槌目加工は表面がミラーボールのように光ります

手作り結婚指輪の表面はツルツルに光沢を出した仕上げ以外にも様々な仕上げ方法があります。

つや消し、シルクサテン仕上げ、ヘアラインなどですが、今回お客様が選んでいただいた仕上げ方法は槌目仕上げです。

槌目とはピカピカに仕上げた表面を手作業で金槌で叩いて仕上げていきます。

金槌の表面もピカピカに磨いてそのピカピカ面を指輪表面に転写していくイメージです。

槌目加工の結婚指輪

静止画だとキラキラ感は解りにくいですが、実物は光がピカピカと乱反射してミラーボールの様に輝きます。

お客様は大阪府下よりお越し頂いたお二人です。

ワックス作業する大阪府のお客様

どのお客様も最初は少しぎこちないヤスリ作業ですが、慣れてくると作業も捗ります。

ワックスは柔らかいので力は必要なく、撫でるようにしても削れていきます。

指輪の厚みを削ります

椅子の高さは作業しやすい高さに調整が出来ます。

作業内容によって高い方が良かったり、低い方が作業しやすかったりしますので、ご自分で自由に調整してください。

槌目を付けるのはプラチナ鋳造して表面を磨いた後で施しますので、

2人が作るのはストレート型のシンプルな甲丸リングの原型になります。

数時間後ワックスの原型が完成いたしました!

指輪原型の完成

完成してホッとした様子のおふたりでした。

このワックスをお預かりして、当店の徳島工房でプラチナに仕上げていきます。

大阪での作業はこのワックス原型を作るまでの作業になります。

仕上がった指輪がこちらです。

キラキラ表面の槌目リング

平らでピカピカした面がいくつも折り重なったような仕上がりになります。

この度は本当にありがとうございました!

末永くお幸せに(^^)

自作で凸凹テクスチャーを入れた結婚指輪

本日ご紹介のお客様は大阪府下よりご来店頂きました。

誠実そうなおふたりが選んだデザインは表面が凸凹したカジュアルなデザインの結婚指輪です。

手作り指輪の製作作業

指輪の形はストレート型なのでそれほど難しくはありません。

お互いの指輪を作り合いっこして頂きました。

ふたりのサイズもそんなに大きくないので内側を削るサイズ合わせ作業も簡単です!

シンプルなストレート型の指輪原型が完成した後で表面に凸凹を入れます

表面のテクスチャー入れ

ハンドモーターでワックス表面を削ってランダムな凸凹に削っていきます

均等に凸凹を入れるのではなく、ランダムになった方が手作り感があって良い物が出来ます。

ハンドモーターの削り加減で大きく削ったり、小さく削ったりのくり返しを表面全体に削っていきます。

彼女の作業を見つめる彼

ハンドモーターも回転数を一定に調整しているので、慣れれば深さも自由に削れます。

ワックスは柔らかいので削りすぎないように注意すればOKです!

心配そうに彼が見つめていますが、心配の必要もないですね(^^)

結婚指輪原型の完成後に記念撮影

お互いの指輪の表面を凸凹に仕上げて完成しました!

こちらが仕上がった指輪のワックス原型です

ランダムな凸凹が入ったワックス原型

写真では解りにくいですが、全体に凸凹が入ってます

このワックスをお預かりしてプラチナ鋳造します。

このデザインの場合、全周にデザインが施されているのでサイズ直しが出来ません。

あまりピッタリ目のサイズにすると入らなくなったときに困るのでちょっと余裕のあるサイズにする方が良いでしょう!

プラチナで仕上がった2人の結婚指輪がこちらです

凸凹テクスチャーの結婚指輪

凸凹の深さなどは自分たちの好きなように削ってもらえれば出来ますのでデザインは自由です。

大きく凸凹を付けた方が手作り感も増して他にないような結婚指輪になります。

この度は本当にありがとうございました!

末永くお幸せに(^^)

水色ダイヤは清涼感があります

手作り結婚指輪ドットコム大阪工房の槙です。

本日ご紹介のお客様は京都府からお越し頂きました!

個人的に京都へは余り行ったことが無いのですが、人柄は上品な人が多いイメージがあります。

日本古来の文化財が沢山ある古都ならでわで「はんなり」のイメージです(^^)

そんな場所からいらっしゃったおふたりも奥ゆかしさがにじんで来るようなカップル様でした!

ワックス切断作業

まずはワックスの切断作業です。

ワックスは柔らかく切るのに力は必要ありませんが、真っ直ぐ切るのが意外と難しかったりします。

切るための目安線を入れていますが、切っていくうちに凸凹になるときがあります。

でもご安心下さい。

作りたい指輪の幅さえ確保できていれば分厚めに切れてしまってもヤスリで削って幅を合わせます。

作りたい幅が出来れば内側を削ってサイズを合わせます。

指に合わせて削る

リーマーという道具で内側をグリグリです!

お互いの指のサイズに合わせて削れたあとに記念撮影です。

おふたりともにサイズはそれほど大きくなかったので作業時間は短時間で済みました。

おふたりが作る指輪のデザインはシンプルなストレート側の指輪でしたので

このあとで余分な厚みを削り、表面をキレイに仕上げれば完成です♪

お互いの指輪のワックス原型が完成しました!

自分たちでワックスを削って作れる手作り指輪の認識は世間一般にまだまだ知られていないようで

結婚指輪を探そうとネット検索して初めて「手作り指輪」の存在を認知される様です。

おふたりもそんな感じで来店いただきましたが完成して一安心の記念撮影でした!

1ヵ月半後、プラチナで完成した結婚指輪がこちらです!

写真だと解りにくいですが、レディスにダイヤが2個入っており

一つはホワイトダイヤ、もう一つはアイスブルーダイヤという水色のダイヤモンドです。

ピンクダイヤも人気がありますが水色も2番目ぐらいに人気です。

水色だと落ち着いた感じで清涼感あるクールな指輪になりますね!

この度は遠いところご来店ありがとうございました!

末永くお幸せに!

自分に合った作業スタイルで

手作り結婚指輪ドットコム、大阪工房の槙です。

もうほとんど初夏の陽気で日中は蒸し暑い感じもしますね。夏が来る前に梅雨の訪れが気になります。

本日ご紹介するお客様は奈良県からお越し頂きました。

手作りで製作した指輪のデザインはS字型のシンプルな結婚指輪です。

ストレート型の指輪と違ってウェーブがかかった物は優しい雰囲気で女性には人気のある形です。

削り具合の確認

ワックスには削るための目安線を入れて、その線を目安にして削っていきます。

削るたびに全体のバランスを見て削れていない部分を探して削ります。

細かい作業なので削りすぎに注意です。

作業机は彫金用に特別な形をしていて、ワックスを削る作業にも適したような形です。

ワックスを削る作業も基本のスタイルがありますが、ご自分にあった削り方、スタイルで行ってもらっても大丈夫です!

ワックスの切断作業

ワックスを糸のこで切っていますが彼は座ったままで作業しています。

自分のスタイルでワックス切断

一方彼女は椅子から立ってワックスを切っています。

上から見た方が真っ直ぐ切れているかどうかの確認がしやすいとのことです。

このようにラフなスタイルで型にはまった作業ではなく、自分のやりやすい方法で作業していただいております。

とはいっても基本もありますので間違った方法の場合だけは、避けていただいています(^^)

数時間後におふたりのワックス原型が完成いたしました!

慣れない作業でしたが無事に完成させることが出来まして、お疲れさまでした!

完成したワックスは当店でプラチナ鋳造し、ピカピカに磨いて納品です。

完成した指輪がこちらです♪

優しい雰囲気の結婚指輪

S字型に大きく歪んだ指輪は左手の薬指に付けたときに、フィットする方向の歪み方をしています。

キレイに仕上げがったおふたりにも大変喜んでいただきました!

この度はありがとうございました!

末永くお幸せに(^^)

ダイヤ多めでエレガントな結婚指輪

手作り結婚指輪の製作をサポートしております大阪工房の槙です。

本日ご紹介するお客様が手作りしていただいた結婚指輪はダイヤを豪華に埋め込んだ指輪です。

形はストレート型でしたので製作自体は容易に出来ると思います。

製作するお客様は紺色の様相でちょっとペア感が出ています。

完全に同じデザインの色違いと言うわけではなく色目を揃えたような洋服でした。

さりげなくペアっぽく感じるところがオシャレですね!

結婚指輪も同じでペアですが、レディスのみダイヤが入って違った物に見えがちですが、形を揃えてペア感を出しています。

ストレート型でサイズもそれほど大きくなかったので短時間で製作出来ました。

大阪工房には何組ものカップル様がご来店頂いておりますが、

なぜかおふたりとも似ているようなおふたりが多いです。

今回のお客様も大人っぽいクールな雰囲気がお揃いのように感じました!

数時間の後に完成した手作り結婚指輪のワックス原型を持って記念撮影です

とても優しそうな彼、彼女様でした!

その後プラチナでダイヤもキレイに留めて完成した結婚指輪がこちらです♪

レディスのトップ部分に表面を切り返したようなエッジを作ることで側面から表面に捻られたようなデザインに見えます。

レディスは捻られたトップ部分を境に片面の表面のみダイヤモンドを埋め込みました。

中央を外したことで派手さを強調し過ぎないオシャレさがでます!

ストレートだとクールさもましますのでおふたりにはピッタリの結婚指輪ができたと思います。

この度は本当にありがとうございました!

末永くお幸せに♥

大阪工房よりエレガントV字型とカジュアルなV字型

大阪工房で手作り結婚指輪の製作をお手伝いしています槙です!

大阪府下よりお越し頂いたお客様をご紹介いたします。

指輪のデザインはV字型ですがVの歪み方は浅くしました。

また、レディスとメンズとで表面を甲丸型と、平打ち型にそれぞれ変更した変わった組み合わせです。

彼女の作業を優しく見守る彼です。優しさが伝わってきますね♪

V字型とかS字型の場合は歪み幅分広くしたワックスから余分な部分を削り除いて形を削り出します。

お互いに作り合いっこしていただいたので彼が彼女の指輪を、彼女が彼のサイズに合わせた指輪を作っています。

一般的に男性のサイズは大きいので内側を沢山削る作業を彼女がする事になるのですが、

彼のサイズはそれほど大きくなく、彼女の作業も楽にできたようです。

それぞれにワックス原型が完成しました!

これから先は当店の工房でプラチナで仕上げてまいります。

1ヵ月半後、プラチナでダイヤを留めた手作り結婚指輪が完成しました!

完成した指輪がこちらです。

彼の指輪はV字型の平打ちリングなので可愛らしいイメージではなく

クールなイメージに仕上がりました。

この度は本当にありがとうございました。

末永くお幸せに♥

ホームページをリニューアルしました

手作り結婚指輪.comのホームページが全面リニューアルされました。

以前はパソコンページとスマートフォンページに別れていましたが同一ページでレスポンシブ対応のページになりました。

ページアドレスも同一のためサイト内がシンプルになり見やすくなっています(^^)

 

それに伴いまして基本製作費の値段も変更して安い料金で製作できるようになりました。

大阪工房、徳島店ともにこれからもよろしくお願いいたします!

槙浩一

2017年5月22日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : maki-ring3

ピンクカラーコートの結婚指輪

こんばんは!手作り結婚指輪ドットコム、大阪工房の槙です。

今回ご紹介する結婚指輪はピンクのカラーコーティングを施した珍しい結婚指輪です。

チタンでよく見かける表面に皮膜を付けた物とは違って金属を選ばず、プラチナでもゴールドでも電気メッキによって表面をコートします。

表面にメッキする場合、外側だとキズや擦れなどによって剥がれてきてしまいますのでキズの付きにくい内側や凹んだ部分に施すと長持ちします。

完成した手作り結婚指輪がこちらです。

素材はプラチナ製です。

内側と合わせるとハートになりますが、ハートの部分は凹んでいるのでハートの部分にもメッキをかけました。

レディスのピンクは派手目の色なので内側に施したデザインなら身につけていると見えないので派手さは感じません。

表面に見えるハートの部分だけなのでアクセントになってキレイです。

ダイヤモンドも埋め込んでいますので豪華にも見えます!

メンズは薄目のピンクなのでピンクゴールドとのコンビネーションの様に見えます。

こちらは派手すぎない大人のデザインになりました♪

ハートの部分がピンクカラーで統一されていて合わせたときに浮き上がるのでとてもメルヘンチックな気がします。

カラーコーティングは全部で5色、パープルピンク、ピンク、グリーン、ブルー、バイオレットがございます。

ゴールド系の指輪にはブルーやグリーンも色映えして珍しい指輪になります。

プラチナは白系なのでどの色を使っても発色よくコーティングが引き立ちます。

この度は本当にありがとうございました!

末永くお幸せに♥

2017年5月20日 | カテゴリー : 彫金作業 | 投稿者 : maki-ring3