指輪がこちらです✨

ハートとダイヤとイニシャルで完全オリジナルの手作り結婚指輪

かなり拘ったデザインで指輪を合わせると右にハートが浮かび上がり、左にはイニシャルの文字が浮かびます。中央にはダイヤモンドを留めていますが、レディスにはピンクダイヤを中央に両サイドにホワイトダイヤを留めて斜めにグラデーション石留をしています。

メンズの中央部分にもブラックダイヤを1個シンプルに留めてレディスとの一体感を出しました。

この度はご来店ありがとうございました💖

カラーダイヤで一味違う手作り結婚指輪に

2020-10-08 04:30:46  | NoComment
                   

兵庫県から大阪工房に結婚指輪を手作りでご来店いただいたお客様です。

手作りらしいデザインと、手作りならでわの結婚指輪にしたいとのご相談で店頭の見本リングをご覧いただきながらデザインを決定していきました。

可愛らしいデザインが好みという事でハートのモチーフを結婚指輪に取り入れることに決定し、手作りでしか作ることが出来ない合わせるとハートが浮かぶように模様を入れる事になりました。

指輪を合わせると浮かび上がる模様は指のサイズの組み合わせによって大きさが違わないように二人のサイズの指輪に合わせてハートを彫らないと出来ないので、既製品では不可能なデザインです。

兵庫の手作りお客様

基本の形は二人の指輪をぴったりと合わせることが出来るストレート型です。ストレートの指輪原型を作るまでは短時間に簡単に出来るので1時間もあれば作ることが出来ます。

ストレートの指輪原型が出来上がったあとで、表面にハートが浮かぶ彫りをしていきます。ハートの形を彫るには指輪にマジック等で下書きをします。

ハートの下書きをマジックで指輪に描く

二人の指輪をぴったりと合わせた状態で下書きをするのも少し難しいですが、指輪が細いので、小さい模様となるとマジックで書くのも少し苦労するようです。

ワックスの表面に描いた下書きは失敗しても表面をこすれば消えて書き直すことが出来るので、何度か書き直すうちに上手に描けるようになってきます。

ハートの模様が上手に描ければハンドモーターを使ってハートを彫ります。

指輪のハートをハンドモーターで彫る

失敗しないように練習してから本番で自分たちが作ったワックス原型にハートを彫ります。

細かいデザインなので慎重に作業しましょう。模様は細かくハンドモーターで滑らかなハートを彫るのはなかなか難しいので、ある程度の形が彫れたら仕上げは当店の熟練職人が行います。彫った面が少し凸凹していても職人の手で仕上げればれいに仕上がりますのでご安心ください😊

完成した二人の手作り結婚指輪がこちらです✨

指輪を重ねるとハートが浮かび上がるだけでも手作りならでわの結婚指輪になりますが、レディスには水色ダイヤを留めてオリジナリティーがアップしたものになっています。

合わせるとハート水色ダイヤの手作り結婚指輪

ハートの形も上手に彫れており滑らかな美しいハート型が浮かびます。ハートの中はブラストのつや消しで形がよくわかるようになり、可愛らしさもアップしまあす。

合わせるとハート水色ダイヤの手作り結婚指輪

ダイヤモンドは全て白色でも美しいのですが、真ん中1個だけをカラーダイヤにすることで一味違う結婚指輪になります。

既製品には絶対に存在しないお二人だけのオリジナル手作り結婚指輪になりました😋👌💖

手作り結婚指輪の来店から完成までの流れ

2020-10-07 08:05:29  | NoComment
                   

ご紹介のお客様は高知県よりのご来店です。遠方より遥々ご来店いただき疲れも見せず手作り作業をして頂きました。

まず店頭で結婚指輪の手作りについていろいろ説明をさせていただき、作る結婚指輪のデザインを決定していきます。

店頭の沢山の指輪見本を見ていただき、気に入ったデザインを少しアレンジしたような形でデザインが決まりました。

二人で結婚指輪の手作り作業

デザインが決定されますと、作るデザインを設計図の様に紙に書き、そのデザイン設計図を元に作り方を教えながら作業をして頂きます。作り方は指輪のデザインによって多少違ってきますが、どのようなデザインの指輪でもまずチューブワックスの切り出しから始まります。

チューブワックスを作る指輪の幅で切り出します。切り出した断面をヤスリで整えれば結婚指輪の元になるドーナツ状のワックスになります。

指輪の厚みを削る彼

次にドーナツ状のワックスの穴を削ってサイズを合わせ、不要な厚みを適正な厚みまで削っていきます。

ストレート型のシンプルなデザインであればここまでの作業で原型はほぼ出来上がりなのですが、ご紹介のお客様の場合はS字型に削り出し、表面に溝を入れました。

細かい部分を削る彼女

細かい作業ですが、ワックスは柔らかいので力を入れず優しくなでるようにヤスリを動かせば簡単に削ることが出来ます。

約2時間ほどでお二人の結婚指輪の原型が完成しました。完成した結婚指輪の原型がこちらです。

結婚指輪の原型

ご覧の様にS字型の形でトップ部分に斜めに溝ラインが入った結婚指輪の原型です。

高知のお客様手作り結婚指輪の完成

原型は当店でお預かりして約1か月半ほどで貴金属で仕上がった結婚指輪の完成になります。

プラチナに鋳造により貴金属になってからの加工を当店で施して完成です。レディスにはダイヤモンドのセッティングを施します。

サイドにダイヤを豪華に留めた手作り結婚指輪

ワックスではわかりにくかった形がはっきりと見えて、表面を鏡面に磨いた金属の光沢がとても美しい手作り結婚指輪になりました。

サイドにダイヤを豪華に留めた手作り結婚指輪

結婚指輪の作り方はデザインによって多少違いますが、多くは上記のような流れで作業をしていきますので、結婚指輪の購入をご検討のお客様は是非、手作り結婚指輪をよろしくお願いいたします。

自分の好みで作れる手作り結婚指輪

2020-09-28 05:35:09  | NoComment
                   

ご紹介のお客様は大阪工房へお越しの大阪府下のお客様です。結婚指輪の手作りは自分で原型を作り、その原型をもとに鋳造によって結婚指輪に仕上げていきます。

自分で結婚指輪の原型を作るので自分たちで作れる形であればどのような形でもプラチナやゴールドに仕上げることが出来ます。一般的に結婚指輪のデザインは男女ともによく似たデザインでペアにすることが多いですが、自由な形を作れるというメリットを活かして自分たちの好みで結婚指輪の原型を手作りして頂きました。

結婚指輪の幅で切り取り線を入れる

男性の場合は普段指輪を着けることが少なく、どのようなデザインがあるのか?また、好みもわからないといった方が多いですが、男性でも拘りを持って自分の好みがはっきりしている方もいらっしゃいます。

ご紹介のお客様も彼の好みがはっきりしており欲しいデザインがありましたので彼の好みで自分の結婚指輪を作っていただいています。

彼女のほうも自分の好みで結婚指輪を作っていただいたので男女で全く違った結婚指輪のデザインになっています。

指輪を切り取る作業

彼女の指輪のデザインはS字型で丸みのある表面の女性らしいしなやかなカーブが特徴の結婚指輪です。彼の指輪はストレート型で幅が少し広めの平打ち型でカジュアルなデザインです。

全く違った形ですが、それぞれ自分の好みに合ったデザインを作れるという事に満足感もあり、大事に出来る結婚指輪になります。

既製品では絶対に手に入らない結婚指輪になりますし、お互いに自分の満足のいく結婚指輪を作って指に着けることが出来る合理的な結婚指輪です。

結婚指輪原型が完成した大阪のお客様

数時間後、自分たちで丁寧に仕上げた結婚指輪の原型が完成しました。レディスは細身のS字型のフォルムに大きめのダイヤモンドを埋め込んで女性らしい優しいデザインに仕上がりました。

メンズは幅広に平打ち型で内側を紫のコーティングでカジュアルな結婚指輪のデザインです。それぞれに自分たちの好みで自分に似合った結婚指輪になっています。

内側が紫の手作り結婚指輪

外観は全く違ったデザインですが、プラチナ素材がブライダルリングの雰囲気をだし、内側の彫刻はブライダルリングらしく記念日とお互いのイニシャルを入れています。

内側が紫の手作り結婚指輪

レディスはフェミニンで、メンズはカジュアルです。このように自分たちで作る手作り結婚指輪ならでわの特徴を活かして結婚指輪として手作りして頂きました。

中央ミル打ちでエレガントな手作り結婚指輪

2020-09-27 02:01:33  | NoComment
                   

今回ご紹介のお客様はエレガントなミル打ちを打ち込んだ結婚指輪を手作りして頂きました。

体格さのあるカップル様でしたのでレディスはサイズ小さく、メンズはサイズが大きくて指輪の大きさにもかなり差があります。体の大きさが違うと指のサイズや長さが違うのでお二人に似合った指輪の大きさで手作りして頂いています。

中央ミル打ち手作り結婚指輪

シンプルな甲丸型の指輪の中央に1列ミル打ちを全周に施しています。ミル打ちは通常は角のある凸部に打たないときれいなミル打ちは出来ないのですが、指輪の中央は平面なので凸部を作るために彫刻を施してからミル打ちを施しています。

作業中の徳島手作りお客様

手作りで結婚指輪の原型を製作中のお二人です。彼の身体が大きいので彫金机が小さく見えます。基本的な形はストレート型のシンプルなワックス原型を製作するのでそれほど難しくはありません。

ただし、身体が大きく指のサイズが大きい人の場合はワックスの内側を削ってサイスを合わせる際には沢山内側を削ってサイズを大きくしなければいけないのでその分削る量も多くなり時間も少しかかります。

彼女のサイズは極端に小さいサイズでしたので、彼女の指輪のほうが作業時間が短く早く出来上がっていきました。

手作り結婚指輪の原型完成

レディスは幅も細くして彼女に似合う可愛らしいエレガントなデザインになっています。メンズは指も大きいので少し幅を広くしてサイズに似合った指輪幅で製作しています。数時間後お二人の結婚指輪原型が完成しました。

完成したワックスをお預かりしてプラチナ鋳造後きれいに仕上げて結婚指輪の完成です!

中央ミル打ち手作り結婚指輪

彼女の指輪はミル打ちの中に小さなダイヤモンドを1個埋め込んで可愛らしさを増した女性らしい結婚指輪になっています。

メンズも幅を広くしてミル打ちを施しても可愛らしくなり過ぎないように仕上がっています。

この度はありがとうございました(^^)

ハートは女性の永遠のアイテムです

2020-07-22 10:40:05  | NoComment
                   

ハートの形は女性にとってとても人気のある形です。洋服や小物などファッションなどに多く取り入れられているハート型は流行に左右されず世界中の女性の憧れのモチーフとなっています。

そんなハート型を取り入れた見た目に可愛らしい結婚指輪を手作りして頂きました。とはいえ、男性にとっては可愛らしすぎると少し引け目を感じるハートですが、こちらで紹介しているデザインは指に着けると普通のV字型の結婚指輪に見える形です。

指輪を外して斜めから見た時にハート型がシルエットとして現れます。そのため男性でもV字型の指輪に見えるため抵抗なく着けていただけるデザインです。

ハート型の起源と由来

とても人気のハート型ですが、その起源と由来はどのような物なのでしょうか?

ハートモチーフは愛情と幸福の象徴として古代より受け継がれた形です。ハートの形は見るだけでなぜか癒されて幸せな気分になります。これは昔から人々にその印象が深く刻まれているためです。古代エジプトではハートが意識の中心であり命そのものと言える思考がありました。

この形は心臓の形であるとか、女性の体をモチーフにしたもの、または神聖な果物の実をモチーフにしたものと様々な説が存在します。当初は愛を表すものとして扱われていましたが時代が進むにつれて、それ以上にいろんな意味も含まれるモチーフになってきました。

ジュエリーに使われるハート

愛を表すモチーフのハートがその意味合いから、結婚指輪や女性への贈り物に多く取り入れられるようになってきます。

そのことから女性にとってハートが男性からの愛の証として認識されるようになってきて贈られた女性は大変喜ばしい事ととらえられるようになりました。

古くから女性の心に刻まれた愛情の証として、ハート型がDNAのなかに刻まれているのかもしれません。

ハートにアイビーを加えて末永い愛を表現

ここでご紹介したお客様は、愛の象徴と言えるハート型の表面にアイビー彫刻を加えて末永い愛を表した結婚指輪になっています。

シルエットがハートに見え手作り結婚指輪

アイビー(蔦)は成長が早くどこまでも長く伸びるということから縁起の良いモチーフと知られ、ハートとアイビーを組み合わせたデザインは永遠に続く愛の証としてとても良い組み合わせになりました。

シルエットがハートに見え手作り結婚指輪

メンズにもハートとアイビー彫刻を施しています。

この度はありがとうございました😊

高知のお客様手作り結婚指輪完成

可愛くて人気のミル打ちとつや消し手作り結婚指輪

2020-07-18 02:35:05  | NoComment
                   

今回ご紹介のお客様が手作りした結婚指輪のデザインは可愛らしく見えるデザインです。

細めのストレート型のフォルムに全体をブラストつや消しにし、エッジに小さなつぶつぶが並んだミル打ちを施したフェミニンな結婚指輪です。

手作りワックス切断作業

指輪の切断作業

ストレート型なので自分の作りたい幅で元になるワックスを切りだします。ワックスを真っ直ぐ切るのは難しくだいたいの方が歪んで切れてしまいます。でも、歪んでしまって断面がガタガタになっても大丈夫です。作りたい幅より少し広めに切っていますので断面ガタガタでも作りたい指輪幅があればヤスリで削って指輪幅に合わせることが出来ます。

切り取った断面をヤスリで削る

指輪断面を削る

ノコギリでワックスを切り取った後は表面などヤスリ作業です。切り取ったすぐのワックスは厚みや幅が広いので作りたい幅まで専用のヤスリを使って削ります。

真っ直ぐ削る、幅をそろえる。といった作業は機械を使わず手作業なのでぴったりというわけにはなかなかいきませんが、その都度細かくノギスなどを使って測りながら削っていきます。場所によって多少幅が違ったりすることがありますが、それも手作りの味です。自分の削った癖の様なものが出たという証なので、より手作り感も増して愛着がわくものになるので多少幅が違っても手作りの良いところ(メリット)と思っても良いと思います😃

難しい部分はお互いに手伝いながら作業

二人で協力して手作り作業

手作り作業は工程によって自分の苦手な部分もあると思います。お互いに自分の指輪を相手に作ってもらう作りあいっこで製作することが多いですが、難しい部分はどちらか得意なほうが手伝いながら作業していただけます。

お互いに協力することでより二人の仲も良くなり、作業を通じて二人だけの共通の体験となり出来上がった指輪はより愛着がわくと思います。

完成した手作り結婚指輪

手作り結婚指輪原型の完成

数時間後完成した結婚指輪のワックス原型をお預かりしてプラチナで仕上がった手作り結婚指輪がこちらです。

指輪のミル打ち部分は光沢でキラキラと輝き、中央部分は丸い形でつや消しになっており、可愛らしい手作り結婚指輪が完成しました!

ミル打ちとつや消しの可愛い手作り結婚指輪

この度はありがとうございました!

結婚指輪の溝を彫る便利な道具

2020-04-17 13:44:14  | NoComment
                   

今回ご紹介のお客様は香川県より手作りご来店頂きました。店頭の沢山の見本リングをご覧頂き中央に溝の入ったデザインに決定いたしました。

作業中の手作りお客様

指輪の形はストレート型がベースになるので指輪の幅にワックスを切り出します。糸ノコを使ってワックスを回しながら切っていきます。作業工程は簡単で切った断面を真っ直ぐに整え、内側を削ってサイズ合わせ。そのあとで外側の余分な厚みを削れば指輪の形が完成します。

作業時間は約1時間強で出来上がりです。今回は出来上がった平打ち型のワックスの中央に真っ直ぐな溝を彫ります。まず、ワックスの写真をご覧頂きましょう。

手作り結婚指輪ワックス

指輪の溝は真っ直ぐ入っていますが、初心者の方がヤスリで削るのはとても難しいです。なので当店では専用の工具を使って溝を彫って頂いています。その工具を使えば簡単に真っ直ぐな溝を彫ることが出来る道具です。専用の彫金工具出はなく、当店で工具を改良して作った道具です。

写真ではわかりにくいですが、中央に真っ直ぐ溝が彫れました。ここまで出来れば今回のお客様の結婚指輪ワックスの完全完成です!

香川の手作りお客様

ワックスをお預かりして完成した手作り結婚指輪がこちらです!

中央ラインの手作り結婚指輪

この度は遠方よりのご来店まことにありがとうございました!

末永くお幸せに(^^)

赤いルビーの手作り結婚指輪

2020-03-22 02:29:56  | NoComment
                   

結婚指輪にはダイヤモンドの他に天然石も入れられますが、無色のダイヤモンドを入れるデザインが最も多いです。

そんな中で今回ご紹介のお客様はレディスの表面にルビーを入れて気品あるデザインに仕上がりました。

断面を削る作業

手作り製作する結婚指輪のデザインは平打ちのストレート型で指輪の中央にぐるっと溝のラインが入ったカジュアルなデザインです。

お二人は職場で知り合ったカップル様でとてもいきのあったお二人でした。

お仕事柄もカジュアルな場所ということもあって、プラチナのエレガントな雰囲気のデザインよりも素材をイエローゴールドがご希望です。

製作その物はそれほど難しくはなく、仲良く作り合いっこしていただきました。

数時間後に完成した手作り結婚指輪の原型です。

香川の手作りお客様

この指輪のワックス原型をお預かりしてイエローゴールドで貴金属に仕上がった結婚指輪がこちらです。

イエローゴールドとルビーの手作り結婚指輪

お二人にピッタリのお似合いの結婚指輪になりました。

レディスには可愛らしく小さなルビーを1個埋めこんで女性らしいデザインになっています。

イエローゴールドに入ったルビーのコントラストはクラシカルな雰囲気になり、ダイヤモンドを埋めこむよりも印象深い物になります。

イエローゴールドとルビーの手作り結婚指輪

中央のラインがアクセントになり、引き締まったデザインになっています。

この度はご来店ありがとうございました!

末永くお幸せに(^^)

少し手を加えるだけで指輪の表情が変わります

2020-03-17 15:24:32  | NoComment
                   

今回ご紹介のお客様に手作りして頂いた指輪のデザインはU字型にトップ部分がカーブした結婚指輪です。

指輪の表面の形は大きく分けて丸みを帯びた甲丸型と平らな平打ち型があります。

U字型、V字型またはS字型などゆがんだ形にする場合は平打ち型よりも甲丸型にする方が馴染みが良いのですが、単純に甲丸型で仕上げるよりもさらに一手間加えて表面に折り目のようなデザインを削りこんだ方が味が出ます。

更に初心者のお客様が手作りで作ったとは思えないようなプロ並みの仕上がりになります。

手作り作業中のお客様

今回ご紹介のお客様のデザインもU字型の表面を少し削って折り目のようなエッジを作りオシャレに仕上げています。

作業はストレート型よりも少し削る部分が多く、時間もそれなりにかかりますが2時間強ぐらいで仕上げることが出来ます。

手作りするサイズにもよるのですが、作業を効率よく進めるためのヤスリや工具を工夫して初心者のお客様でも短時間で簡単に仕上げられるようにしています。

数時間後に手作り結婚指輪のワックス原型が完成いたしました!

香川県の手作りお客様

2人仲良く作業して頂いて楽しく時間が過ごせた様です。

完成した手作り結婚指輪がこちらです!

U字型の手作り結婚指輪

U字型の指輪の表面に折り目を付けて、流れるようなカーブに見えるキレイな仕上がりです。

この折り目を削るのが少し難しいようですが、プロの職人のサポートで違和感なく仕上がります。

この度はご来店ありがとうございました!

末永くお幸せに(^^)

彼女の指にピッタリの指輪を手作り

2020-03-14 10:36:51  | NoComment
                   

彼女の為にサプライズで指輪を手作りにご来店頂きました。

愛媛県よりサプライズなのでお一人でご来店です。

指輪のデザインは店頭の見本などを色々ご覧になり、色々試行錯誤して指輪の形自体がハート型になった指輪のデザインに決まりました。

一部がハートになっているとか、見方によってハート型に見えるというのはありますが、今回手作り頂いた指輪は横から見ると指輪の形のシルエットになったデザインです。

ハートに指を入れるための丸い穴を空けたイメージです。

サプライズ指輪手作り作業

今回のデザインは意外とボリュームがついてしまい、しかもサイズ直しが困難なデザインのため製品としてプロが余り思いつかないデザインです。

なぜサイズ直しが出来ないかというとサイズ直しをするために何所か1箇所切り離して伸ばすor縮めるなどすればハートの形が片寄ってしまい、おかしくなってしまうためです。

今回のように手作りオーダーであれば指の大きさにピッタリのハートを作り、指のサイズの穴を空けて作りますので一品物でした出来上がらないデザインです。

この形は店頭で相談するうちに彼が思いついてこのデザインに決まりました。あまり固定観念のない方だからこそ生まれたデザインだと思います。

形自体はそれほど複雑ではなくシンプルに近いので製作は難しくなく短時間で仕上げることが出来ました。

あまりボリュームが付きすぎると重くなって着けにくい物になりますので厚みなどを調整しながらの作業です。

ハート型の手作り指輪ワックス原型

完成した指輪ワックス原型がこちらです。可愛らしいコロンとしたハート型に仕上がりました。

上部の2つの山が盛り上がった部分のバランスが難しかったようですが、この位であれば調と良いと思います。

プラチナで鋳造して完成した指輪がこちらです!

ハート型の手作り指輪

ハートの2つの山部分をトップ部分として指につけるので山と山の間にピンクダイヤモンドを1個埋めこんでフェミニンなイメージを更に加えて完成です。

この度はご来店ありがとうございました(^^)

剣道にちなんでトンボを入れた手作り結婚指輪

2020-03-11 08:20:11  | NoComment
                   

手作りでトンボの模様を入れた結婚指輪を手作りしていただきました。

1つの指輪にトンボを1匹入れようと思うとかなり細かくなってしまうのと、トンボの目と羽の部分にダイヤを入れたいというご希望でしたのでレディスとメンズを合わせるとトンボが浮かぶように自作彫りしていただきました。

本当は羽をトンボの体を挟んで片側2枚づつの計4枚入れたかったのですが、指輪幅の広さを考えると4枚入れるのは難しくレディスのほうに1枚だけ入れて、レディスの羽部分に3つダイヤを並べて羽に見えるようなデザインに致しました。

この模様はお客様にハンドモーターで手彫りしていただいています。

ハンドモーターで作業する2人

レディスとメンズの模様をピッタリ合わせて模様が浮かぶように彫るために2本のワックスを合わせた状態で固定し彼が彫っています。

細かい模様なのでなかなか難しいようでしたが、少し凸凹してしまった部分やいびつに彫れてしまった部分は当店の職人がキレイに仕上げをさせていただいて完成させて頂いております。

完成した手作り結婚指輪がこちらです!

トンボ模様の浮かぶ手作り結婚指輪

上がレディスで斜めに2つ並んだダイヤモンドがトンボの目にあたります。

2つにまたがった丸い凹みがトンボの胴体で、胴体から延びた三つのダイヤを埋めこんだ部分がトンボの羽です。

尻尾の部分はメンズにのみ入れています。

このように配置することでレディスは華やかに、メンズはシンプルに幾何学模様が入ったリングに見えます。

トンボは剣道の世界では縁起の良いモチーフらしく、彼がずっと剣道をされていたようでそれにちなんだトンボを入れたデザインに決まりました。

香川の手作りお客様ワックス完成

この度は遠方よりご来店ありがとうございました!

末永くお幸せに(^^)

ピンクゴールドとプラチナに見える結婚指輪

2020-03-02 05:10:35  | NoComment
                   

当店ではプラチナ、ゴールドの素材に関わらずカラーのメッキコーティングが出来ます。

色の種類はブルー、グリーン、紫、ピンク、ピンクブラウンの5色を用意しております。

今回ご紹介するお客様はカラーメッキの発色を利用して指輪の内側にピンクブラウンメッキを施してプラチナとピンクゴールドのコンビに見えるようなデザインにしていただきました。

ピンクブラウンの色はピンクゴールドの色合いに似ていてメッキされた部分がピンクゴールドに見えます。

内側ピンクメッキの結婚指輪

メッキの方法はメッキ液に全体をつけてメッキをかけるので指輪全体にメッキがかかります。

ですが、メッキなので指に付けていて硬い物にあたったり擦れたりすると剥げてしまいます。その為剥げやすい表面や側面はメッキを取ってしまい、硬い物にあたりにくい内側や溝の中だけ残すようにしています。

写真のデザインも表面の溝の中もピンクブラウンを残すことが出来ますが、内側のみピンクにしたデザインにしていただきました。

手作り作業中のお客様

指輪の形自体はストレート型のデザインなのでそれほど難しくはなく、簡単に製作が可能です。

時間にして約1時間~1時間半ほどで完成します。

香川の手作りお客様

表面の溝を彫るのに少しコツが入りますが、専用の道具で削っていただくことが出来、いびつな部分の仕上げはプロの職人がお手伝いいたしますので安心して作業をしていただけます。

この度はご来店ありがとうございました!

末永くお幸せに(^^)

レディスのダイヤに合わせたメンズデザイン

2020-02-27 07:12:37  | NoComment
                   

結婚指輪の女性物にはダイヤモンドを留める事が多いですが、男性物にダイヤはほとんど入れません。

このため、メンズはよりシンプルなデザインの結婚指輪を手作りしていただくことが多いです。

女性に比べて男性はシンプルなデザインを好む方が多いのでシンプルな仕上がりでも良いのですが、女性物のダイヤを入れた部分にあわせてデザインを少し加える事も出来ます。

こうすることによって女性物との一体感がより増すデザインとなりペア感もより出てきます。

シンプル甲丸ダイヤ手作り結婚指輪

今回のお客様も女性物のダイヤにあわせて男性物にも少しデザインを加えてより一体感を出すデザインになりました。

シンプルな細身の甲丸型の結婚指輪ですが、女性物に2個ダイヤモンドを留めています。

彫刻によって斜めに見えるように石留めしておりますが、この石留め彫刻の形に合わせて男性物には凹んだ溝を削ってつや消し処理をして溝の形が良く解るようにしています。

何もデザインのない甲丸リングよりもよりペア感が増しています♪

大阪の手作りお客様

とてもおおらかで優しそうはお二人のカップル様でした!

この度はご来店ありがとうございました。

末永くお幸せに(^^)

結婚指輪の側面と内側にさりげなく天然石

2020-02-26 07:08:36  | NoComment
                   

手作り結婚指輪の価格の計算方法は「指輪の重さ」×「材料費」で決まります。

ですので、サイズが大きく幅も広く厚みも厚ければその分だけ重くなるので価格が高くなっていきます。

今回ご紹介のお客様に作っていただいた結婚指輪は普通より厚めに作らないと出来ないデザインでした。

厚みが厚くなると金額も高くなりますが、それでもこのデザインが良いと言うことで手作りしていただきました!

なぜ、厚みが必要なデザインになったのかというと指輪の側面にダイヤモンドを埋めこんだデザインにしたいというご希望でした。

側面にダイヤを留めた手作り結婚指輪

また、内側にもそれぞれブルートパーズとルビーが埋めこまれています。

このように内側に天然石を埋めこむ場合も指輪の厚みが薄すぎると石の先っちょが表面に出てきてしまいます。

その為どうしても指輪の厚みが必要になってきます。

完成した結婚指輪の写真をご覧頂ければデメリットもありますが、とってもオシャレに仕上がりますのでお二人には大変満足していただけました。

手作り作業中のお客様

指輪本体のワックス製作はシンプルな甲丸型の結婚指輪を作る要領と全く同じで簡単に短時間で出来上がります。

徳島のさわやかカップル

さわやかな雰囲気の彼と、とっても愛らしい彼女のカップル様でした。

この度はご来店誠にありがとうございました!

末永くお幸せに(^^)

ハンドモーターで指輪表面を凸凹に

2020-02-25 02:56:39  | NoComment
                   

先日はハンドモーターを使って結婚指輪にイニシャルを彫る方法をご紹介しましたが、ハンドモーターを使うと色々な表面の模様を入れることが出来、今回は指輪の表面に凸凹を彫る方法をご紹介します。

ハンドモーターの先端工具は色々な種類がありダイヤモンドの粒子が着いた物があります。

手作りでワックスを削るにはこのダイヤモンドポイントという先端を使って色々なデザインを作っていただいております。

凸凹した表面の手作り結婚指輪

まず完成した手作り結婚指輪をご覧頂きましょう!

指輪の表面が凹んだ形の大小の面がいくつも有り岩肌のようになっています。

このような形のテクスチャーを入れるには丸いラウンドダイヤモンドポイントを使って指輪ワックス表面を削ります。

この時に注意しないといけない所はランダムに彫るのだけれど意識してランダムにすると言うことです。

人というのは不思議な物で適当に削っているようで無意識に規則正しく面が揃ってしまいがちなのです。

その為、「大きく削る」「小さく削る」「深く削る」「浅く削る」「角度を変える」などを意識して不規則にしないといけません!

ハンドモーターでワックス作業

やってみると最初は難しいのですが、慣れてくると出来るようになります。なのでこのようなテクスチャーを入れる場合も不要なワックスで削る練習をしていただいてから本番のワックスを削っていただいています。

プラチナ鋳造によって完成した結婚指輪は凸凹した表面は磨かずに削り跡をそのまま残し手作り感のあるデザインに仕上げます。

レディスにはイエローダイヤモンドを埋めこんで個性的な指輪になりました。

沖縄から来店の手作りお客様

この度は遠方よりのご来店、誠にありがとうございました!

ハンドモーターで手彫りのイニシャル

2020-02-24 01:45:02  | NoComment
                   

結婚指輪の表面に模様を入れる場合はヤスリか、ハンドモーターで入れます。

ヤスリの場合は直線のみの模様の組み合わせになりますが、ヤスリの形状でV字型の溝を作ったり丸いヤスリを使うと凹面の捻れ模様を削ったり出来ます。

ハンドモーターを使った模様を削る場合も先端の形状を変えることでヤスリでは出来ない曲線や細かい模様を入れることが出来ます。

今回ご紹介するお客様はこのハンドモーターを使ってイニシャルが浮かぶ結婚指輪を手作りしていただきました。

イニシャルは1本の指輪に入れるのではなく、2つを合わせると浮かび上がるように彫っていただきました。

手作り結婚指輪の原型

先日のブログでもご紹介しましたが、先の尖ったダイヤポイントを使って模様を彫ります。

金属研磨の彫金工具のブログ

模様はマジックで下書きをして、その通りに彫っていくのですが、曲がった線を彫るのは少し難しく、本番のワックスを削る前に不要なワックスで少し練習してから本番に望んでいただいております。

ワックスは半透明の素材なので写真では解りづらかった模様も貴金属に仕上げるとクッキリと浮き上がります。

完成したイニシャルの入った結婚指輪がこちらです!

イニシャルが浮かぶ手作り結婚指輪

イニシャルの組み合わせ、文字の形も彫る人によって全く違った物が出来上がるので完全に2人だけのオリジナルになります。

少し線が歪んでいびつになったとしても手作りの味がでますし個性的なデザインになるので逆に機械で彫ったようにならないところが魅力です!

徳島の手作り結婚指輪お客様

ご来店誠にありがとうございました!

末永くお幸せに(^^)

ピンクのローマ数字とハートが浮かぶ手作り結婚指輪

2020-02-23 01:36:41  | NoComment
                   

ご結婚されるカップル様はそれぞれに出会いの切っ掛けになった思い出やエピソード、2人の共通の大事な趣味やアイテムなどがあることと思います。

今回お二人が手作りで作る結婚指輪にもそんな2人だけの大事な物をデザインに取り入れました。

12という数字がお二人にとって大事な数字だそうで、指輪の表面に12の文字を入れるデザインになりましたが、通常の算用数字では自作でキレイに彫るのも難しいので格好いいローマ数字で表面に模様を彫っていただきました。

作業中の手作りお客様

基本の形はストレート型甲丸リングに製作していきますので指輪の形を作るのはそれほど時間はかからずに出来ます。

甲丸リングの表面に「12」を入れるのですが、ローマ数字だと「XII」になります。

三角ヤスリで×とラインを2本入れる要領で削れば簡単です。

更に、反対側には合わせるとハートが浮かぶようなデザインにしたいという事で今度はハンドモーターの丸ボールポイントでハートの片割れを削って彫っていきます。

全てマジックでワックス表面に下書きしてから彫りますのでそれほど難しい作業ではありません。

完成したワックスをお預かりしてプラチナで仕上がった結婚指輪がこちらです!

ピンクのハートが浮かぶ手作り結婚指輪

キレイにハートが浮かぶように仕上がりました。

ハートの形も当店の職人がキレイに仕上げてピカピカに仕上げています。

指輪の内側とハートはピンクブラウンのコーティングを施してデザインがハッキリするようにも仕上げています。

ピンクブラウンコートは貴金属のピンクゴールドの発色に似ているのでプラチナとピンクゴールドのコンビネーションの様に見えるので自然な出来映えです!

ローマ数字の入った手作り結婚指輪

数字のXIIの部分もピンクブラウンコートを入れて数字がハッキリ解ります。

こちら側から見るとオシャレなブランド品にも見えるデザインになっています。

大阪の手作りお客様ワックス完成

この度はご来店誠にありがとうございました!

 

グリーンのクローバー模様の結婚指輪

2020-02-18 06:20:06  | NoComment
                   

表面に模様を入れた結婚指輪を手作りしていただくことがありますが、今回はクローバー模様を表面に彫った結婚指輪をご紹介します。

手作り作業

クローバー模様というと4つ葉になったデザインを思い浮かべますが、今回のお客様が作ったデザインは実際に多く存在する3つ葉のクローバーをデザインした物になりました。

レディスとメンズとでそれぞれデザインが違っていてレディスは細身で甲丸型です。メンズは幅広の平打ち型のデザインに決定しました。

クローバーの模様の入れ方も違います。

レディスはクローバーというよりハートの凹みを3つ並べて彫っていただき、ハートの中にペリドットカラーという黄緑色のダイヤモンドを埋めこんでグリーンの葉のイメージにしています。

メンズは細かい模様になりますが、表面に三つ葉のクローバーを彫っていただき、クローバー模様と指輪の内側をグリーンのコーティングによって緑を強調する形になりました。

模様を彫るにはハンドモーターの尖った刃先でワックスを彫っていれますが、細かいデザインなので何度か練習していただき彫っていただきます。3mmの幅に納まるように彫るにはかなり小さいので難しいですが練習の甲斐もあって上手に出来ました!

兵庫の手作り結婚指輪お客様

模様を彫る作業に少し時間もかかりましたが2時間強で手作り結婚指輪のワックスが完成しました。

ワックスをお預かりして完成した結婚指輪がこちらです!

グリーンのクローバー手作り結婚指輪

ハートの中の黄緑ダイヤモンドがとても個性的で可愛らしい雰囲気に仕上がっています。

メンズは緑のクローバーが強調するように表面をつや消しにして優しいイメージになりました。

この度はご来店誠にありがとうございました!

 

ブルーとピンクのハートが浮かぶ結婚指輪

2020-02-13 02:48:09  | NoComment
                   

ブルーとピンクのコーティングを施した結婚指輪をご紹介します。

お客様は愛媛県よりご来店頂きました。

形はシンプルですが、指輪の表面に合わせるとハート模様が浮かぶ彫りを入れています。

合わせるとハートが浮かぶようにするためには指輪サイズに合わせた大きさの模様が必要になるのでオーダーの様に一品物を作らなければピッタリとハートを合わせることが出来ません。

お客様の手作りの場合もお二人のサイズに合わせて一品物を作ると言った製作方法はオーダーと同じなので作ることが可能になります。

今回はブルーとピンクのコーティングを施してより個性的に仕上げました。

ワックスを削ってサイズ合わせ

2人のサイズに合うようにワックスの内側を削ってサイズを合わせます。

サイズを合わせて指輪の大きさをしっかりと作った上で表面にハート模様を彫っていきます。

ハートはハンドモーターにつけた回転する丸いヤスリのような治具を使って彫ります。

1本の指輪の表面にハートの片割れを彫るのは意外と簡単です。

愛媛の手作りお客様

不要なワックスを使って少し練習すればキレイに彫れるようになります。

今回のお客様も上手に出来ました!

プラチナ鋳造して双方にカラーコーティングを施して完成した結婚指輪がこちらです

ブルーとピンクのハートが浮かぶ手作り結婚指輪

この度は遠方よりのご来店誠にありがとうございました!

末永くお幸せに(^^)

段付きクールなスタイリッシュ結婚指輪

2020-02-12 02:30:36  | NoComment
                   

先日の投稿では手作り感のあるナチュラルな仕上げの結婚指輪デザインをご紹介いたしましたが、今回のお客様が手作りしていただいたデザインはクールでスタイリッシュなハイブランドのような都会的な結婚指輪です。

指輪の形状はストレート型を基調にデザインも直線的な凹凸を活かしたデザインです。

内側を削ってサイズを合わせます

形は基本ストレートなのでそれほど難しくはなく短時間で製作が出来ます。

彼女の指輪サイズも小さいサイズで平打ち型の結婚指輪を作る要領です。

細かい模様を入れます

彼の指輪サイズが少し大きいイサイズでしたので元になるチューブワックスは大き目の物を使用したので少し削る部分が多いです。

最後に表面にストレートの溝を入れれば完成です。

手作り結婚指輪の原型完成

男性は出来るだけシンプルなデザインを好まれるようですが、指輪を初めジュエリーは女性のほうが拘りがあり好みがハッキリしています。

今回のお客様も彼女の希望に添ってデザインを決定致しました。

クールでスタイリッシュ段付きがブランド調の手作り結婚指輪

完成した結婚指輪がこちらです!

レディスには大きめのダイヤモンドを4石埋め込んで華やかに仕上げています。

ダイヤモンドを埋めこんだ部分に溝を入れて区切りを作り、それ以外の全周は中央部分を平らに凹ませて都会的なデザインになりました。

難しい部分の仕上げは当店の職人がサポートによって仕上げさせていただきました。

クールでスタイリッシュ段付きがブランド調の手作り結婚指輪

指輪の中央を凹ませるのと浮き上がらせるとでは、指輪の印象が全然違ってきます。

今回のデザインは中央を凹ませることによってハイブランドのような雰囲気に仕上がっています。

お渡し時には大変喜んでいただきました!本当にありがとうございました!

末永くお幸せに(^^)

 

手作り感のあるナチュラルが人気です

2020-02-05 02:21:04  | NoComment
                   

本日ご紹介のお客様が手作りしていただいた結婚指輪のデザインは表面を自作でランダムに削って手作りの風合いを出した指輪です。

店頭の様々な指輪見本をご覧になりデザインを決定いたしました。

指輪ワックスのサイズ合わせ

基本の形はストレート型甲丸リングでしたのでそれほど時間もかからずに基本のワックス原型が出来上がりました。

キレイな甲丸リングに仕上がったのちに手作業で表面をランダムに削った面を作ります。

表面の面は狭い面と広い面を混在するように削りますが、ランダムに削るのは少しコツがいるようです。

ヤスリの角度を変えたり向きを変えたりと意図的にランダムに削れるような削り方をしないといつの間にか規則正しい面が自然に出来てしまいます。

このあたりの削り方を不要なワックスを使って練習していただき本番のワックスを削っていただきます。

ご来店のお客様はワックス作業などしたことがないお客様がほとんどですので練習すればするほど上手になります。

とは言ってもプロのように上手に削れてしまうよりも初心者のお客様の不慣れな作業のほうが手作り感が出る風合いの結婚指輪になるのでバランスも大事です。

数時間後に手作り結婚指輪のワックス原型が完成しました!

愛媛の手作りお客様

遠方からのご来店でしたが楽しく作業していただきありがとうございました。

完成した結婚指輪がこちらです。

自作でランダムに削った結婚指輪

表面をヤスリでいびつに削り大小様々な大きさの面が出来上がって光沢仕上げで完成しています。

今回のお客様は指輪全体をピカピカに磨いた仕上がりですが、昨今は今回のお客様のように手作りの風合いをナチュラルに仕上げた結婚指輪のデザインが人気になってきました。

ピカピカに磨かずにヤスリ目を残した仕上がり、または、全体をつや消しのマットな仕上がりにするなどが人気です。

こちらは他のお客様の結婚指輪ですが、仕上げ方で雰囲気が少し違ってきますのでご覧ください。

ヤスリ目を残したナチュラルな手作り結婚指輪

表面は磨かずにヤスリ目を残し、側面と内側は光沢に仕上げた結婚指輪

 

削ったヤスリ目を活かした手作り結婚指輪

こちらは表面のヤスリ目を残したまま側面、内側と全体をブラストつや消し仕上げの結婚指輪

 

このように自分たちで削ったヤスリの面をそのまま活かしたナチュラル結婚指輪ですが、これから結婚指輪のご購入を検討のお客様は是非参考にして下さい(^^)

 

星の輝きが連なる手作り結婚指輪

2020-02-04 02:48:10  | NoComment
                   

大阪市内からご来店頂いたお客様です。

お客様が手作りした結婚指輪のデザインは彼の提案で光の輝く形が指輪表面に連なった様なデザインを作っていただきました。

今回は少しだけ手作りの手順を追ってお二人の作業の様子をご紹介します。

 

ワックスの切り出し作業

ワックスを切り取る作業

一番最初に行っていただく作業は指輪の幅をチューブワックスから切り出す作業です。

ストレートの形、歪んだ形など指輪の形によって切り出す幅が違ってきます。

今回のお客様はストレート型の結婚指輪でしたので2.5mmの幅をワックスから切り出します。

この時、歪んで切れてしまって2.5mmより細くなってしまうのを防ぐために1mm程度広めに切り出します。

 

切った断面を削る

切った断面を削る

ノコギリで切り取った断面は凸凹しているのでヤスリを使って断面を平面に整え、更に希望の2.5mm幅まで削っていきます。

据え置き型のヤスリにワックス断面を押しつけて擦りながら削ります。

大根おろしを削るような要領なので簡単です♪

断面が斜めに削れてしまっているようなら注意して厚い部分を削って平面を保ちながら削ります。

 

サイズ合わせ

内側を削ってサイズ合わせ

指輪幅が整えば今度はリングの内側を削ってサイズを合わせます。

リングリーマーという穴を削って広げる道具を使い、ワックスの穴に差し込んでグリグリ回すと穴が大きく広がって削れます。

実際のサイズよりも少しだけ小さめに合わせるのがコツです。

削りすぎてサイズが大きくなってしまうと縮めることが出来ないので注意しながら広げましょう!

 

表面の厚みを整える

大阪よりご来店手作りお客様

幅とサイズを合わせたら最後に指輪の厚みを適正な厚みに外側を削ります。

指輪の厚みはそのデザインによりますが、今回の場合は表面に模様を削って入れるので少し厚めにしておきます。

指輪の厚みはサイズによっても変わってきます。

指輪サイズが小さければ厚く感じるし、サイズが大きければ薄く見えてしまいます。

特に指輪サイズが大きい場合は厚みが薄いと強度が弱くなりすぐに歪んでしまうような物になります。

この辺の見極めは作業をお手伝いする熟練の職人が見極めて適正な厚みになるまで削っていただきます。

 

表面の模様を削る

表面に模様を彫る作業

表面に何も模様を入れない場合はここまでの作業で完成になります。

今回のデザインは表面を甲丸型に仕上げてから更にハンドモーターを使って模様を削っていきます。

丸いボール型のヤスリのような治具をハンドモーターの先端に取り付けて削っていきます。

 

結婚指輪ワックス原型の完成

完成した手作り結婚指輪ワックス原型

指輪ワックスは青い色が付いていますが、半透明の素材です。

ワックスをよく見ると削った部分が薄く透けて見えるのがわかります。

その為、肉眼で見ても陰影がわかりにくく凸凹しているのも認識しずらく何所を削ったのかわかりにくいです。

それを解りやすくするために、表面をマジックで塗りつぶして削ればマジックが無くなるので削った部分が良く解るようになります。

この指輪の特徴は丸い部分を連続して削っていき、削られていない部分をひし形のような光の形を浮き上がらせるようなデザインです。

ワックスの段階では良く解りませんが貴金属に仕上げれば良く解るようになります。

 

手作り結婚指輪がプラチナで完成

輝きが連なってキラキラした手作り結婚指輪

完成したワックスをお預かりしてプラチナ鋳造を経て仕上がった結婚指輪がこちらです。

丸く削った部分をブラストによってつや消しに仕上げ、削られていない部分を光沢に光らせば光沢部分がひし形のような輝きの模様が浮き上がったようになります。

手作業で規則正しく削っていくのはなかなか難しい事ですが、何度か練習をしていただきキレイにワックスも仕上がったので完成した結婚指輪もとてもキレイに仕上がりました!

彼女も仕事柄ハンドモーターを使うことがあるらしく指輪製作はお互いのワックスを作り合いっこしていただきましたが上手に出来ています。

シェフをしている彼のオリジナルマークを彫刻

シェフをされている彼の希望でオリジナルのマークを内側に彫刻致しました。

ナイフとフォークを持った人の形をデフォルメしたようなデザインで解りやすく可愛らしい彫刻です。

学校では少し違った選考を学んでいたそうですが、今ではシェフの仕事に自信を持って仕事場では無くてはならない存在になられているようです。

好きが高じて独学で勉強もされていたようでこれからもがんばっていただきたいと思います。

この度はありがとうございました(^^)

V字型の婚約指輪をサプライズ手作り

2020-02-03 04:13:17  | NoComment
                   

大阪府下のお客様がご来店。サプライズで婚約指輪を手作りしていただきました。

彼女に内緒なので仲の良いご友人様と一緒にご来店頂き、写真や動画を撮りながら和気あいあいとした雰囲気の中で手作り作業をして頂きました。

友人の付き添いで手作り作業

彼の手作りして頂いた指輪のデザインは少しV字型になった婚約指輪で中石の大きなダイヤモンドの他に少し大きめのメレーダイヤをサイドにあしらったオシャレなデザインです。

婚約指輪の場合、大きなダイヤを留める爪の付いたシャトンと言う部分はワックスでは制作出来ないので別パーツによって金属になってから溶接して完成させます。

同様にサイドに付いたメレーダイヤなどの石座も別パーツがありますので石座も希望に応じて本体に溶接して作っていきます。

お客様に手作りして頂く部分は結婚指輪と同様に輪っかになった貴金属の部分をワックスを削って作って頂きます。

基本形のストレート型の輪っかになったリングを作って頂ければV字型、S字型にする場合はシャトンを溶接時に曲げてくっつけますので、お客様の製作するワックスは真っ直ぐなストレートの輪っかになります。

今回は彼女に内緒でご来店なのですが、彼女の指輪サイズがわかりませんと指輪は作れませんので事前に調べてきて頂く必要があります。

サプライズなので指輪サイズを測るのはばれないようにしないといけないですね(^o^)

サプライズ婚約指輪のワックス完成

お友達と談笑しながら手作り婚約指輪のワックス原型が完成しました!

こちらをお預かりして数週間後に完成した婚約指輪がこちらです。

サプライズで手作りV字型婚約指輪

中石ダイヤモンドのサイドのメレーダイヤも少し大きめのダイヤなので豪華に見えて、形もオシャレなV字型です。

納期までに間に合わせることが出来て喜んでいただけました!

この度はありがとうございました(^^)

表面が捻れたU字型の結婚指輪

2020-02-01 10:31:24  | NoComment
                   

今回ご紹介のお客様は大阪府下よりお子様連れでご来店頂きました。

お子様をベビーカーに乗せてご来店頂きましたが、当工房の入居しますプラザ梅新ビルはビルの入り口のみ5段程度の階段がございますが、以降はエレベーターもありバリアフリーになっています。

小さなお子様ですとベビーカー必須になりますが入り口の階段はお手数おかけしております。

ワックスに切取線をひく

お二人が手作りで製作して頂いた結婚指輪はU字型のデザインで表面に捻れを入れた面白いデザインです。

捻れ部分は凹んだ形を削って頂き凹面になっており、光の反射に特徴がある捻れ方をしています。

V字型とU字型の形はよく似ておりますが、U字型は緩やかにゆがんだ形をしており、V字型よりも優しい印象になります。

手作り結婚指輪のワックス完成

デザインを決める際はダイヤの数や色を様々悩まれましたがバランス良くダイヤを配置したデザインに決定いたしました。

それぞれ一番トップ部分の捻れの範囲内にレディスはホワイトダイヤモンドを3個埋めこみましたが大きさを違えてグラデーションのように埋めこんでいます。メンズにもブラックダイヤモンドを留めてオシャレに仕上がりました。

U字型で捻れた手作り結婚指輪

内側にはお二人のお気に入りの模様を彫刻して可愛らしい印象になっています。

U字型で捻れた手作り結婚指輪

この度はご来店ありがとうございました!

末永くお幸せに(^^)

ルビーとグリーンコートのそれぞれ個性的な手作り結婚指輪

2020-01-21 08:06:52  | NoComment
                   

本日ご紹介のお客様は愛媛県よりご来店です。彼女がとてもジュエリーが好きなご様子で大きなルビーを入れた結婚指輪を手作りで作りたいとのご要望でした!

結婚指輪は普段身につけるものなのでシンプルなデザインが多いですが、彼女のご希望のデザインは大きなルビーが特徴的でミル打ちなどを施したアンティークのようなデザインです。

彼女の指輪デザインが完全に女性物の形をしているので彼は全く違ったデザインで、自分なりに好みのデザインの結婚指輪をお互いに手作りしていただきました。

愛媛からご来店のお客様ワックス作業

それぞれにご自分の拘りの指輪を手作りするので、作り合いっこではなく自作で制作していただきました。

特に彼女のご希望のデザインがルビーの入った婚約指輪のような形でしたので細かい部分の細工が難しく慣れるまで一生懸命作業されているご様子です。

ある程度、初心者のお客様が手作りで制作出来る形は限られてくるので難しい部分は省略したり、当店の熟練した職人がお手伝いしながら制作です。

愛媛からご来店のお客様サイズ合わせ

彼の希望のデザインは男性らしい幅広のカジュアルなデザインで、基本形がストレート型でしたのでそれほど時間もかからずに手作り出来ました。

こちらもご自分ではキレイに仕上げられない部分がありましたので当店の職人がワックスの仕上げ作業をさせていただき希望のデザインになりました。

それぞれに時間がかかりましたがなんとかワックス原型が完成しました!

愛媛の手作り結婚指輪お客様

お二人共に満足のいくワックス原型が出来上がったようで良かったです(^^)

このワックスを当店でイエローゴールドで鋳造し細かい部分を仕上げて完成した手作り結婚指輪がこちらです!

ルビーとグリーンコートのイエローゴールド手作り結婚指輪

レディスは大きなルビーの回りと腕の部分にミル打ちを施しヨーロッパのアンティーク調に仕上げた結婚指輪です。

結婚指輪として普段でも身につけられるように出来るだけ爪を小さくしっかり留めて引っかかりの無いように仕上げています。

メンズは幅広で中央部分を平らに凹ませた機械的なカジュアルなデザインで内側にグリーンのコートを施してかなり個性的なデザインに仕上がっています。

それぞれ形は全く違いますが、手作りで自分たちの好きなように手作り出来るので、今回のお客様のように男女で全く違ったデザインを作られるお客様も増えてきました。

ルビーとグリーンコートのイエローゴールド手作り結婚指輪

この度は遠方よりのご来店誠にありがとうございました!

末永くお幸せに(^^)

サプライズでイエローゴールドダイヤ手作り指輪

2020-01-10 06:11:42  | NoComment
                   

大阪府下よりご来店のお客様で、彼女に内緒でサプライズでダイヤの婚約指輪を手作りご来店です。

婚約指輪としてダイヤモンドの指輪を手作りしていただきましたが、一般的な立て爪型の指輪ではなく、爪のない普段使いしても引っかからないダイヤモンドを埋め込みのような留め方での指輪です。

サプライズダイヤリング手作り大阪のお客様

デザインもシンプルなストレート型ですが、表面が台形のような形になったカジュアルでクールなデザインです。

お一人でご来店頂き手作りして頂きましたが、基本的なストレート型の指輪を作るのと同じなのでそれほど難しくはありません。

メインのダイヤモンドを留める部分の幅と厚みを多めに残し、手の平部分は細く薄く削ります。

サプライズ手作り指輪ワックス原型

形が台形のようになるように指輪中央部分を平らに残して完成です。

ちょうど厚みのある平打ちリングのような形の指輪を作っていく要領です。

貴金属の素材をプラチナではなく、イエローゴールドにする事によってカジュアルでクールな印象の婚約指輪になりました。

完成した婚約指輪がこちらです!

イエローゴールドダイヤ手作り婚約指輪

台形の平面部分には小さいダイヤを埋めこんで豪華にみえるように仕上げました!

なるべく中央の大きなダイヤの近くに埋めこんで、よりダイヤモンドのキラキラした感じを強調して仕上げて欲しいとのご要望です。

この度はご来店ありがとうございました!

結婚指輪の形は男女で好みが違います

2019-12-18 06:14:59  | NoComment
                   

本日ご紹介のお客様は、大阪府下よりお越しのお客様です。

結婚指輪の手作りで大阪工房へご来店頂きました。

お客様が手作りした指輪のデザインは、お互いに素材も形も違うデザインを作って頂きました。

ワックスの切断作業

手作りで来店されるお客様は今回のお客様のように男女で少し違うデザインを作られることは結構あります。

今回は、なぜこのように男女の好みに違いがあるのかを考えてみました。

 

男女によって好みの違いがある結婚指輪

そもそも性別によって指輪のデザインの好みが違うのは当たり前の事です。

人によって違いがありますが、男女それぞれの一般的な好みの特徴をまとめてみました。

 

男性に好まれる指輪デザイン

  • 形:ストレート型、V字型
  • 幅:広め
  • 印象:カジュアル、シャープ、クール

女性に好まれる指輪デザイン

  • 形:S字型、U字型
  • 幅:細身
  • 印象:フェミニン、可愛らしい、キラキラ

 

男女によって好みの違いはなぜ生まれるのか

まず、男性と女性とでは体の作りが全く違います。

男性は体も大きく骨太で筋肉質、ガッチリとした体型です。体の作り自体がこのようになっているので、より強さを求め何かを守る使命のような本能的な物だと思います。

指輪のサイズも大きいので細身の幅だと華奢すぎてある程度の幅が無いと強度も落ちるので少し幅広のほうが似合うのは当然のことです。

また、機械的な物や迫力のある事を好む傾向にあるので、丸みのあるデザインよりも平面的でストレートなデザインが基調になった平打ち型などが好まれます。他人に強さを見せたいという願望もあるようなので力強い印象のデザインも好みます。

逆に可愛らしい印象は余り好まれません。「可愛い」≠「力強い」は真逆のイメージなので弱々しい印象を与えるのを嫌うのだと思います。

 

女性は体が小さく筋肉量も少なく、体も柔らかいのが特徴です。

女性は男性に比べると体も小さく、関節も柔らかで筋肉よりも脂質の多い体質です。脂肪が多いのは体を温める必要のある器官があるためと考えられます。力も弱いので男性に守ってもらいたいという欲求のような物もあります。

このため、力強い印象を与えるよりも可愛くて弱々しい印象を与えた方が守ってもらえるからではないでしょうか?

男性は自分の持っていない物を求めて、可愛らしいくて美しい物を守りたいという本能のような物がありますから「可愛い」ほうが理にかなった自分の見せ方です。

よって、華奢で可愛らしくキラキラした美しい物を身につけて、自分をより美しく可愛らしく着飾れるデザインが好まれるようです。

 

指輪だけでなく、洋服やファッション全般に違いがあります

当店で取り扱っている物は結婚指輪ですが、男女の好みの違いは洋服などファッション全般に言えることです。

メンズのトップスは様々な装いの洋服がありますが、パンツは一般的にズボンスタイルの物しかありません。

逆にレディスはトップスを初めアンダーもパンツにスカート、ワンピーススタイルとかなりデザインも豊富です。

男性が女性のスカートを着るのはおかしいですが、女性はメンズスタイルのファッションでもおかしくありません。

街に出かけてみてもメンズショップよりも圧倒的にレディスのショップのほうが多いです。

このように身につけるアクセサリーやジュエリーについてもレディスのデザインのほうが豊富で様々なデザインがあります。

指輪についても同様の事が言えて、男性がフェミニンなリボンとかハートのモチーフの指輪はおかしいですが、レディスはメンズのようなカジュアルなデザインの指輪を身につけてもおかしくはありません。

基本指輪は女性が普段から身につけることが多い装飾品ですが、男性は指輪を着けるという習慣がほとんどないので身につけるのであれば男性的な自分に似合うデザインを好むようになります。

 

男女のデザインの違いが少なくなってきた昨今

前述したように基本的に女性は可愛らしく、男性は力強くという印象を好む傾向にありますが、昨今は男性でもユニセックスな装いが登場し、男性らしく、女性らしくといった事がなくなってきて中性的なファッションも好まれるようになってきました。

男性でもメイクをし、美しさを求めるような人も出てきていますが、体格にも現れているようです。

過去10年くらいのスパンで見てみると指輪サイズ昔に比べて顕著に違いが出てきています。

レディスの昔の平均指輪サイズが10号、メンズが15号くらいでした。

昨今はこの指輪サイズが男女ともに小さくなってきています。

実際に当店に来店されたお客様のサイズですが、レディスで7~8号くらい、指の細い方で5号とか6号サイズのかたも結構いらっしゃいました。

メンズで13号~14号と小さくなっていますが、最近は男性でも9号とか10号のお客様もいらっしゃいます。

指輪のサイズが小さくなってきたのは指の骨が細くなってきたからだと思います。

その原因として昔は農耕民族だった日本人で男女ともに力を必要とした生活をしていたため指も太かったのだと思いますが、昨今は力仕事を嫌いIT関係などデスクワーク中心の仕事内容に変化したため力を使う必要がなく骨も細くなってきたのではないでしょうか?

食生活にも関係あると思いますが、そのあたりは別分野なので割愛させていただきます。

 

このように指輪サイズも小さく、男性の体型も華奢になってきたため細身で柔らかなシルエットのS字型指輪も似合うようになってきました。

みなさんがこのように変化してきたと言うのではなく、このような人が増えてきたと言うことです。

 

本日ご紹介のお客様の結婚指輪

前置きが長くなりましたが本日ご紹介のお客様の指輪も男性と女性とで違った形です。

手作り結婚指輪のワックス完成

レディスの素材はK18ピンクゴールドで形はS字型の幅2mm程度の細身のデザインです。

メンズはプラチナ900のストレート型、幅も少し広くして2.5mmとしました。

男女で形の違う手作り結婚指輪ワックス

出来上がった結婚指輪のワックス原型です。S字型の原型を製作する方が少し手間がかかりますが、作り合いっこによって彼にがんばって製作していただきました。

このワックスをお預かりしてプラチナとピンクゴールドで鋳造して仕上がった結婚指輪がこちらです!

素材も形も違う手作り結婚指輪

双方にシンプルという意味ではペアのようになっていますが、普段でもずっと身につけておく結婚指輪だからこそ自分の好みの合った結婚指輪にする事も大切なのではないでしょうか?

今回のご来店誠にありがとうございました!

末永くお幸せに(^^)

家族三人で作った手作り結婚指輪

2019-12-09 02:46:30  | NoComment
                   

本日ご紹介のお客様は大阪府南部よりご来店頂きました。

ベビーカーに乗せた小さなお子様連れで手作り結婚指輪の製作にご来店です。

手作り結婚指輪のデザインはS字型のプラチナで

レディスはダイヤを3個入れました

親子で結婚指輪の原型作り

歪み幅分のワックスを切り出しています。

小さいお子様なのでベビーカーに乗せたままより、どちらかが抱っこしてあやした方が良いようでしたので、交代で抱っこしながらワックスを切り出して頂きました。

S 字型の場合、削る量も少し多いので時間がかかりますが、工房は貸し切りなのでお子さま連れでも安心して作業していただけます。

親子で結婚指輪の原型作り旦那様

きれいなカーブの指輪になるように指輪幅を削るのが少し苦労されていた様子でしたが、当店の職人がお手伝いもさせて頂き、きれいな歪みの結婚指輪のワックスが出来上がりました!

親子で結婚指輪の原型作り完成

完成した結婚指輪のワックス原型をお預かりしてプラチナ鋳造を経て完成したお客様の手作り結婚指輪がこちらです。

家族三人で作った手作り結婚指輪

レディスはダイヤモンドを斜めに留めてオシャレに仕上げています。

メンズはレディスのダイヤモンド部分の形に合わせて斜めにラインを削ってよりペア感を出しています。

この度はご来店ありがとうございました!

 

お子様連れの来店について

手作り結婚指輪.comMAKI大阪工房は完全予約制の個室になっているので他のお客様は居なく、ベビーカーに乗せた赤ちゃんがいたとしても他の方に気を使わないで作業が出来るようになっています。

当工房の入居しますプラザ梅新の入り口部分にだけ5段ほど階段がありますが、建物に入ってしまえばエレベーターなどによりバリアフリーで部屋まで来ていただけるようになっています。

キラキラ彫刻のピンクゴールドとプラチナの手作り結婚指輪

2019-12-02 04:20:48  | NoComment
                   

本日ご紹介のお客様は徳島県内にお住まいで徳島小松島店にご来店頂きました。

徳島在住で手作り結婚指輪のお客様のご紹介です

手作りして頂いた指輪のデザインはシンプルなストレート型の結婚指輪ですが、手彫りの彫刻の見本を見て光の彫刻を気に入って頂きました。

手作りで作るワックス原型の形はストレート型のシンプルな物を作って頂くので簡単に作れます。

手作りヤスリ作業のお客様

指輪のサイズにもよりますが、早い方だと1時間もあれば完成します。

ワックスはチューブ状の形をしていますので切り取るだけで輪っかの形になります。回りのボリュームを削って適切な厚みにするだけで完成です。

今回のお客様も比較的短時間でワックス原型が完成いたしました。

キラキラ輝き彫刻の手作り結婚指輪

レディスはピンクゴールド素材を選んでいただき、メンズはプラチナで鋳造しています。

レディスにはダイヤモンドを1個埋めこんでいますが、ダイヤの石留めに後光留めと言う方法で留めましたのでダイヤの回りが輝いているような彫刻を施しています。

メンズもそれに合わせて光の彫刻を彫りました。彫刻がよく目立つようにと言うのとプラチナのピカピカ光っている感じを控え目にしたいというご希望から表面はブラストつや消し仕上げにしております。

手作り結婚指輪のワックス完成

この度は手作り結婚指輪のご来店ありがとうございました!

末永くお幸せに(^^)

中央ミル打ちのフェミニンな結婚指輪

2019-11-26 10:17:02  | NoComment
                   

高知よりご来店でミル打ちの手作り結婚指輪

本日ご紹介のお客様は高知県よりご来店頂きました。

手作りする結婚指輪のデザインは店頭の沢山の見本をご覧頂きミル打ちの入った結婚指輪を気に入ったご様子で、お二人の手作りもミル打ちのデザインに決定いたしました。

手作り作業する高知のお客様

彼と彼女とで指のサイズがかなり違うため彼のワックスの内側を削るのに手こずっておられるご様子でした。

ワックスの内側を削る作業は単純にリングリーマーという道具でワックスの穴に通してグルグル回すだけの単純な作業です。

ですので、しばらく作業しているとだんだん慣れてきて上手に出来るようになってきます。

ワックスのサイズ合わせする高知のお客様

ワックスの固さが慣れないうちは力を入れすぎると折れたり割れてしまうのではないかと慎重になりすぎるため、最初は少しだけとまどったご様子です

手作りする指輪の形も単純なストレート型のワックス原型を作るので、全体的にもそれほど難しくはなく、時間もそれほどかからず簡単に出来ます。

高知からのご来店で長距離のご来店でしたが疲れも見せずお二人とも元気に作業していただけて良かったです(^^)

約2時間で結婚指輪の原型が完成しました!

高知のお客様結婚指輪ワックス完成

ワックスの原型は大事にお預かりしてプラチナ鋳造ののちに、当店の職人が全周にミル打ちを施して完成させていきます。

完成までの期間は時期によって変わってきますが約1ヵ月半です。繁忙期には2ヵ月以上かかる場合がありますので余裕を持ってご予約ください。

完成した手作り結婚指輪がこちらです!

中央ミル打ちの手作り結婚指輪

中央に全周に渡ってミル打ちを施した結婚指輪です。

男性物は少し幅を広くしてカジュアルになっているので可愛らしい印象が強くなるミル打ちの結婚指輪でも違和感なく着けていただけます。

遠方よりのご来店誠にありがとうございました!

末永くお幸せに(^^)

指輪ワックス断面を削る新しい道具

2019-10-21 06:28:18  | NoComment
                   

本日ご紹介のお客様は大阪府南部にお住いのお客様です。

手作りで結婚指輪の製作に大阪工房(梅田)にご来店頂きました。

ブログの更新に少し間が空いてしまいましたが、本日久しぶりに近況をご報告いたします。

と言うのも、ホームページを全面リニューアル作業をしていまして、根本的に全て作り直しておりましたのでかなり時間がかかってしまいました。

何とかページが全て完成しましたのでいつも通りにブログでお客様のご紹介です。

ワックス切断作業

今回手作りして頂いた結婚指輪のデザインはシンプルなストレート型の甲丸リングでした。

ストレート型の場合は指輪幅分のワックスを切り出すのですが、少しだけ広めに切り取ってヤスリでぴったりのサイズに削って合わせます。

この断面を削って幅をピッタリに合わせる作業は今まではヤスリを手持ちで断面を削って頂いておりましたが、断面を削るために新しい道具を取り入れてこれまでより簡単に作業が出来るようになりました。

ワックス切り取った断面を削る道具

大き目のヤスリの断面にワックスを手に持って削る。要するに大根おろしの要領でワックスを削るようにいたしました。

ヤスリもかなり荒めのヤスリ目の物を使っておりますので、かなり簡単に断面を真っ直ぐ削って希望の指輪幅に出来ます。

初心者の方でも出来るだけ簡単に作業が出来るように目指しておりましたので画期的な方法だと思います。

このヤスリで幅を整えてサイズを合わせて、外側の余分な厚みを削ればワックスの原型が完成します。

大阪府南部の手作りお客様

そもそもストレート型の場合はそれほど時間がかからない作業でしたので1時間半もあれば結婚指輪のワックス原型が完成します。

ワックスをお預かりしてプラチナ鋳造を経て完成した結婚指輪がこちらです!

シンプル甲丸結婚指輪

レディスには指輪幅いっぱいのダイヤモンドを1個埋め込んで可愛らしく仕上げています。

この度はご来店まことにありがとうございました!

末永くお幸せに(^^)

 

アンティーク結婚指輪を手作りはミル打ち

2019-09-24 06:29:30  | NoComment
                   

今回ご紹介するお客様は香川県より手作り結婚指輪でご来店頂きました!

高松市より西側にお住まいのお客様でしたが、徳島小松島店までの道のりは高松自動車道で徳島県まで入り板野インターチェンジで一般道に降りて藍住インターチェンジから徳島自動車道に乗り直して徳島インターチェンジで降りるルートが一番早いようです。

徳島インターチェンジからは一般道で南へさらに40分ほどかかりますが、1時間半~2時間弱で到着するようです。

手作り作業中のお客様

手作り結婚指輪のデザイン決定

お客様が手作りで作りたい結婚指輪のデザインはある程度決めてからご来店頂いたので、このデザインが手作りで製作可能かどうかを相談しながらデザインを決定していきました。

デザインによっては初心者のお客様がご自身で手作りするのは難しいようなデザインでも意外と簡単に手作り出来るデザインの結婚指輪もあります。

今回ご相談を受けたデザインも一見は手作りするのが難しそうに思いましたが、デザインはそれほど複雑では無く、むしろシンプルがベースになっていますので作り方さえ丁寧に教えて作業頂ければ出来るデザインでした。

まず、完成した手作り結婚指輪をご覧頂きます。

ミル打ちとひし形の手作り結婚指輪

結婚指輪の形

結婚指輪の形は大きく分けて以下の三種類と、その他になります。

  1. ストレート型
  2. S字型
  3. V字型
  4. 不規則に歪んだ型

上記の種類の中ではストレート型が一番作りやすい形です。

指輪を作るためのワックスはちくわのようなチューブ状になっていますので、作りたい幅に切り取るだけでドーナツ状の輪っかになります。

このデザインもストレート型がベースになっており、ストレート型のワックスにひし形の削り込みをして頂くだけで簡単に手作り出来ました。

ワックス原型がこちらです。

手作り結婚指輪ワックス原型

見ておわかりのようにストレートでマジックで下書きをしたとおりに四角のヤスリで切り込みを入れただけです。

完成した結婚指輪の写真を見るとこのワックスが上の写真のような結婚指輪になるようには思えませんが意外と簡単なデザインでキレイに仕上がります。

 

結婚指輪に加えたオプション加工

メンズの指輪はワックスをプラチナ鋳造して表面を光沢に仕上げただけで完成した物ですが、レディスは当店のオプション加工を加えてアンティーク調のデザインになっています。

お客様に手作りして頂く作業はワックスの原型製作までで、その後、貴金属に鋳造し当店で仕上げ前に様々なオプション加工が施せますが、主な加工は以下の通りです。

  • 内側彫刻
  • ダイヤモンドの埋めこみ
  • ツヤ消し、表面のテクスチャー
  • ミル打ち加工
  • 槌目加工
  • 和彫り、洋彫り
  • カラーメッキ

内側彫刻に関しては様々な書体やマークが彫刻でき、手書き文字やオリジナルマークなども全て無料で彫刻しております。

 

アンティークに見える条件

ここで、今回の結婚指輪のようにアンティーク調に見える条件がどのような物かを考えてみます。

  • 素材はゴールド系
  • 表面が単純な光沢仕上げではない
  • ミル打ち
  • シンプルなS字型以外の形
  • 唐草模様などの彫刻がある

これ以外にも条件はあると思いますが、当店で出来る加工でアンティークに見える加工は上記のようなものがあります。

今回お客様に手作りしていただいたデザインも、ゴールド素材、ストレート型、ミル打ちといった加工を施しているためにアンティーク調に見える訳です。

 

フルオーダーメイドでご注文を承ることも出来ますが、手作りで自分たちで作れる形であれば手作りしていただいた方が思い入れのある大事に出来る逸品になると思います。

ミル打ちとひし形の手作り結婚指輪

レディスにはダイヤモンドも留めてエレガントな雰囲気も出ていますし、メンズはシンプルでカジュアルな男性的なデザインにもなっています。

この度は遠方よりのご来店誠にありがとうございました!

香川手作り結婚指輪お客様

お二人にとてもお似合いの結婚指輪になったと思います!

末永くお幸せに(^^)

ゴールドの価格が高騰しています

2019-09-14 02:22:35  | NoComment
                   

当店で承ってる結婚指輪の素材はプラチナ900、K18イエローゴールド、K18ピンクゴールドです。

以前はK18ホワイトゴールドも取り扱っておりましたが、現在はホワイトゴールドの結婚指輪の取り扱いを中止しております。

 

なぜホワイトゴールドを使わないのか

ホワイトゴールドは以前はプラチナよりも安価な白系金属として取り扱っておりましたが、現在はゴールドの価格が高騰しておりプラチナ価格の倍近くになっています。また、ゴールドを白色にするために割り金として混入させていたパラジウムも高騰しております。

更に、ホワイトゴールドはプラチナのような完全な白色ではなくグレーっぽい少し明度の落ちた色をしているのでロジウムメッキを施してプラチナのような色目にしなければいけません。

したがってプラチナよりも価格が高くなりメッキ処理により手間もかかってしまうのでプラチナの代用品として製作する意味が無くなっています。

この事からわざわざ高価で手間のかかるホワイトゴールドを使用するよりも、酸化も腐食もしないプラチナで製作するほうが良いということになりホワイトゴールドの製作は中止になった次第です。

ここでホワイトゴールドに限らずプラチナとゴールドの特徴をご説明します。

 

プラチナ900

  • 色:白色
  • 比重:約21
  • 酸化腐食:無し
  • 金属アレルギー:ほぼ無し
  • バネ性:ほぼ無し
  • 割り金:主にパラジウム
  • 摩耗性:すり減りにくい

昔から酸化も腐食もしない金属なので、永遠に変わらないと言うことでジュエリー製品に使われてきました。純プラチナは柔らかすぎるのでパラジウムを混ぜて硬くしたのがプラチナ900です。金属アレルギーもほとんど無く、粘りけのある金属なので擦れなどによりすり減りにくい金属です。ただし、バネ性がないので指輪などの場合、指につけたまま重い物を持ち上げる、自転車のハンドルを強く握るなどの動作で歪んでしまう事があるので気をつけなければいけません。

 

K18ゴールド

  • 色:黄白色
  • 比重:約16
  • 酸化腐食:硫黄に反応するので温泉で茶色に変色
  • 金属アレルギー:まれに有り
  • バネ性:有り
  • 割り金:主に銀、銅
  • 摩耗性:すり減りやすい

純金は変色しないのですが、柔らかすぎるので銀と銅を混ぜて硬くしていますが、この銀、銅のため変色する事があります。通常の生活の範囲内では酸化、腐食する事はありませんが温泉の成分である硫黄に反応して数秒で茶褐色に変色してしまいます。ご家庭の入浴剤でも硫黄の成分が入っている物は気をつけなければいけません。金属アレルギーもなりにくい金属ですが、銀と銅が含まれるためまれにアレルギーをおこす方もいらっしゃいます。バネ性があるので歪んでも元に戻りやすい金属です。

 

それぞれ上記のような特徴がありますが、飽きも来ない永遠に長持ちさせるにはプラチナを。少しデメリットもありますがゴールドの輝きはオシャレでファッション性がありますので上記のような特徴を認識された上で結婚指輪に使用するには良いと思います。欧米ではゴールドの結婚指輪も一般的になっております。

 

結婚指輪の素材はプラチナが多い

大変前置きが長くなってしまいましたが、本日ご紹介のお客様は大阪市内よりご来店頂きました。

今回のお客様も長年飽きの来ず、酸化腐食も無い、永遠に変わらないプラチナ900の結婚指輪を手作りして頂きました。

手作り作業

指輪の形はV字型をベースに身につけた時に手の平側にもV字型の形を作り、外して斜めから見るとハートの形に見える人気のデザインです。

通常この形の場合は幅を細めに作った方がキレイです。V字型でハート型が細身のほうがキュートで良く似合うからです。

ハートシルエット結婚指輪

レディスは細く作っていますが、メンズは少し幅を広く作りました。男性で特に指によっては細身の結婚指輪が似合わない場合があり、指輪のデザインよりも似合うことを重視して手作りしています。

少し表面をプックリと丸みを帯びた表面にしていますが、平面よりも丸みがあった方が指馴染みも良く着けやすくなり、指輪の幅も若干細く見えます。表面は丸みのある甲丸型がオススメです。

大阪市内の手作り結婚指輪お客様

この度はご来店ありがとうございました!

プラチナの輝きと変わらず末永くお幸せにお過ごしください(^^)

花の形の結婚指輪を手作り

2019-08-30 12:28:27  | NoComment
                   

結婚指輪を手作りでお客様自身が製作する場合は、自分たちの好きな形を作っていただけます。

ワックスという柔らかい素材なので力もいらず簡単に色んな形が手作り出来ます。

花の形の手作り結婚指輪原型

手作り結婚指輪のワックス原型ですが、5枚の花びらがついて花の形になった結婚指輪を作っていただきました。

難しそうに見えますが、意外と簡単に作ることが出来ます。

少し厚めのシンプルな平打ち型ワックスから花びら形の5等分の箇所にしるしをつけ、5等分に決めた場所を削って谷間を削れば花びらのように見える形が作れます。

このように一見手作りするのが難しそうな形でも、意外と簡単に作れるので色んな形に挑戦しても良いでしょう!

最近は細身の結婚指輪が人気なので、細身の物の表面などに細かい模様を入れるのは細かすぎてフルオーダーでプロの職人が承ってもなかなか作れる物ではありません。

手作り結婚指輪の場合は、初心者であるお客様自身が手作りするのでそもそも細かい模様・モチーフ等を指輪の表面に入れたりするのは困難です。

なのでご自身で手作りする場合は、細かい模様を入れると言うよりも、上の写真のように指輪の形を特徴のあるものにするのが良いです。

削るのに少しコツがいるかも知れませんが、力もいらず女性でも出来、要所要所の仕上げやサポートはプロの職人がお手伝い差し上げますのでこれまで指輪作りを途中であきらめたお客さんはいらっしゃいませんのでご安心を!

 

前置きが長くなってしまいましたが、今回ご紹介のお客様は大阪府下よりご来店のお客様です。

梅田の大阪工房へ手作り結婚指輪でご来店頂きました。

上の写真は今回のお客様が手作りした結婚指輪のワックス原型です。

店頭の様々な指輪見本をご覧になって、花びら型の結婚指輪を気に入って頂きこのデザインを手作りすることになりました。

楽しい手作り結婚指輪の作業

他のお客様同様に、花びら型のデザインは難しそうだなと思っておられたようですが、作り方の手順を説明すると意外と簡単に作ることがわかってこのデザインに挑戦です。

基本的にストレート型の平打ちリングの形を作るので難しくないです。少し厚みのある平打ちリングが出来たら5等分の谷間を表面に削れば完成です。

お二人共にとても楽しそうに作業していただけました!

花の形のプラチナ手作り結婚指輪

プラチナ鋳造で仕上がった手作り結婚指輪がこちらです!

レディスはトップ部分にホワイトダイヤを埋めこんで女性らしく仕上げています。

大阪府の手作りお客様

この度はご来店ありがとうございました!

末永くお幸せに(^^)

ダイヤとハートは女性に人気

2019-08-28 06:34:10  | NoComment
                   

本日ご紹介のお客様は兵庫県よりご来店頂きました。

結婚指輪を手作りして仕上げるオプション加工で人気の加工が幾つかあります。

その中でもレディスの結婚指輪にダイヤモンドを埋めこむ加工が一番多くご注文頂き人気のある加工です。

今回のお客様もレディスにダイヤモンドを埋めこみましたが7個埋めこんだので、小さいリングサイズの指輪の場合は上半分ぐらいがダイヤモンドで埋め尽くされる範囲ぐらいに留めることが出来ます。

指に付けたときにはダイヤモンドがキラキラと輝きとてもキレイに見えます。

一昔前の結婚指輪のデザインは男女ペアで全く同じデザインのサイズ違いという結婚指輪が多かったのですが、昨今はレディスにダイヤモンドを埋めこむデザインが人気です。

男性物の指輪にも埋めこむお客様もいらっしゃいます。

とくにフルオーダーとか自分で手作りする結婚指輪とかの場合はある程度は自分たちの好きなデザインで結婚指輪を作ることが出来るので、ある程度自由なデザインになります。

手作り結婚指輪の場合はフルオーダーほど複雑なデザインは作れませんが、自由に結婚指輪を作れるという意味では同じです。

ダイヤモンドを埋めこむ以外ではハートの形に拘ったデザインも女性に人気です。

このハート型は男性は身につけるのに抵抗があるようなので、一見ハートとはわかりにくいデザインが良いようです。

ハートの手作り結婚指輪の原型

今回お客様が手作りした結婚指輪は人気のダイヤモンドがキラキラで、外して斜めから見るとハートの形に見える、当店でも人気のあるデザインです。

手作りするのもそれほど難しい要素はなく、V字型の結婚指輪を作るのとそれほど変わりません。

サイズにもよりますが、2時間~2時間半ほどで完成すると思います。

ハートの形でダイヤが豪華な手作り結婚指輪

ダイヤモンドの数をどのくらい埋めこむかで迷われていましたが、日本で縁起の良い数でもある7個に決定しました。

細かい事ですが、結婚指輪は縁起物なのでダイヤの数などにも拘って入れることが多いです。

 

ダイヤモンドを沢山埋めこむ事で皆さんが少し気にしている部分でよくご質問をうけるのが

「ダイヤモンドは取れたりしませんか?」

と言うご質問があります。

 

このご質問に回答すると、店頭に並んでいるファッションリングなどと違って結婚指輪に入れるダイヤモンドの留め方は埋め込みなのでほとんど取れることはありません。

上の写真でご説明しますと、ダイヤモンドの入っていないメンズの表面はツルツルとした表面ですが、レディスもダイヤモンドを埋めこむ前はメンズと同じ表面です。

この表面にダイヤモンドを埋めこむためにダイヤモンドと同じ大きさで丸い穴をダイヤモンドの数だけ彫ります。

丸い穴が7個ある状態を想像してください。

その穴の中にダイヤモンドを入れて彫刻によって丸いミルのような小さな爪で上からダイヤモンドを押さえて留めます。

このようにダイヤモンドは指輪の表面より穴の中に入れることによって表面には飛び出していないので洋服に引っ掛かることもなく、ダイヤモンドの入っていることをあまり気にせずに付けていただけます。

ダイヤモンドを入れたことで気にする事でしいて言えば、ダイヤモンドは地球上で一番硬い石なので、ダイヤがあたったり、擦れたりすると他の物にキズを付けてしまうことがあります。

手の平側にダイヤモンドが付いていると何かをつかんだときにダイヤモンドがあたることはあると思いますが、手の甲側なので物に触れにくい場所ですし、埋め込みで飛び出ていないのでそれほど注意することではないと思います。

兵庫県の手作りお客様

お二人ともとても雰囲気の良く、個性的な面もある印象的なお客様でした!

ハートもダイヤモンドも人気のアイテムなのできっとおふたりも人気のある人柄だと思います。

この度は兵庫県よりのご来店誠にありがとうございました!

末永くお幸せに(^^)

兵庫から徳島へ手作り来店

2019-08-25 04:16:44  | NoComment
                   

本日ご紹介のお客様は兵庫県からご来店です。

兵庫県と言ってもほぼ大阪よりの場所にお住まいだったのですが、観光を兼ねて徳島県までお越し頂き、手作り結婚指輪の製作をしていただきました。

お二人の希望はそれほど拘った指輪のデザインではなくてシンプルで良いので自分たちで手作りした結婚指輪を持ちたいというご希望でした。

ご希望通りにプラチナ素材のシンプルな甲丸型の結婚指輪の手作りです。

プラチナ甲丸結婚指輪

指輪は細身でシンプルなので普段のどのようなシーンにも似合うように身につけやすいデザインです。

製作も簡単でチューブワックスを指輪幅で切り出してサイズ、厚みなどワックスの回りを単純に削っていくだけで出来ます。

サイズにもよりますが、早い方で1時間もかからずに完成させるお客様もいらっしゃいます。

どのような形でもワックスで作った形は鋳造によってプラチナ、ゴールドの貴金属に仕上げることが出来ますが、一生物として飽きの来ないシンプルなデザインが人気です。

兵庫より徳島に来店お客様

このたびは遠方より徳島県までご来店誠にありがとうございました!

末永くお幸せに(^^)

ピンクカラーコートの結婚指輪

2019-08-23 02:30:54  | NoComment
                   

本日ご紹介のお客様は京都府より梅田の大阪工房へお越しのお客様です

手作り結婚指輪ドットコムMAKI大阪工房は兵庫や京都など各方面からご来店に便利なJR大阪駅から徒歩10分程度の場所にあります

大阪の梅田までは少しお時間がかかりますが遠方よりご来店頂きました。

 

結婚指輪などのペアリングは本来は男女ともに同じデザインのサイズ違いで身につけることが多かったのですが、昨今は少し幅の広さが違っていたり、レディスのみダイヤが留められていたりと少し女性らしさ、男性らしさを出した結婚指輪が多くなっています。

当工房での手作り結婚指輪の場合は、自分たちで好きなようにワックスを削って結婚指輪の原型を手作りするので、やはり男女の特徴を出して少し違う部分があるデザインを製作する事が多いのですが、好きなように手作り出来るために全く違ったデザインでペアの結婚指輪とするお客様もいらっしゃいます。

今回も基本形のストレートで甲丸型という部分は同じですが、指輪にそれぞれ加えた模様や加工が違うデザインにされました。

内側ピンクの結婚指輪

幅、形は同じですが、レディスはホワイトダイヤモンドを1個埋めこんで、メンズは中央にツヤ消しの溝ラインを入れました。

ストレート型でダイヤの入ったレディスは上品でエレガントな雰囲気があります。

メンズはラインを入れることによってカジュアルな印象を与えます。更に内側にピンクブラウンコートを施し外したときだけカラーが見えるのですが、とてもオシャレに仕上がりました。

当店ではこのようなカラーコーティングをプラチナ、ゴールド問わず、色を付けることが出来るのですが、コーティングなので表面だと擦れて剥がれてしまいます。ですので、キズの付きにくい指輪の内側や表面でも凹んだ溝や模様部分に入れることを推奨しています。

ですが、メッキのような物なので絶対に剥げないと保証は出来ない加工になります。

コーティングの色はピンクブラウンを初め、ブルー、グリーン、紫、パープルピンクの5色を用意しており、当店でも人気のあるオプション加工です。

 

今回の指輪の製作は基本的なストレート型の結婚指輪でしたのでそれほど時間はかからず1時間半ほどで完成いたしました。

女性の方は最近ネイルをされているお客様が増えてきましたが、こちらのお客様もネイルをされていましたが、器用にワックスを削る作業をされていました。

ネイルで指輪製作作業

せっかく爪にキレイなネイルをしててもヤスリなどでキズを付けてしまわないかと心配していましたが、爪を長く伸ばしたりネイルされているかたは慣れているようで、そのままで色んな作業や家事をこなせるようです(^^)

京都の手作りお客様

この度は京都よりお越しくださいまして誠にありがとうございました!

末永くお幸せに(^^)

大阪南部より来店でシンプル甲丸結婚指輪

2019-08-22 06:36:39  | NoComment
                   

本日ご紹介のお客様は大阪府の南部よりご来店で、梅田の大阪工房へお越し頂きました!

手作りで結婚指輪を製作する場合、ワックスをご自分達の好きなように形を削って、そのワックス原型をプラチナ鋳造によって結婚指輪に仕上げます。

ご自分で作れるデザインであればどのような形でも貴金属にする事が出来るので、難しいデザインでも挑戦して作るお客様もいらっしゃいます。

フルオーダーメイドで結婚指輪を作る場合は自分で作れないような拘りのあるデザインでもプロの職人が原型作りをするのでご注文しやすいと思いますが、自分で作る場合は難しいデザインは避けてシンプルなデザインを作られるお客様が多いです。

手作り結婚指輪の製作に来られるお客様は、それほどデザインに拘らなくても自分たちで作り合いっこなどをして、そのワックスを元に作った結婚指輪だからこそ価値があって大事に出来る逸品が出来るという思いでご来店されるからだと思います。

指輪の切取線を入れる作業

今回のお客様もそのような思いでご来店されたお二人で、結婚指輪のデザインはシンプルな甲丸型のマリッジリングの製作がご希望でした。

まず、手順通りに指輪の幅に合わせて切取線を罫描きコンパスでひいていきます。

チューブ状のワックスをグルグルと回しながら1周ハッキリとわかる線になるようにひきます。線が薄ければ切ったり削ったりするときの目安になりにくいのである程度しっかり認識出来るような線になるまで何周か回しひいて濃くします。

この切取線を目安にワックスを切り出して、サイズなどを合わせて甲丸リングに仕上げていきます。

シンプルな甲丸型結婚指輪

2mm幅くらいのワックス原型から鋳造を経てプラチナで手作り結婚指輪が完成しました!

写真を見ると大きさがかなり違いますが、レディスはかなりサイズの小さい指輪です。サイズが小さいと指輪幅が広い場合にすごく幅広に見せてしまうので幅の細身の指輪が指によく似合います。反対にサイズが大きいと華奢に見えてしまい、強度も落ちるので少し幅を広めにする事が多いのですが、今回は双方とも幅2mmの細身で結婚指輪を手作りしていただきました。

細身の甲丸型結婚指輪

プラチナやゴールドは鉄とかに比べると非常に柔らかい金属なので指輪を着けたまま、重い物を持ち上げる、自転車のハンドルを強く握る、などの動作で歪んでしまうことがあります。このような性質はお客様があまり認識されていない様なので、詳しく説明をしています。

ただし、プラチナは酸化や腐食はしない金属なので昔から永遠に変わらないという事で結婚指輪として身につけるには絶好の貴金属です。

また、白色でシーンやファッションにも左右されずいつでも付けていても違和感なく洋服に合わせることが出来るのであきも来ず末永く身につけていただける素材でもあります。

大阪南部の手作りお客様

この度は手作り結婚指輪の製作にご来店誠にありがとうございました!

末永くお幸せに(^^)

 

凹んだハート浮かぶ手作り結婚指輪

2019-08-21 13:38:37  | NoComment
                   

本日ご紹介のお客様は香川県から徳島店へご来店頂いたお二人です。

手作り結婚指輪でご来店頂きましたらまず、最初に作り方、価格等についてご説明差し上げております。

香川県など徳島県外のお客様の場合は、ご自宅まで距離がありますので解らない事などあってもすぐにご来店が叶わないため、念入りにご説明を差し上げ、結婚指輪のデザインを決定していきます。

今回のお客様のデザインは店頭の見本をご覧になり、指輪を合わせると何か模様のような物が浮かび上がり、他の指輪では絶対にペア感が出ないような形で、お二人が持っている指輪同士を組合わせると模様が浮かび上がるようにしたいとのご希望でした。

指輪2つを重ねると表面に模様を浮かび上がるようにするにはワックス原型を重ねた状態で表面に模様をマジックで下書きをし、その下書き通りにハンドモーターなどを使って模様を彫ります。

表面の模様は色々ありますが、人気のある模様はハート、クローバー、イニシャルなど愛や幸せの象徴するようなマークをモチーフにする事が多いです。

お二人のイニシャルを入れる場合はその文字の形をデザインし指輪の表面に入ったときにキレイに見えるような文字をデザインします。基本的に指輪はおのおのが指に着けるので重ねた時以外の1本だけの指輪を見たときでもキレイに見えるような模様が理想です。

また、あまり複雑な模様は細かくなりすぎて手作りでは入れられないし、ごちゃごちゃしてキレイに見えないような模様は避けたほうが良いでしょう。

今回お二人が選んで表面の模様に選んだのは愛の象徴であるハートのマークです

レディスとメンズとに半分ずつハートを入れて合わせるとハートが浮かび上がるように凹んだ形のハートマークを彫っていただきました。

手作り結婚指輪のワックス原型

合わせると模様が浮かび上がるようにするには指輪通しがピッタリと合わさるのが理想なのでストレート型の指輪であれば指輪のサイズは関係なくピッタリと合わせることが出来ます。

しかし、歪んだS字型の指輪の場合は指輪サイズによって歪み方が違ってくるのでピッタリと合わせるのは難しくなってきます。

同じ4mm幅のワックスから削りだしてもサイズが小さいと歪みがきつく、サイズが大きければ歪みが緩やかになるからです。

ある程度歪み方を計算して作るようになりますが、そもそも手作業でS字型に削りだしていくので、自分の削り加減で微妙にカーブが変わってきます。

この事を承知していただいて今回はS字型の指輪でハートが浮かぶように手作りしていただきました。

ハート浮き上がる手作り結婚指輪

プラチナ鋳造を経て完成した手作り結婚指輪がこちらです。

プラチナに鋳造して仕上げの段階で微調整はさせていただきますが、大きくカーブが違ってしまっている場合はピッタリと重なりませんが、サイズもよく似たサイズだったと言うこともあり、今回はキレイに重なりピッタリとハートが浮かぶ手作り結婚指輪が完成いたしました!

ハートの部分は丸い治具先のハンドモーターで削って凹んだ形にしています。かつ、ハートの内側はブラストによってツヤ消しマット仕上げにしましたので、より可愛らしくフェミニンな結婚指輪となっています。

レディスには大きめのダイヤモンドを埋めこんで女性らしさを演出しています。

このようなハートの形は指輪一本だけ見るとハートだというのが解りにくい模様になるため男性でも身に付けやすいので人気の模様になります。

香川の手作り結婚指輪お客様

この度は香川県という遠方からのご来店でしたが誠にありがとうございました!

末永くお幸せに(^^)

フランスと日本の国際結婚で手作り指輪

2019-08-20 09:27:29  | NoComment
                   

手作りで自分たちで指輪の原型を作って、その原型をもとに結婚指輪を作るという方法は、日本では「手作り結婚指輪」として最近はお店が増えてきているように思います。

日本ではメジャーになりつつある手作り結婚指輪ですが、諸外国にも同様の方法で結婚指輪を製作して購入するというのはあるのでしょうか?

少し調べてみましたが、なかなかヨーロッパやアメリカではやはり無いようで、元々手先の器用な日本人ならでわの購入方法かもしれません。

 

これまで当店には外国の方が来られたことがありますが、日本に長く住まれて日本の文化に慣れ親しんだ方が多かったように思います。

今回ご紹介するお客様は徳島店へのご来店でしたが、フランス人の男性と日本の女性との国際結婚カップル様で、彼は全く日本語が出来ない方でした。

彼女がバイリンガルな女性で日本語とフランス語を話せるのでわたしの説明を通訳していただいて手作りで結婚指輪の製作をしていきます。

フランスの人が結婚指輪を手作りするという方法を知っていたのかどうかは解りませんが、彼女が手作りで指輪を作りたいとの事で当店まで足を運んでいただいた様です。

フランス人の手作り結婚指輪作業

彼女は日本人で日本語は普通に話せますが、指輪を作る作業は当然初めてのことなので、まず彼女に手順を詳しく説明して彼に通訳してもらいます。

わたしも多少の英単語は知っていますので英語で少し説明しようとしてしまいがちですが、よく考えたらフランス語じゃないと解らない!

なので彼女の通訳が頼りです。手作りしたワックスがどのようにしてプラチナの結婚指輪になるか、削り方はヤスリを使って細かい作業の手順など、なかなかフランス語に訳すにはどのように訳して説明すれば良いかなど、彼女も精一杯通訳して説明していただけたようです。

作業中は流石フランスの方らしく、彼女にすごく優しく、ご自分も解らないなりに彼女のフォローもされていたようで、日本人が見習わない部分です(^^)>

 

作る結婚指輪のデザインを決めるときもフルオーダーではなく、自分たちで手作りするので、多少のサポートはさせていただく物の、手作りでは作れないデザインもあり、その説明をしながら結婚指輪のデザインを決定していきました。

彼は基本的に幅の広めのカジュアルなデザインが好みのようで、中世ヨーロッパのアンティーク調のデザインが好みの様でした。

彼の希望もこちらになかなか伝わりにくく、絵を描いて色々説明して手作りで出来る範囲の彼の希望の結婚指輪が出来上がりました。

国際結婚の手作り結婚指輪

彼女のデザインはシンプルなストレート型の結婚指輪ですが、ダイヤモンドを5個留めて豪華に仕上げました。

5個のうちの真ん中は希少価値の高いピンクダイヤモンドを埋めこんで更に華やかな印象です。

彼の指輪は幅広で両エッジ部分にラインを入れて、ラインとラインの間に平行四辺形の模様を彫り込んでいます。

この平行四辺形のシルエットは、彼女のダイヤモンドを埋めこんだ部分の形に合わせて模様を入れた物で、ペア感を出しています。

イニシャルが浮かぶ結婚指輪

裏側にひっくり返すと2人のイニシャルが浮かぶように溝で文字の模様を入れましたが、彼の指輪には両サイド溝があるので彼女とのイニシャルが完全には繋がっていません。

本当はイニシャルの模様が完全に繋がるように模様を彫りたかった様ですが、それよりも両サイドの溝を入れたかったらしく、溝があるとイニシャルが完全に繋がらないのでこのようなデザインになりましたが、これはこれでラインの間に模様があるようなデザインになり、有りだと思います。

合わせて模様が浮かぶデザインは模様を入れることに価値観が生まれ満足いくデザインなので、単品で指に付けたときはそれらしく模様があるのも格好良いデザインでいいと思います。

日本とフランス人の国際結婚カップル

日本語が全くわからないながらも彼女の精一杯の通訳でお二人の満足いく手作り結婚指輪が完成して良かったです。

ちなみに彼は日本に来るのも初めてだとお聞きして驚きましたが、彼女の為に日本の文化にも慣れ親しもうという優しい彼でした。

ご結婚後は海外にお住まいになるご予定だと伺いましたが、海外でもがんばって欲しいと応援したくなるお二人でした!

この度はご来店ありがとうございました!

末永くお幸せに(^^)

平打ち甲丸の微妙な丸みの結婚指輪

2019-08-19 07:13:36  | NoComment
                   

先日の台風10号が過ぎ去りましたが、尚35度以上の猛暑が続いております。

徳島の阿波踊りは台風の影響で14日、15日が中止になり徳島県人は消化不良のような終演を迎えてしまった様に思います。残念でした。

 

本日ご紹介のお客様は兵庫県より梅田の大阪工房へお越し頂いたお二人です。

指輪ワックスの切断作業

結婚指輪の形はシンプルなストレート型ですが、表面の丸み具合を微妙に仕上げて甲丸型のような、平打ち型のような形に仕上げるのがご希望です。

まず、完成した結婚指輪をご覧頂きます。

シーブルーダイヤ甲丸結婚指輪

貴金属で仕上がった指輪は鏡面仕上げにより表面が光沢になっていると回りの景色が写り込んで写真では少し解りにくいとは思いますが、

レディスは完全な甲丸型に仕上げていますが、メンズは基本的に平打ち型の表面で角を大きく面取りで丸みを付けた平打ちとも、甲丸にも見える形です。

デザイン図でご覧頂くと以下のような具合です。

指輪の角の仕上げ

メンズの表面は図のように平打ち型なのですが、幅が2mmと細いため角を大きく面取りして丸みを付けると平たい部分の幅が狭いため一見甲丸型のように見えます。

レディスはこのメンズのように平らな部分が無く、表面が全て丸みを帯びているため完全な甲丸型の結婚指輪です。

シーブルーダイヤ甲丸結婚指輪

上の写真のほうが丸みの違いがわかるでしょうか?

レディスはダイヤモンドを3個埋めこんでいますが、真ん中を薄い水色のダイヤモンドを埋めこんで拘りを見せました。

双方ともストレート型なので既製品でもあるような形に見えますが、微妙な形の仕上げによって既製品には無い味わいの結婚指輪になりました。

やはり手作りで自分たちの好み通りにワックスを削って作り上げる手作り結婚指輪ならでわの結婚指輪だと思います。

兵庫県の手作りお客様

ちょっとした事ですが、自分たちのオリジナルのつまった拘りの手作り結婚指輪が完成しました!

この度はご来店ありがとうございました!

末永くお幸せに(^^)

海外出身でも手作り結婚指輪が人気

2019-08-13 06:51:36  | NoComment
                   

本日ご紹介のお客様は大阪工房へのご来店でしたが、

彼女は大阪出身で、一緒に訪れた彼が海外出身の外国人のお客様でした。

彼の見かけは完全にアメリカ人でしたが、大阪に長くいらっしゃるようでかなり流ちょうに日本語を喋っていらっしゃいました。

しかも、大阪弁でお話をするのですごいと思いました!

アメリカ人でも手作り結婚指輪

たとえば、「めっちゃ、やるやん」とか普通に使っておられたのでビックリです。

自分たちの手作りで結婚指輪を作れるお店は海外には無いと思いますが、外国出身のお客様でも手作りに来ていただけたのは嬉しいかぎりです!

言葉だけ聞けば完全に日本人なので日本の文化にも相当なれていらっしゃるようで結婚指輪のデザインや購入の仕方も日本人になっている感じなのだと思います。

 

そんなお二人が手作りで選んでいただいた結婚指輪のデザインは斜めから見ると指輪の形自体がハートのシルエットになった可愛らしい結婚指輪でした。

基本的な形はV字型のような形なので、その指輪幅分のワックスを切り出します。

アメリカ人でもワックス切断

日本人の方に比べて、作業風景がとてもきまっているような気がして格好いいです!

細かい作業も難なくこなされてだんだん指輪の形が出来上がってきました。

作業中も色々お話しされてとても明るいお客様でした。

ハートシルエット結婚指輪

レディスが少し幅が細めで素材をピンクゴールドで鋳造仕上げをしました。

アクセントにダイヤを4個、アンシンメトリーな配置で埋めこんでいます。

メンズは少しボリュームを持たせて幅が少し広めのプラチナ指輪です。

こちらはシンプルに光沢仕上げをしてメンズらしいカジュアルになるような仕上がりです。

大阪とアメリカの手作りお客様

無事に結婚指輪のワックス原型が完成したときのお写真ですが、2人ともすごく楽しく作業されたのが良く解る笑顔満載のお写真になりました。

日本人も外国も分け隔て無く色々な文化の交流が出来てこちらも色々勉強になって良かったです。

この度は本当にありがとうございました!

末永くお幸せに(^^)

 

記念の指輪を手作りで

2019-08-12 01:38:17  | NoComment
                   

お盆に入り徳島では今日から阿波踊りが始まります。

阿波踊りの日程は曜日に関係なく毎年8月12日~15日の期間に決まっており今年も例年通り行われます。

少し心配なのが台風10号が接近しておりほぼ日本直撃の進路になっていますが最終日の15日に一番近づきそうです!

最終日が一番盛り上がるのでなんとかそれて欲しいものです。

 

本日ご紹介のお客様は大阪府下より、記念日に合わせてサプライズで手作り指輪の製作にお越しいただきました。

男性1人でご来店でサプライズでダイヤの入った婚約指輪の製作に来られるお客様は多いですが、彼女の為に記念の指輪の手作りで男性1人のお客様もいらっしゃいます。

今回のお客様も婚約指輪というくくりの指輪ではありませんが、シンプルな指輪で記念になるように手作りされました。

手作り指輪を1人で来店製作

お一人で来店の場合、店頭で指のサイズを測ることが出来ませんので彼女様のサイズははっきりと解るようにして頂いております。

サイズが解らないと指輪の製作が出来ないため、また価格は指輪の重さで決まるので大きすぎると価格が無駄に高くなってしまいます。

 

彼が記念に手作りする指輪のデザインはシンプルなストレート型で中央にダイヤモンドを埋めこんだデザインです。

ダイヤのカラーを少し拘って、一般のホワイトダイヤではなく、薄い水色のシーブルーダイヤモンドを埋めこみました。

作る指のサイズも一般的な大きさでシンプルなデザインのため完成までの所要時間は約1時間程度で指輪のワックス原型が完成しました。

記念日に合わせて製作に来て頂いたため、納品日も何日までにというご指示があり間に合うように製作させて頂きました。

水色ダイヤのサプライズ手作り指輪

内側には記念日とお二人の名前を刻んで指輪が完成いたしました。

この度は手作り指輪の製作にご来店誠にありがとうございました!

末永くお幸せに(^^)

大阪から徳島へ手作り結婚指輪の製作に

2019-08-08 06:41:36  | NoComment
                   

大阪も徳島も35度を超える猛暑が続いており、熱中症には気をつけない毎日が続いております。

 

明石海峡大橋が開通して徳島から大阪・神戸への行き来も大変便利になりました。

橋が無かったころは船でも往来が主で時間もかなりかかっていたので時短にもなりました。

車で大阪まで高速道路が繋がっているため大阪までの所要時間は約2時間ほどで到着します。

徳島はサーフィンが盛んで、大阪を初め関西方面からサーフィンをしに徳島まで来県される方も多く、観光に来られる方も多くなりました。

手作り結婚指輪ドットコムの工房は大阪と徳島の両方にありますが、今回ご紹介のお客様も大阪府下にお住まいのカップル様でしたが、観光がてら徳島店にご来店頂いたお客様です。

結婚指輪のデザインにそれほど拘った部分は無く、シンプルなストレート型の結婚指輪を手作りして頂きました。

主な形はストレート型ですが、好みに合わせて甲丸型と平打ち型で手作りしています。

甲丸と平打ちの手作り結婚指輪

男性と女性とでそもそも好みは違うのが一般的で、男性は格好いいデザインが好み、女性は可愛らしいデザインが好みの方が多いです。

指輪の表面の形状を変えるだけで格好良くカジュアルになるか、可愛らしく見えるか良く解る例のような指輪です。

写真を見ておわかりのように表面を丸くすると幅も細く見えて可愛らしい印象を与えます。

逆に、平らにするとクールでカジュアルなイメージになります。

お客様によっては形自体を全く違ったデザインにした結婚指輪を手作りして頂くこともありますが、表面の処理だけを変えて指輪の印象を変えています。

一見見ると同じストレート型の結婚指輪ですが、よく見ると表面の処理が違って、与える印象も変わりました。

メンズは平打ち型ですが、少し角を落とす面取りを多めにしてピンピンに角が立たないように付けやすくしています。

完成までの所要時間は約1時間強ですので、徳島までの所要時間のほうが長かったようですが、作業中は終始楽しく作業して頂けて良かったです。

観光がてら徳島まで来られたので作業のあとであちらこちら行かれた事と思います。

 

今回のように観光がてら遠方よりご来店の方が昨今は増えており、一番遠方では東京都から来て頂いた事もありました。

皆様、遠方より沢山のご来店ありがとうございます!

大阪から徳島へ手作りお客様

大阪より大切なお時間を割いてこの度はご来店誠にありがとうございました!

今回のお二人にお似合いの素晴らしい結婚指輪が完成いたしました!

末永くお幸せに(^^)

 

 

ミル打ちは可愛い結婚指輪

2019-08-07 02:57:48  | NoComment
                   

本日ご紹介のお客様は大阪市内よりご来店頂きました。

手作り結婚指輪の製作にご来店頂くには、来店予約を頂いてからお越し頂いております。

最初に結婚指輪の製作方法、行程、作れるデザイン、価格など様々説明して頂いてからどのような結婚指輪を製作するかを決めていきます。

お客様によってデザインの決定方法は違いますが、事前にある程度デザインを決めてご来店頂くか、店頭で見本を見ながら決めて頂くかになります。

事前にデザインを決めていなくても店頭には沢山の結婚指輪の見本リングがありますので、実物を見ながら決めていくことが出来ます。

希望のデザインをインターネットで調べてご来店頂くとデザイン決定の時間は早く決まりますが、実物を指につけてみると似合わなかったり思っていたイメージとは違ったりする事がありますので、デザインを決めていても実物を実際に自分の指に付けてみて確認するというのは大事な作業です。

 

今回のお客様は店頭の見本をご覧になりながら結婚指輪のデザインを決定していきました。

デザインを決定するに当たり男性物の指輪の場合気を付けないといけない所は指輪の幅です。

一般に男性物の指輪はサイズが大きいですが、指輪の幅が細くてサイズが大きいとすごく華奢に見えて似合わないことがあります。

その場合は指輪幅を少し太くして自分の指に似合った幅にすることが先決です。指輪幅の選定は実際の指輪を着けてみないと解らない部分なので実物を見ると見ないとでは大きく違ってきますので気をつけた方が良いでしょう。

当工房ではある程度の指輪幅によるサイズ違いの見本リングを取りそろえていますので実際の指輪幅の見本を身につけて比べることが出来るようにしております。

指輪ワックスの切りだし作業

指輪の幅、形をしっかりと決定して設計図のようなデザイン画をお描きして、そのデザイン画を元に結婚指輪を製作していきます。

まず、決定した結婚指輪をワックスから切り出します。切り出すときは作る指輪の幅で切り出していきます。

例えば3mm幅の指輪を切り出すときはどこが3mmの幅なのかをワックスに罫描き線を入れて、その線を目安に切っていきますが、切るときは3mmより少し広めに切り出して、切り取った後にヤスリで3mmになるように幅を削って調整します。

3mmギリギリに切ろうとすると切りだしが歪んでしまって3mm足りなくなるのを防ぐために少し広めに切ります。

また、切るのを罫描き線ピッタリに真っ直ぐ切るのが難しく、ほとんどの方が少し歪んで切れてしまうので少し広めに切るのは大事な作業のやり方になります。

この後の作業工程は内側を削ってサイズを合わせ、表面の余分な厚みを削って適正な指輪厚みにし全体のボリュームを実物の結婚指輪の大きさにしていきます。

ストレート型の指輪の場合は主に全体のボリュームを落とすという作業だけで簡単に結婚指輪の原型を作ることが出来、作業時間はサイズにも寄りますが約1時間~1時間半ほどで完成します。

手作り結婚指輪のワックス原型

今回のお客様の結婚指輪のデザインはストレート型で表面の形は平打ち側の原型を作って頂きました。

この原型をお預かりしてプラチナ鋳造によって表面をピカピカに磨いて仕上げていきます。

ピカピカに磨いた後、デザインのご希望で全周にミル打ちを施して完成です。

全周ミル打ちの平打ち結婚指輪

レディスは細身でメンズは前述したように彼の指に合わせて指輪幅を広くして製作です。

ミル打ちは小さい丸い粒がエッジに沢山ついていて可愛らしいイメージになりますが、メンズは幅広で平打ち型にしたことによりカジュアルさが出ますので可愛らしくなりすぎないので彼にあう指輪になったと思います。

このミル打ちはワックスの段階では出来ない模様なので貴金属に仕上げる段階で当店で行う加工になります。

貴金属に仕上げてからではないと出来ない加工はオプションとして加工料金がかかりますが、デザインの希望により当店で承っております。

他に結婚指輪のオプション加工は、ダイヤを入れる、表面に模様を彫刻する、カラーメッキ、ツヤ消し加工と様々な加工が出来ますが、いずれも貴金属に仕上げる段階でないと出来ない加工なのでオプションになります。

加工料金はかかりますが、お客様で製作したワックス原型と、金属に仕上げる段階のオプション加工を組み合わせると自分たちの手作りで製作したとは思えないような結婚指輪が出来上がります。

手作り結婚指輪をご検討のお客様はぜひデザインの参考にして下さい。

大阪市の手作りお客様

当工房はJR大阪駅から徒歩で10分程度の場所にあり、梅田は各方面からの電車の路線が多数通っていますのでご来店には大変便利な立地にあります。

大阪市内のお近くからのご来店でしたがこの度は本当にありがとうございました!

末永くお幸せに(^^)