プラチナピンクゴールドでコンビ2連風の結婚指輪

本日ご紹介のお客様は大阪市内のお客様で手作りで結婚指輪を製作して頂きました。

ご自身でワックスを削って結婚指輪の原型にするので、あまり複雑なデザインは製作難しいのですが意外と作れるデザインもあります。

1本の指輪にプラチナとゴールドの2つの素材を組み合わせたコンビネーションの指輪も作れるデザインと作りにくいデザインとがあります。作れるかどうかは店頭で相談しながら決めていきます。

今回のお客様のご希望のデザインもコンビネーションの指輪がご希望でした。

X型にリングが交わって2連の指輪に見えるようなデザインで、レディスのみプラチナとピンクゴールドの2連風です。

メンズは同じデザインでプラチナ単素材で2連に見えるようなデザインに決定しました。

立ち上がってワックス切りだし

まずワックスの切り出し作業です。切り取るための目安線を引いています。

椅子に座らずに立ち上がって上から見ながら切ると真っ直ぐ切りやすいようです。

切り取ったワックスを指輪の形に削っていきます。

結婚指輪の原型はロストワックス鋳造法という方法で貴金属にしていくのですが、プラチナ単素材の場合はこの鋳造を1回だけ行えはプラチナの結婚指輪になりますが、コンビの場合はプラチナの部分の鋳造とゴールドの部分の鋳造と、分けて2回します。

なので、プラチナの部分の原型とゴールドの部分の原型を1つの指輪にたいして2つのパーツを作るのが基本ですが、当店では二素材合わせたデザインの原型を作っていただき、鋳造時に切り離して鋳造しております。

そのため、ワックスの製作はコンビの指輪と言うのを意識しないで手作りして頂けるので作り安くなっています。

また、コンビでもどのようなパーツを組み合わせるかによってワックス製作の難易度がかわりますが、これも意識しないで製作できます。

完成したコンビの結婚指輪ワックスの原型がこちらです。

結婚指輪のワックス原型

マジックで線を引いていますが、この線がプラチナとピンクゴールドを分ける境目です。

2つの指輪を合わせたようなデザインであれば2つの指輪原型を作ればよいのですが、今回のデザインのように指輪の一部分がプラチナと言った場合は、プラチナ部分のパーツの様な物を作らなくてはなりません。

この場合あまり細かいパーツを初心者のお客様が手作りするのは不可能ですので、2つを合わせた状態のワックス原型を作っていただいています。

手作り結婚指輪が完成した大阪のお客様

コンビネーションの場合、指輪の原型は作りやすくさせて頂いておりますが、鋳造を2回行うため、オプション料金が余分に必要になります。

指輪代金以外に加工料金は必要ですが、ご自分たちの納得いくデザインを自分たち自身で手作りした結婚指輪なので、既製品を買うよりも大幅に価値がある結婚指輪になることと思います。

完成したプラチナとピンクゴールドのコンビネーション手作り結婚指輪がこちらです!

プラチナとK18ピンクゴールドでコンビ結婚指輪

メンズの指輪はコンビにはなっていませんが、デザインはレディスと同様に2連に見えるような境目が入り、この境目で光沢とつや消しを施しています。既製品でもあまり見かけないデザインの結婚指輪が出来ました!

この度は本当にありがとうございました!

末永くお幸せに(^^)

内側グリーン結婚指輪はスポーツ大好きなお二人

本日2回目の投稿ですが、愛知県よりお越し頂いた手作り結婚指輪のお客様のご紹介です。

スポーツをされているお二人だったのですが、お二人共に長身ですらっとしたお客様です!

結婚指輪のデザインもちょっと変わった内側がグリーンの結婚指輪です。

長身の手作りお客様

彼の身長が190cmぐらいだったと思うのですが、彼女も長身ですが小さく見えます!

彼の頭が天井に届きそうです!

作業机に座っての作業ですが、手狭な机で申し訳なかったように思います。

切取線をひいています

スポーツが得意なこともあって、細かい作業もなんなくこなしていただきました。

普段体を動かしているのでもともとのセンスはいいのでしょう!

彼の指輪サイズも規格外の大きさで指輪のサイズを合わせるのにかなり大きく削って合わさないとダメなのですが、キレイに出来ました。

数時間後、手作り結婚指輪の原型が完成いたしました。

結婚指輪のワックス完成

そして完成した手作り結婚指輪がこちらです!

ストレート型のフォルムに全体を捻りを入れたデザインです。

内側グリーンの結婚指輪

そして特徴的なのがメンズの内側にはグリーンのコートを施したオシャレな結婚指輪です。

レディスに留めたダイヤモンドも薄い水色のダイヤモンドを留めています。

内側のカラーコートはグリーン以外にブルー、パープル、バイオレット、ピンクブラウンの5色を取りそろえています。

外した時にだけカラーが見えるようにする事が多いので付けているときはカラーは見えず、変わった印象は与えませんが、

外すとキレイな色が見えるので違和感なく長年ご使用いただいても飽きの来ないデザインです。

この度は大阪までご来店ありがとうございました!

末永くお幸せに(^^)

大阪府の美容師さんの結婚指輪

少し暖かくなったと思いましたが、やっぱり寒いです!

今回ご来店のお客様は大阪府の南方面からご来店頂きました。

美容師さんの手作り作業

ご来店頂いた瞬間からオシャレな雰囲気のお客様で、

お話を聞くとお二人共に大阪で美容師さんをされているお客様でした!

男性の方でロングの髪型はなかなか似合う方はいらっしゃらないと思いますが、流石良くお似合いだと思います。

仕事柄、手作業は得意のようで器用に指輪作り作業をして頂きました。

結婚指輪のサイズ合わせ

髪型はただ伸ばしているだけでなく、キレイにカールしてる雰囲気がとてもオシャレで憧れます(^^)

作業は指輪の穴を広げてサイズを合わせているところです。

指輪のデザインは全周に八等分に捻りが入ったキラキラした結婚指輪のデザインを製作です。

結婚指輪の原型が完成

やはりお客様の見本になるような存在が理想で、かつ、ご自分でも髪型とかに気を使っている雰囲気でオシャレな結婚指輪の完成です。

八等分に捻りの結婚指輪

螺旋状に捻れが短いスパンで入っているので回る度に面白い輝き方をする結婚指輪です。

ストレート型がベースになったデザインなので製作作業はそれほど難しくはありません。

ほぼ均等に捻れが削れて仕上げもキレイです。

そして、美容師さんらしく内側にはハサミマークの彫刻を施しています。

当工房では結婚指輪の内側に入れる彫刻は沢山の書体、マークが彫刻でき、手描きの文字やオリジナルのマークなども彫刻が可能で全て無料で行っております。

この度は本当にありがとうございました!

末永くお幸せに(^^)

ミラーボールのように輝く結婚指輪

今回ご紹介のお客様は大阪府下よりお越しいただいた手作り結婚指輪のお客様です。

お昼過ぎにご来店されて、最初に手作りするための説明などをさせていただきました。

指輪のデザインは店頭のデザインを沢山ご覧になったうえで、槌目加工のデザインに決まりました。

ワックス切断面の仕上げ

製作する指輪のメンズの幅は少し広めの3mm程度の幅に決まりました。

それぞれワックスから糸ノコで切断して断面をヤスリで整えます。

ヤスリの幅よりも断面が少し広いので一回のヤスリ掛けで断面全体を力を入れずに削るのが綺麗に仕上げるコツです。

内側を削ってサイズ合わせ

次にリーマーという道具でワックスの穴を広げてサイズを合わせていきます。

こちらも最初は少しコツがいる作業ですが、少し扱えば慣れて綺麗に穴を広げられると思います。

指輪のデザインはストレートのシンプルな形なので製作時間もそれほどかからずに指輪のワックス原型が出来上がりました。

結婚指輪のワックス原型

レディスは幅が2.5mm、メンズが3mmのシンプルな甲丸リング型の原型です。

ワックスは元々の形が竹輪の様なチューブ状の形なので切取って余分なボリュームを落として仕上げれば完成します。

手作り結婚指輪の完成

手作りして頂いた指輪の原型をプラチナ鋳造で甲丸リングに仕上げたのちに、

表面を手作業で金槌で叩いて槌目模様をつけていきます。

更にバフがけでピカピカに仕上がった指輪がこちらです!

槌目加工の手作り結婚指輪

レディスにはホワイトダイヤモンドを1個埋め込んで更にキラキラ感を加えました

この度はありがとうございました!

末永くお幸せに(^^)

お初天神は恋人の聖地

手作り結婚指輪ドットコム大阪工房の近くににお初天神と言う神社があります。

正式名称は露天神社と言うのですが、恋人の聖地にもなっています。

お初天神から北へ向かってお初天神商店街があり沢山の飲食店が並んでいます。

当工房から商店街へ向かうにはお初天神の境内を通って行くルートが便利なので境内は結構良く通る道です(^^)

たまたまバレンタインデーの2月14日に境内を通ると神社がライトアップされていました。

お初天神ピンクでライトアップ

普段は普通の白色の灯りがともっていますが、バレンタインデーに合わせてライトアップされていたのだと思います。

最初に目に飛び込んだピンク色だったのですが、しばらくするとゆっくりと白、赤に色が変わっていきました。

なんとも幻想的なシチュエーションですね!

お初天神赤でライトアップ

恋人の聖地にもなっているので毎日沢山の方が参拝に訪れています。

ご結婚を控えたカップル様の幸せな結婚生活を祈願されるのにぜひ参拝されてはいかがでしょうか?

その他にも沢山の御祭神があるので学問、商売繁盛、病気平癒などのご利益があるそうです。

恋人の聖地としてこんな看板?も立てられています。

恋人の聖地の看板

手作り結婚指輪ドットコムで結婚指輪の製作にご来店された際には是非参拝されてはいかがでしょうか?(^^)

神社の場所はこちらです

〒530-0057 大阪府大阪市北区曾根崎2丁目5−4

露天神社(通称・お初天神)

06-6311-0895

夜景が綺麗な燦大阪店に行ってきました

当工房の入居しているプラザ梅新ビルの隣には「あいおいニッセイ同和損保フェニックスタワー」というひときわ高いビルが隣接しており

上層階には夜景のきれいな「燦」というレストランがあります。

地上127mの高さの27階にあるのでものすごく夜景がきれいに見えます。特に場所が御堂筋と新御堂筋が交わる場所にあるので冬場の御堂筋のイルミネーションがヤバいほど美しいです。

今回はコース料理を頼んでみたのでまず、前菜のような感じの料理が出てきました。

燦のコース前菜

練り物、和え物、など4種類で一口サイズの上品な前菜です。

次にお造りが出てきました。

燦のコースお造り

氷の上に盛り付けされており、暖かいレストラン内で食べるとひんやりして味が引き立つ感じがします。

わさびは本わさびのようで鼻にツーンと抜ける香りが良かったです!

燦のコースせいろ蒸し

次に何の魚か忘れてしまったのですが、せいろ蒸しのような料理が出てきました。

先ほどのお造りに比べて今度は火が通っているお魚なので旨みが凝縮されているようでした。

そして最後にメインのお肉料理です。

燦のコース肉料理

分厚い石焼きの器の上に乗っかってきたお肉は赤身でとても柔らかく、

ソースもとても美味しいです!

付け合せのカボチャも甘みが多くお肉にも相性がぴったりだと思います。

石焼はアツアツで焼かれた状態で出てきますのでレアがお好きな方は早めに食べてみた方がよいでしょう!

徐々にレアからウェルダンに向かって行く味を楽しむのも面白いと思います。

 

そして最後にこのレストランの本当のメインディッシュと言って過言ではないと思います。

御堂筋の夜景がとってもきれいな場所にあるビルだからこそこの景色が堪能できます。

燦から見た冬の御堂筋イルミネーション

高さで言えばアベノハルカスの方が高いですが御堂筋を一直線に上から見える場所に立っているビルはこのビルだけなのでとても値打ちのある風景だと思います。

レストランの料理はそれなりの値段がしますが、場所と雰囲気代と思えば納得いくお値段ではないでしょうか!

ビルは当工房の隣のビルなので手作りにご来店の際にはぜひこの景色の見える「燦」でのお食事も堪能してくださいませ(^^)

 

お店の場所はこちらです。

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満4丁目15−10

あいおいニッセイ同和損保フェニックスタワー27F

燦 大阪店

0800-170-2116

大き目ダイヤのS字型結婚指輪

大阪市内も朝方の最低気温がマイナスになるほど寒いです!

インフルエンザも流行っているためマスクをつけている方も多く見受けられますが、

今季、私は風邪をひかずに元気で過ごせております(^^)

本日ご紹介のお客様は兵庫県より大阪工房にご来店くださいました!

指輪の切り取り線ワックス

作る指輪のデザインはS字型にゆがんだ優しいフォルムの結婚指輪です。

歪んだ指輪を作る場合は、歪み幅の広さの分だけワックスを切り出します。

まず、切り取るための目安線を引いてから糸ノコで切っていきます。

ワックス切断作業

人には癖の様なものがあって、真っ直ぐに切っているつもりでもいつの間にか歪んでしまうとか斜めに切れたりしてしまいます。

上から下まで真っ直ぐに一気に切るのは熟練の職人さんなら大丈夫ですが、初心者の方には難しい切り方になります。

なので、表面を3mm~5mm程度糸ノコで切れたら少しだけ回して、回した表面をまた3mm~5mm深く切り込みます。

表面をぐるぐる回しながら中心に向かって糸ノコで切っていくイメージです。

それでもやはり切った断面が凸凹になるので、切り取る目安線よりも1mm程度広めに切って、

凸凹の断面はヤスリで削って綺麗にします。

S字型の指輪の場合は断面が凸凹でも更にS字型になるようにヤスリで形を削りだすので

おおよそ凸凹でも全く問題ありません。

表面を綺麗に甲丸型に仕上げたワックスを鋳造を経てプラチナで完成した手作り結婚指輪がこちらです。

手作りS字型プラチナ結婚指輪

ゆるやかにS字型に歪んでいます。指輪の幅自体が3mm弱と広めですのでレディスには大き目のダイヤを留めることが出来ました。

1つだけのダイヤでも大きいのを埋め込むと高級感が出ます。

大き目のダイヤS字型結婚指輪

この度のご来店本当にありがとうございました!

末永くお幸せに(^^)

 

螺旋状に捻れた結婚指輪

本日ご紹介するお客様は大阪府下のお客様です。

手作り指輪作業中

指輪を作るためにワックスを削りますが、ワックスを削るための専用の彫金机で作業をしていただきます。

お客様の目の前の机にはスリ板と言われる木の板が添え付けられていて削る作業はそのスリ板の上で行います。

引き出しが少し空いているのが見えますが、この引き出しは削った粉を受けるための粉ウケになっています。

写真の作業はリーマーで指輪の穴を広げてサイズを合わせているところです。

粉ウケの引き出しの上で削っていただきますが、ワックス粉が粉ウケの中に入らなくても全然大丈夫なので存分に作業をして下さい。

 

今回のお客様の結婚指輪のデザインはストレート型で表面が螺旋状に捻れたような形です。

螺旋状の手作り結婚指輪

捻れ具合もお客様のご希望で決めていきます。

このデザインの場合は全周に5箇所の捻れが入る比率で凹みを削っていますが、

6箇所、8箇所と全周の捻れの数が増えると捻れと捻れの凹みの間隔が狭まってきますので

ご希望に応じて捻れ具合を決めていきます。

捻れ部分が凹んでいることによって光の反射が凸面の物よりも違う反射で面白い効果があります。

シンプル目のデザインになりますが、少し工夫することで一般のものより変わったデザインを作ることが出来るので色々なデザインの指輪を作ることが出来ます。

大阪府手作り結婚指輪お客様

この度はご来店本当にありがとうございました!

末永くお幸せに(^^)

香川県より手作り結婚指輪のお客様

今日から2月になりました!

この時期になって雪が降ったりして冬の時期で一番寒さが厳しくなります。

毎年思うのですが、北半球で昼の時間が一番短い日、いわゆる冬至は12月22日ごろです。

普通に考えると冬至が一番気温が下がって寒くなるように思うのですが、1月~2月が一番寒くなるのはなぜなのでしょう?と思う今日この頃です(^_^)

ワックスのサイズ合わせ

手作り結婚指輪ドットコム徳島店にご来店のお客様は香川県よりご来店頂きました!

香川県から徳島県に来られる場合は主に車での来店になりますが、両県に繋がる高速道路にはトンネルがいくつもあり、寒い時期は凍結するおそれもあります。

高速道路はスピードを出すのでとても危ないですが、気をつけてご来店頂きました。

結婚指輪のデザインは少し歪んだフォルムでレディスにはホワイトダイヤを3個埋め込み、

メンズはダイヤの変わりに、レディスのダイヤ部分と同じような模様を斜めの溝で表現し、

その溝をツヤ消しにして強調したデザインです。

指輪のサイズを合わせるにはリーマーという道具でワックスの穴を広げて合わせます。

単純に穴の中をグリグリ回して広げるだけなのですが、

リーマーとワックスの当たり具合がきつすぎると回すのが堅くて穴の中がガタガタになってしまいます。

反対に当たりがゆるすぎるとなかなか穴が広がらない状況になってしまいます。

最初のなれない内は皆さんちょっととまどいガチになりますが、しばらくグリグリしている内になれてくるとキレイに広げられるようになります。

指輪のサイズが出来れば表面を削ってS字型に形を削り出します。

細かい部分で最終的な仕上げは当店の職人が行いますので多少の凸凹は気にされなくてもキレイに仕上げますのでご安心ください。

数時間後に結婚指輪のワックス原型が完成しました!

香川の手作り結婚指輪お客様

お客様自信でも丁寧に仕上げてくださいましてキレイな結婚指輪が完成いたしました!

ダイヤと斜めツヤ消しラインの結婚指輪

レディスの比べてメンズの結婚指輪は少し幅を広くしています。

見て頂ければおわかりのようにメンズはサイズが大きく、レディスの幅と同じだと華奢になってしまうのでメンズの指輪はレディスよりも少し広く手作りする事が多いです。

このお客様の場合もメンズのサイズはとても大きなサイズなので幅を広くしました。

幅は違いますが見た目のイメージはこの方がより近づきます。

幅を広くする場合は好みや予算に合わせて自由に作って頂いて結構です。

店頭には同じ幅でサイズ違いの見本もありますので手作りする前に実物を手にとって確認も出来ますので是非手作りの際はご相談くださいませ。

この度は遠方よりご来店本当にありがとうございました!

末永くお幸せに(^^)